リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 日本の地震サイクル | トップページ | 気持ちが落ち着いている »

2007年1月18日 (木)

名古屋暴走

ウチの娘はうるさい。
喋ってるか歌ってるか走ってるか踊ってるか。
「きょうねようちえんでね●●ちゃんがねじしんがきてかくれてねそれでえっとねあのねしんでれらがおねえさんとなかなおりしてかぼちゃのばしゃが…」
じゃぁかましぃわぁ~!ってなところなのだが、しっかりオレもオヤジなんだなと思うのは、その風見しんご氏の悲劇のような事態に接した時だ。
胸がつかえたような、堪らん気持ちになるのである。
耐えられんのだ。
どんなにか、どれほど、どうやっても。その気持ち予想が付く。
しかしそんな気持ちを逆なでするかのように、今日も名古屋の運転は狂気の沙汰だ。赤になっても突っ込む、青になる前に走り出す。その意思表示をしていないのに割り込む、突如進路を変える。

機関車を取りに行った模型屋の前の道で、どこかのおじさんが血だるまになって救急車に運ばれていった。

« 日本の地震サイクル | トップページ | 気持ちが落ち着いている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋暴走:

« 日本の地震サイクル | トップページ | 気持ちが落ち着いている »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック