リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« どうにか金曜日 | トップページ | たまらん »

2006年10月14日 (土)

しょうがねぇべよ

2夜連続で娘は高熱で寝たり起きたり。
もっさりと起床し、妻は病院へ向かう。残された父子は、娘の状態が状態なので再度病院へ行く事にする。「ふたご姫」見てクルマでGO。
「だっこ~」
甘えてまぁ。って熱が39℃じゃしゃぁない。
診察は風邪以外の徴候は見えないというもの。
「抗生物質もそろそろ効いてくる頃だし、様子見てみてください」
へいへい。ネブライザー吸入しておしまい。
タイトルはこの後。会計していると担当看護師さんが一言。
「クルマの下に子猫ちゃん居ますんで気を付けてくださいね」
「はぁ」
行くと左後輪の下に元気




のない、尻尾の毛がバサバサな小さなトラネコがぐったり横たわっている。
クルマ動かすと確実に車輪の下((c)ヘッセ)になるので、首根っこ掴んで引っ張り出す。手のひらに載るほどのサイズ。んなもん、普通なら親ネコと一緒で然るべき。当然、捨てネコだなと判断できる。
で。
「!」
目の周りがぐちゃぐちゃやないかい。
感染症を患っているのだ。そしてそのせいであろう、この子の目は光を失っている。
野生の掟に従うなら死あるのみである。他方、人間として可能な範囲で手を出すとしたら、こういうシナリオになる。

高熱の娘に病気がうつる可能性覚悟の上で獣医へ連れて行き、ペット禁止のアパートで一人で生きられないこの子の面倒を一生見る。或いは確実な里親を見つける。

父親として、その背負うリスクはあまりにも高すぎる。
出来る事はこれしかなかった。
病院の看護師に、ネコが病気である事を告げ、診察に来た他の子ども達が触らないように注意してもらう事だ。

娘は夜になり、ようやく熱が下がった。

« どうにか金曜日 | トップページ | たまらん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうがねぇべよ:

« どうにか金曜日 | トップページ | たまらん »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック