リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

もうすぐバレエの発表会

で、土日の午後は練習。我が家のスケジュールもそこを中心に動く。
一方で金曜アフターファイブが事実上潰れたため、通院やら何やらは土曜日にずれ込み。
今日は整形外科で腰のリハビリ。行ったら大混雑。小一時間待たされてビリビリ、グイグイ、モミモミ。おばあちゃん達の会話がイヤでも耳に入る。
「ここの先生が言うだわ。あんた毎日来とらっせるでぇ、空いてる時見計らって来んさいよって。空いてるかどうかなんて判らすか」
「そーねぇワカランねぇ」
それ2回目。ただこーいう何気ない会話の記憶が分析処理され、ウチの登場人物達の言い回しに反映されているらしい。
午後になり妻子をバレエ教室へ。着替えとか髪の処理とか、ワシではどうにもならんからねぇ。
帰宅して待ち時間はオリエント急行のビデオ見ながら模型車輛の部品交換。
メール飛んで来て迎えに出る。先回に続き、遅いので外食にしようということに。近場に出来た長浜ラーメンの店へ。結構混んでいるが回転が速いのでそうそうは待たない。
さて出てきたラーメンは一見こってりとんこつ…が、意外にもさっぱりしていてズルズル行ける。妻もズルズル娘もズルズルズルズル一家。
替え玉実行。替え玉とは麺だけのお代わり。100円也。だからウチのように小さい子がいる場合は、大人分だけ頼んでとりわけ、不足分は替え玉で補うがエコノミー。
たらふく食って帰る。
こっちは明日にP3310082 もかえる?

2007年3月30日 (金)

ウィークエンドはぐったり

集計対象アクセス数:2

検索ワード/フレーズ 割合
1 TDR  G Y M 1 50.0%
1 中華第一楼 銀座  G Y M 1 50.0%

わはは。見て面食らっただろうな←ひでぇヤツ
…それ探してる技術者だったりして。

隣席氏が引っ越し、本格的に手分け仕事が始まった。
オレサマの大事な任務に「今週の修理状況総括」ってのがあって、内容上、金曜夕刻からやらざるを得ない。
「週末ですから5時退社奨励日です」
知るかバカ。
終わったら8時特売パンツを買いにイオンに向かうオレサマの背中には哀愁が…?

2007年3月29日 (木)

TDR

Time Domain Reflectometry
時間軸レベルで入射電磁波の反射波を解析し、入射部の回路性状を把握する方法。

…何か?。なんでふくれ面してんの?エンジニアがTDRちゅーたらこれよ?何か別の内容を期待されてました?だからカテだって「エレクトロニクス」でしょーが。←悪い奴だ

はいはい。舞浜駅より徒歩1分の場所にあるオリエンタルランド殿経営の遊戯施設にご用の方はをお当たり下さい。

てなわけでプチミニマイブームなのがこいつ。そのなんだ。良く、ものが壊れてるかどうか確認するのにコチコチ叩きますわね。指で弾いて鈍い音する皿茶碗は割れてるし、工場の風景として金槌でとんかんやるという光景見たことある方多いと思います。あれは音で判断するもので、こいつは電気信号で同じことするものです。
面白いのは、現在応用されているのが、電子顕微鏡が必要な微細電子回路の故障判定なのに、出自自体は、電信柱の送電線がどこで異常なのか調べる装置だったってこと。同じ電気回路でも、方やホコリの一つも入っちゃいけないシロモノで、コンピュータがゴテゴテ内蔵されたハイテクの塊みたいな測定器を使う。こなた事故となると風雨を突いてでも修理に赴く男の線上ちゃう戦場。しかも送電線向けは昭和40年代から使われてて、その量産維持に部品がないってじたばたするくらいのアナクロなメカ。
でも原理同じ。
温故知新というか、歴史は繰り返すというか。
わたしゃ電気が大好きです←魔女宅ファンにケンカ売ってみる

2007年3月28日 (水)

転売屋さんも大変だ

マットレスは結局名駅ハンズで求めた。ダブル用は取り寄せなので、そのまま配送を依頼。1週間後着予定。
で、テメェが家に帰って届いていたのがコレ。
Aho_2 ばちゅーる・さろん・ぷるまん。
先のオリエント急行のお友達の客車である。ヤフオクで落とした。
ちなみに中身は…う~ん、一流ホテルのロビーにフカフカソファの喫茶コーナーがありますわな。あれを列車内に持ち込んだもの。お客は流れる風景の中、ランチやティータイムを楽しみながら目的地へ向かうと。まぁそんな破格のデラックスカー。
コレ出品者はこの手の車輛をパカパカ出す人。俗に言う転売屋さんだ。愛がないから横流し、とコレクターには評判が悪いが、まぁそれはそれで大変なんだろうな、とは思った。送付用の伝票は発送者印刷済みだし、梱包用の段ボールも買いそろえている様子。何より、沢山出して沢山落札されたら、沢山梱包&発送という作業が待っているのだ。他人のフンドシ商売と言えばそれまでだが、その道を極めるのもソレはソレで楽ではないのだろう。

でも、特に応援しない。

2007年3月27日 (火)

マット探し

布団はダブルでタタミ直敷きなんだが。
なまじ体重があるもんで、腰だの脇腹だの皮の薄いところは痛いんだな。
てなわけで定時後会議が中止になったのでその足でデパート行脚。敷き布団の下に敷くマットレスを探しに行く。
高島屋→一緒になってるハンズ→三越→松坂屋と巡ったが
ハンズにはあった。但しダブルは取り寄せ。他はマットレス自体売ってない。マットレスと敷き布団が機能上一体になったのが現在の主流なのね。
「敷き布団の上に使うものならあります」
10万円じゃねーかそれバーロー。
というわけであえなく敗北。明日イオンを覗き、それでなければハンズのものにしようと思う。
給料明細に特許譲渡保証金。そ、生意気にも特許持ってるのよワタシ。但し某中村教授が100億万円ガチなのに対し、年に5千円ね(爆)。

2007年3月26日 (月)

ひさびさに

ヤフオクに入札した(見事落とした)。
先回利用したのは結婚前だからずいぶんと久しぶりである。
出品者は面食らっただろうなぁ。「きたのじゅんこ」「となりのトトロレーザーディスク」から6年のブランクを経て
「オリエント急行客車」
だもんな。
ま、ええけど。
さて月曜日。定例会議にカチョ復帰して…でもまぁグダグダ言わなかった方か。
部内の飲み会だったが、元よりそーゆーのウザいし、腰痛持ちには最悪のイヴェントなので5時でとっとと帰る。
昨日壊れて捨てたマウスを購入。サンワのグランツ。少しホイールが硬いかな?

2007年3月25日 (日)

忙しい

ぼへーっとしてたら
「今揺れた?」
風呂掃除中の妻から訊かれる。
「さぁ」
室内を見回すと、ベランダにぶら下げてあるタマネギの網がゆ~らゆら。
テレビ画面は津波注意報。はぁ?ネットで気象庁に入ると注意報はあれど地震情報無し。
なんだこりゃ?誤報ちゃうんけ?
しかしHi-Netはじめ地震自動速報・解析システムを渡り歩くと…来た来た。
M6.9
え?
ようやくNHKが災害情報特番に切り替わった。あとはご存じの通り。
この地でこのクラスの地震が起きたのは先回1961年。虚を突かれたかな?古い建物や、鐘突き堂など構造上難有りな建物が倒れていました。会社で募金があれば参加します。まず向こうしばらくは余震に気を付けてください。

さて今日のミッションはバレエの発表会前集中レッスンに当たり、地域の拠点教室まで妻子を送り届けること。とかやってたら電話。同じバレエに通わせている家庭だが、夫氏がNHKに勤めている関係でこの地震で担ぎ出された由。出来れば一緒にウチの子も、ということ。
へいへい了解。カーナビにその子の家とバレエ教室を放り込む。郵便物。あん?新風舎?あーはいはい。入っていたのは添付のソレ。この手のコンテストは送った後なしのつぶてってのが普通だからご丁寧というか何というか。まぁこの会社の場合、応募者が「お客様」になる可能性もあるわけで、つっけんどんな対応はしないだろうけどね。ちなみに色々言われているのは知ってます。リスク承知。

時間となり、プリマドンナ約2名送り届けて戻る。今日は北の地で友人が結婚式しているので祝福メールを飛ばす。懐かしいなぁ。オレもやったっけなぁ。

夕刻迎えに行き、そのままデ●ニーズへ。娘は自らスパミートを選んだが、半分っきゃ食わねぇ。好物なのにおかしいなぁと残した物食ったらマズイでやんの。ハンバーグ系は食える方なんだけどね。妻の豚しゃぶも今一つだったとか。デニー●ズはNGと。(._.) φ メモメモ

白鳳勝ってウホッ。
虎負けてショボーン(´・ω・`)
マウス壊れて捨てる(・_・ )ノ""    ゜ ポイッP3250064

2007年3月24日 (土)

春だねぇ

午前中は耳鼻科。その間に妻子は隣接するダイエーへ。
景品目当てで松下電器の販促クイズをやらされる。
オレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇオレは松下じゃねぇ
結果インスタントラーメン2個。orz
終わってレンビデ。娘に選ばせたら持ってきたのはプリキュア(初代)。
帰宅後メシ食って渋い奴らを走らせる。夕刻前より雨。
暖かい日だ。春だねぇ。

2007年3月23日 (金)

敢えて恬淡と書いてみる

不良多発の部品メーカーを呼びつけてゴルァ。
さすがにヤバイと思ったか、シャチョさんがお出まし。そっちの理屈は分かったよ。でもまずは不良減らしてくれよ。
さてこの場の司会を務めた部品関係の渉外担当がずーっと痛そうに脇腹を押さえている。
怪我でもしたかと尋ねたら。
「クルマに跳ねられまして」
ほうどこで。
「会社の前で出勤してさぁ会社に着こうかなってところで、マンガみたいにぽ~んと飛びましたよ」
警察と病院は?
「警察来ました。救急車で病院行って…『元気そうだから大丈夫だろう』って。痛み止めだけ」
強い痛みはその場はロックされて後から来るよ。ちゃんと病院行った方がいいよ。示談金協議のためにも。
「いや~本当はそのつもりだったんですけど、ウチのカチョに電話したら『で?出てこられるか?』って。普通大丈夫か?が先だろ…」
ひでぇカチョだな。
まぁお大事に。

…しかしオレが会社前の交差点で事故目撃&ニアミスはこれで3度目だ。
これが自動車天国=交通戦争名古屋の実態だ!←だから教習所のビデオかっての

2007年3月22日 (木)

眠い

寝付けなくて半眠半覚醒。←イルカ頭か
でも今日は大事な会議が二つも。
午前中うだうだ。午後ぐちゃぐちゃ。
ルーチンの仕事も片付けて退社。新婚当時買ったパソ(現在2号さん)のキーボードが調子悪いので千円キーボード買って帰る。
今日は早く寝ようっと。

2007年3月21日 (水)

だるだる

取り立てて何もやる気なくって
昼過ぎからものすごく眠たくなって
鉄道模型の線路を少し磨いて今日はオシマイ。
リアルに無為に過ごした…。

2007年3月20日 (火)

読み逃げ?

テレビ野球の巨人離れ…読売から逃げる…否 注:私は阪神ファンです

「みくし」で足跡だけ残してコメントせず去ることだって。「見るだけ」…それはつまりweb閲覧で最も一般的な行為。
なのにそれを失礼と感じる向きがあるんだと。折角書いたのに読むだけで何も反応しないとは何事だ。ってわけ。

オレ「読み手がいる」ってだけで嬉しいけどなぁ。この館だってド素人の無手勝流なのにカウンター回ってるんだぜ?出版物がある訳じゃないし、なのに読み手がいてくれるって、奇跡的とは言わんでも、とてもスゲーことだと思うけど?

そのオレが感想を強要し始めたらどうよ。まぁ間違いなく閑古鳥が鳴くだろうね。自分だって、もしやられたらキモいって思うもん。

で、実はここに認識のギャップがあって。

我々昭和な人間は、webってのは「情報をくれるメディア」の発展系という認識なのね。テレビのリアルタイムオンライン化。だから自分が何か見てくるだけ、発信した情報を見てもらうだけ、でも何ら違和感ないわけ。従って逆に、反応強制には激しい違和感覚えてキモいって思うわけ。

一方で、昨今の平成若人(w)は「ケータイのメールやりとり」から始まるわけよ。送ったら戻るのが当然。返事がなければシカトされたと憤慨しますわな。で、メールベースの友達ネットワークが出来上がって、みくしに移行。メールを送るという行為はページの公開で代替され、返事待ち。…ほ~ら、こう書くと「反応してあげて当然かなぁ」って思うでしょ?要はそれぞれ「でふぁくとすたんだぁど」に違いがあるわけです。え?それもアリかなと考えてるかって?いやいや。

そこで、人間のコミュニケーションの原点に立ち返って再度事態を概観してみるわけです。人間はそもそもなぜ人間同士くっつくようになったか?一人じゃ生きて行けないから。狩猟採集の時代は人海戦術が一番効率がよいわけです。次にコミュニケーションの形態は?

声を聞いて、目や表情を見て、ふれ合って。

つまり人から人へのアクセスは「しなくちゃならない」ではなく、「したい」「してあげなくちゃ」と自然にわき起こる気持ちによって行われてきたはず。そしてそれは、人間同士が意思伝達に使用可能なあらゆる手段が使われた。
そこからすると、ギブアンドテイクが「義務化」された姿はとても歪んで見えるわけです。心のままにいられず、何か義務や強制が伴うなら、それは「契約」であって友達じゃない。逆に言うと、強制したくなるってのは、そうした天然のコミュニケーションの経験が不足し、心が寂しい状態=「自分を受け入れて貰えているという確信がない」証拠。
声も聞かない。目や表情も見ない。ふれ合いもない。
そういうのがない、「文字だけコミュニケーション」では、人間は満たされんのです。メールだって始めた原点はそうしたコミュニケーション発展への入り口だったはず。それが途中で止まってしまってはね。

ちなみにレムリアと相原は普段9千キロの距離を隔てている上、いつも一緒ってわけでもないけど、強靱な信頼関係を築いてます。毎日メールしてるわけでもない。

これはどういうことなのかな?ん?

注:私は阪神ファンです←しつこい

2007年3月19日 (月)

久々に?

洗って干しておいた鉄道模型のメンテナンス用品を踏み割ったと妻からメール。
へいへい。下にあっては見えんわね。定時後買いに出る。
ついでに名古屋駅まで行ってCD物色。何って娘がバレエで踊る「眠りの森の美女」。
棚に幾つかある。曲さえ聴ければ済むのだが音キチの本性が許さない。抄録だの録音が1950年代だのは却下。「くるみ割り人形」と抱き合わせ2枚組でチト高かったが小澤+ボストン響にした。グラモフォン20068番。92年録音DDD。
帰って早速システムに通すと望外に良い音だ。1音1音がハッキリしており、演奏自体も良い。とはいえまっとうな音源のディスクをシステムにセットすること自体久々ではある。いやいやそれを除いても悪くないぞ。
てなわけでサラウンドを切り、ピュアダイレクト2chにして、日頃生ぬるい鳴らし方ばかりのDS-200Zに少しパワーを入れてやる。
をを、覚醒しおった。
ご承知の通り200Zは往時定評機とはいえそれなりの限界もある。特にパワーぶち込むとハコがブービー言い出すのはどうしようもない。ところが15年のタイムラグを経て生まれた最新武装のアンプはまるで一皮剥けたように鳴らすではないか。特に上の方向へのヌケがよいので、管や弦がストレスなく歌う。もう少し上げたくなったがアパートなので控えた。このハコが唸らないことと高域のスカッと感は、アンプの増幅系がクリアで、ノイズが少ないことに寄るものだろう。
ゴージャスな夕食になった。鰆の塩焼き。

2007年3月18日 (日)

おとこのこのひ

今日の予定

一日中鉄道模型!

「娘(の、お父さん)が部屋中に線路を敷いているらしい」
で男の子が反応し、じゃぁ一度にってんで春休みの日曜日にわちゃっと訪れた次第。
とはいえ殆どが「輪っかが付いて走るもの全般にそれなりに興味がある」普通の男の子で、線路際にのべつ貼り付くというわけでなく、娘ともゴッコ遊びをしたり。妻が危惧した「電車ばかりして娘が仲間外れになるのでは」という事象は生じなかった。

但し。

一人真性見込み有りの男の子がいて、こちらは好きな物が走ってるともう線路から離れない。しかも最近の子だからJRの新型特急や新幹線以外眼中ナシかと思いきやさにあらず。案外国鉄型の渋いのを指定してくる。ほう。じゃぁ今度来た時は超古いのばかり並べてみようか?

さてお子様達は5時前には帰宅。つまりその間ほぼのべつ何か走らせていた状態。「ごくろうさま」と妻は言うが、こっちは合法的(?)に遊びほうけていたわけで疲れるにあらず。まぁようけ走った走った。
むしろ気を使ってお茶だお菓子だやっていた妻の方がだるかろう。というわけで夕食は近所の中華料理屋に行って餃子の折り詰め。3人前頼んだら1人前半食ったのが約一名…

娘だ。ったく、ここの餃子は好きなんだよな。
↓風呂上がりでくつろぎのひととき。は?一日中これ動かしててなんでまたこれでくつろぐんだって?
それがヲタクってもんよ。
ちなみに青いのはオリエント急行だが、娘さんこれ見て「きれいな~。おしゃれな~」とのたまった。娘がこれを見たのは初めてだし、何か入れ知恵したわけでもないのだが。
「青きプリマドンナ」と謳われたその姿には、人間の根源的な美的感覚にダイレクトに響くものがあるのだろうか。P3180033

2007年3月17日 (土)

ひぃ

今日の予定

娘のバレエ発表会用写真撮影
その足で妻を病院へ送る
明日に備えて鉄道模型の整備と調整

…てなわけで娘主役なわけだが、起きていきなりお絵かき始めたりして朝食を摂る気配なし。(ー_ーメ)と態度を表出してようやく箸を持つ。それでもテレビにウツツでろくすっぽ手が動かないので、はよせぇハヨ食え尻叩いてどうにか。
クルマに押し込み、10時ちょっと過ぎに写真スタジオ着。先客無し。髪だけ綺麗にして早速撮影。
んがウチの娘さん勝手にポーズ決めたり横向いたり手を挙げたり言う通りしない。カメラマン氏のマック22インチにぶれたりまばたきした状態のサムネイルがどんどん生成される。そうデジカメ。お前これ銀塩写真だったらこれだけのフィルムがパーやねんぞ。噴飯ものぞ。
19枚(!)からようやく「いいじゃん」が見つかって撮影終了。お手数掛けました。再びクルマに乗って3キロ移動、妻を下ろし、娘と共に帰路に着く。
「おかあさんまだかなぁ」
降りたばかりやないかい。しょぼくれた顔をするので31アイスに入ったら太陽の笑顔。
「おとうさんだいすきよ」
そこはアイスの間違いだろうが。
アニメを見せる間に皿洗いとか掃除機とか。12時になったのでトーストを焼いて食わす。ナイフでぶった切ってジャム3種類。
やがて妻帰宅。こっちは線路の間にどっかと座り込み、整備作業開始。何せ半年放置していた上、数々の改造をしたもんだから、色々とマッチングが不完全。はんだごてに登場願い、思いの外手こずりそう。一方妻は妻まで、明日のお子ちゃまお遊び会に備えてお菓子の準備とか予定は多々。
さて前にも書いたが、娘さん親が自分をかまってくれないと知るや、あれやこれやと気を引こうとする。親からすればワザと邪魔しに来るのと同意。しかもそういう場合えてしてハイトーンでボリュームもデカイ。
…耳にこたえるのだよ。
とかやっていたら娘はコップの水をひっくり返してびーしょびしょ。

一番やって欲しくないことを、一番やって欲しくないタイミングで、やらかす。

こーなるとレシピを手に忙しい妻がヘルプ。
「どこか連れ出さない?」
手前メカがバラバラ分解状態でありまして…娘にかまっていたら深夜になるわい。
それでも最小限にとどめて連れ出す腹づもりでリビングに行くと。
「ねむい」
布団を出せ?…ったくわざわざ切り上げて…布団を伸べて線路に戻る。
と、再びハイトーンの大ボリュームが…
「ねないよ」
( ̄^ ̄)
家庭内の平和のため公園へ。冷たい風がビービー吹く中、娘は遊具できゃっきゃっきゃ。
…でもたいがいにして帰りたいんだよね。作業がまだ山ほど。
小一時間遊んだか、4時近くになり冷えてきた。
「寒くなってきた。風邪引くから帰ろう」
「あたしいいもん」
鼻水風になびかせて言うな。
無理矢理連れ帰ったら怪獣ブースカになったが、コートを広げてバタバタして翼竜の真似したら収まった。誰も見てないだろうな←37歳
帰宅し作業続行。あ~当初の目論見では夕刻までに全部終わって、娘が寝た後コーヒー片手にオリエント急行を眺める…予定だったのに。
予定半分が夕食前に終了。メシ食ってフロ。風呂あがってさぁ作業再開ってところで娘がお茶ひっくり返してびーしょびしょ。

一番やって欲しくないことを、一番やって欲しくないタイミングで、やらかす。2度目。

怒鳴ったら泣いた。でも君は同じことを何度やっておるかね?
作業終了は23時30分。都合6時間遅延。鉄道事業者として失格だろ(笑)

↓さぁガキ共きやがれ

P3170032

2007年3月16日 (金)

つぶやき

昨日の昼食、カレーうどん。
今日の昼食。カレーライス。
今日の夕食
「ドライカレー作ってみた」
美味しく食べた。
ウェブリング、トップに貼ってあるヤツ。全部一斉4月で終了。まぁね、あてどなくリング巡るより、キーワード羅列してぐーぐる突っ込めばサクサク出るからね。新しいのは探しません。
先週の免許更新。終わってメシ食いに行こうとしたら、駐車場で礼拝を始めた方がいらしたんだけど。
メッカは日本の真南ではない。
教えてあげた方が良かった?それともキチンと祈ることそのものが重要?

今日はリハビリ。妻子は同じビルにあるホールでファミリー向けのコンサート鑑賞。
…娘にクラシックは早すぎたようだ。

2007年3月15日 (木)

タミフル

リン酸オセルタミビルカプセル
細胞内のウイルスが細胞の外に遊離されるとき、ウイルスの表面タンパク(ノイラミニダーゼ)と特異的に結合して、その活性を抑え込んみ、結果ウイルスが細胞内に閉じ込められ、外に遊離できなくなり、ウイルスの増殖が阻止される。

→平易化→

ウィルスは細胞の中で自らのコピーを作り、細胞をぶっ壊しながら外へ出てきます。この作用によって、増えると同時に細胞を、ひいては組織を破壊し、人体にダメージを与えます。
インフルエンザウィルスが細胞から離れようとする時、細胞にくっつくための触手を、自らチョッキンしますが、タミフルは、このチョッキンを阻止します。

はい。これだけ見るとこのクスリが異常行動に繋がるとは考えられませんね。
ちなみに根本的に私が気にしている疑念点が一つあります。
このクスリ「血液脳関門」通るの?

血液脳関門(blood-brain barrier/BBB)とは、脳や脊髄が浸っている髄液に、脳の栄養成分(アミノ酸など)以外を通さないようにブロックする、名の通り関門のこと。ここは血球すら通さないので(※)、こんなごつい分子は当然通さない。

はず、なのだが。

ある程度はリンパ球やマクロファージや神経膠細胞から放出されるサイトカインによってコントロールされ得る。このため、脳炎や髄膜炎のときはBBBの機能は低下する。

おぅ??

ロッシュ社では、脳中の濃度が上昇したのは、血液-脳関門(BBB)が未熟であるせいであり、1歳異常の小児や成人への使用には影響しないと言っている。しかし、ふだん元気な子の十分成熟した血液-脳関門(BBB)も、インフルエンザ罹患中にはサイトカイン類による影響を受け、傷害される可能性が心配である。

んんっ!?

…ここで思い出してもらいたいことが一つある。インフルエンザは根本的に「脳症」を発症するということ。つまり、インフルエンザ脳症では、血中、及び、髄液中にサイトカインが増加して、血管透過性が亢進(BBB機能が低下)した状態にあるわけ(※2)。

タミフルは本来インフルエンザウィルスの増殖を抑える機能を持ちますが、飲むタイミングがずれれば、脳症のなりかけでBBBがグダグダになったところにタミフルが…という可能性もあるわけです。

ちなみに、タミフルは脳に対しては、睡眠薬や鎮静剤に近い作用を持ちます。
え?ウチでそういう事象で選択迫られたらどうするって?今は拒否だな。

※このため赤血球も通れない。だから脳は赤くない。ちなみに、「血液型物質」は赤血球の表面にくっついている。従って当然、血液型物質は脳と接触しない。それでなぜ血液型が性格に関係すると言えるのか。ハッキリ言う、アホか。

※2だからといって、インフルエンザウィルスが脳細胞に侵入するわけではない。

★春分の日追記
厚労省はこのクスリのティーンエイジャーへの使用禁止を指示。

2007年3月14日 (水)

むむっ?

今日になってカチョからくそめんどいメールが来るようになった。
最前までなら「なんでオレが」ってな内容なもの。

…ひょっとしてウソだろ?

ちなみにおかげで今週いっぱいデータいじり。ああ、マンドクセ。

2007年3月13日 (火)

次は?

隣席氏が異動するとか。
「課長補佐相当」のポストが空くわけだが、後釜は年功序列的に言うと。
オレ?
経験値が不足しているからそれはない。誰か来るんだろう。困ったヒトだったらやだなぁ。

補佐相当というが、「課長名」で行うもろもろの実務をやるので仕事負荷は一番きつい。

2007年3月12日 (月)

頭痛い継続

密かにインフルエンザだったりして。
朝から仕事、ガンガン仕事。
午後も仕事。モクモク仕事。
5時で退社。さっさと帰る。
今日は早く寝るぞ。
花粉症の薬効き過ぎかね。

2007年3月11日 (日)

頭が痛い

いやマジで。寝不足+花粉症と見られる。昼過ぎはついにバファリンの御用。
今日はバレエの発表会前追い込みレッスンがあるので、妻が朝から忙しい。レッスンで遅くなるから夕食と、幼稚園で卒園して行く子にプレゼントするお菓子作りと。
こっちはこっちで来週「男の子の日」(笑)で模型見物のお子ちゃまがワンサと来るので、一通り走らせて問題チェック…のつもりなんだが、電車で遊んでるようにしか見えんわな。
娘と遊んでやってよ、というわけだが、ウチの娘さん、忙しくしてると、自分が仲間外れにされたように感じるのか、余計にちょっかい出したり気を引こうとしたり。
挙げ句ぶち切れるわけで。
調子に乗ることを覚えたし、口も悪くなったし、力が付いてきてムチャするし。
「おとうちゃんおこるからきらい!」
ゴミ散らかして片付けないのは誰じゃい。テレビポケーッと見てメシ食わんのは誰じゃい。
(>_<)ヽ 

泣く子と地頭には勝てぬ

2007年3月10日 (土)

社長兼鉄建公団兼運転士兼保線区員

ひな祭り明けの4日以降、鉄道模型をいじり倒してきた。当初4日中に殆ど終わる予定だったが、ツマンナイ連呼隊や、突然の鯛焼き売り、DVD見せて虫などが発生し、遅れに遅れまくってようやく今日テーサイが整った。
予定では次の週末にお客様が大挙して押し寄せるので、一人でまったり電車眺めてってのはとりあえず明日だけ。
テスト走行でなぜかスイス型を持ち出して和んでしまった。オレ中毒症だわ。

2007年3月 9日 (金)

水曜休みは楽でよい

出出休出出
なかなか良い。
5時ダッシュで神具店。笑うな。神棚に使う小皿が欲しかったんでぇ。
帰宅して定期券を更新。クルマに乗って耳鼻科へ。薬の処方を受け、ガソリンスタンドへ。40.01リットル入れて帰宅。たらふくメシを食う。
そうそう。タンコブ娘は元気。大丈夫っぽい。

2007年3月 8日 (木)

体で覚えろと言いますが

5時前妻からCメール。娘が椅子ごとひっくり返ってタンコブこさえたと。
言っても言っても止めなかったが、ついにやったか。
まぁこれで2度とやらねぇとは思うが、問題は「危険」な行為を、このように実際危ない目に合わないと危険と認識しないこと。傷だらけは子どもの勲章だが、危険のレベルが命に関わるとシャレにならない。危険と判った瞬間取り返しが付かないことに…では困るのだ。
相当がつんとやったらしく、妻がどうしようと更にCメール。冷やして寝かせ、病院などネットで検索だけしといてと返事して、5時で帰る。
「ごっつんしたの」
涙の涸れ川が赤く残る顔で、娘保冷マクラに仰臥なさる。妻は相談窓口を見つけたので、電話でアドバイスを乞うたとの由。まぁうろたえて病院走るほどでは無かろう。なぜなら同じ4歳で縁側から土べた上の石にヒット、頭へこませたジャガイモズガイ骨がここでこうして平気でブログ書いているからだ(ちなみにそこは五円ハゲ)。
大事を取って風呂は中止したものの、とりあえず一安心。明朝発熱などなければ幼稚園も大丈夫だろう。

ちなみに本人も心理的ショックを受けたようで、さすがにしおらしいが、いつまで続くことやら。

2007年3月 7日 (水)

お役所巡り

休暇(^^)
でも予定あり(´・ω・`)
普段なら電車に乗っている時刻である8時起床。

今日の予定
8時半に娘を幼稚園へ送る。→その足でK察に行き、免許更新。
一旦帰宅し、電車に乗ってJ務所に行き、確定申告&医療費控除申請。

さてまず娘を送る。すれ違う父母が悉く娘の名前を知っている。この幼稚園は集まって何かするという事がなく、ひたすら遊ぶ。娘は全クラス出張する元気娘で通っており、悉く知られている次第。うれしはずかし。
「N子~!(仮名)」
と娘が先生(保育士)を呼び捨てに、まるで不倫オヤジが愛人の元へ転がり込むように走っていったのを見届け、幼稚園を後にする。ちなみに、先生を呼び捨てにするのは流行なんだそうだ(おおかた、父親が母親を呼び捨てにするのを見た子が持ち込んだのだろう)。
娘を下ろして身軽になったママチャリ漕いで近場のK察へ行く。免許更新→金免許→近場で出来る…とゆー固定観念と、先回更新が鎌倉で、社宅からチャリ2分のおーふな署であっさり終わったと印象があり、何も考えず区内の署へ向かう。
9時から受付で到着5分前。うん、さっさと終わるな。ん?
「更新は受け付けておりません」
( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _,._
(;゚ Д゚)ホォォーー…?!

このクルマ大国の200万都市でウソだろと、更新のお知らせハガキをガサゴソ。
「更新可能な警察署:瀬戸、春日井」
ウソやなかった。
すごすご退散。できひん言ったら妻がエー。そらそうや。春日井はクルマで30分。瀬戸でも駅から更にバスだ。
それやったらJ務署ついでに運転免許試験所そのものまで出向いた方が効率がいい。
パソで作った確定申告の書類をヲタリュックに放り込み、ちゃりんこで駅までキコキコ。せとでんに乗って清水駅下車。41号線をテクテク歩く。
迷わず発見。確定申告は別棟のプレハブですかそうですか。鎌倉でもそうだったなぁ。
で、ここでハナから作業というと、領収書の内容を延々明細に書き、給与源泉徴収票の内容を書き、となるのだが。
パソで作っておいたので出すだけで良いようだ。ややこしさにしかめっ面の人々の間をスルーして提出カウンタへ。
「パソコン様の仰せの通りに入れましたが」
「…あ~はい。これで結構です。3~4ヶ月ほど見ておいてください。こちら控えです。お疲れ様でした」
齟齬誤謬あれば追って沙汰するとのこと。これなら来年から電子手続き(e-tax。事前に郵送で申込書を送る)にするかねぇ。
地下鉄乗り継いで平針へ。平針から更にバス。免許、平針と聞いてああ~という名古屋人も多かろうて。となりは日進。ここまで小一時間の大旅行。試験所は昼休みをしっかり取るスヴァラシイ公営サービスだから急いで受付済ませないと。
ハガキ出す。銭取られる。住所氏名書く。視力検査。写真撮影。講習受講。
金免許は早いね。しかしあの講習ビデオ。論旨は判るがもちっと何とかならんかね。おどろおどろしい音楽と暴走的書体で「死へのアクセル」…失笑しそうになるんだよ。しちゃいけないんだけど何かこう演出過剰で…リアル事故現場のその後死んだ人なんか映ってて身を持って教えてくれるってのは判るんだけど…逆効果だよこの作りは。
さて首尾良く午前最終頒布組に入り、ありがた~い講習終了後、新金免許受け取って出てくる。12時過ぎたせいか窓口は各個閉まっており、発表会場(合格ランプがパカパカ点いて行くアレだ)や、男だらけの体臭食堂には時間つぶしの人がワンサカ。妻からCメールで昼食どうよと訊かれたが、帰宅するには小一時間、食って帰ると返事する。
「コメダ珈琲店」
スタバみたいなチェーンですわね。名古屋エリアならどこにでもある。エリア外では誰も知らない。はびこってるからに美味なのか?とついでにお試しってわけ。
そういう時間であるから、客層はまったり暇つぶしが非常に多い。少し待たされ。カウンター席へ。禁煙エリアないのね。あっそ。
ドイツ風セットとブレンドを頼む。要はソーセージ+パン+サラダ。
届いてケチャップ赤いソーセージをフォークでぶすっとやったら、となりのまぁ軽薄そうな2人組の女がメンソールをぷかぁ。
「あたしダメかも。エンスト3回したし」
ああそりゃだめだな。
「てゆーかあたし朝からトイレ行ってないじゃん」
知るかよ。ケチャップ赤い…
「あ、あたしも行ってない。生●のアレ変えてないや」
ケチャップ赤いソ…

あのな。

茶髪もケツのはみ出たパンツも不健康そうでガサガサの肌もあんたの勝手だけどよ。もちっと場所わきまえて物言ってくれないかな。
大和撫子であれとは言わないがデリカシーは備えろよ。

ちなみに味だが、食い物はまぁ合格。コーヒーは濃くて苦いから誤魔化されてる感じ。好んで行くという店ではないが、あるなら入ろうか、てなところか。65点。

沿線各模型屋が休みなので散財せず帰る←そんな条件でも揃わないと自制できないのかこいつわ

裏話:娘の迎えは妻が行った
「あれお父さん?そっくりね」
うれしはずかし。ちなみにワシは幼少のみぎり女の子のような男の子だった。…ほっとけ。

2007年3月 6日 (火)

もう来た

見慣れないヤツが修理されている。新製品だ。
「何が悪いん?」
「XXXXXX、XXXXXXXX、XXX」
「XXX!!。XXX、XX、XXXXXX!!」
オレが世界最初にぶっ壊したのと同じ症状じゃんか。
設計にメール。
「ああ~やっちまったかなぁ(意味:設計チョンボ出したかも知れない)」
部品メーカのせいの可能性が高いんでしょ?まぁ君のせいではない。

アメリカのせいだ←3日連続でやるかこの男は。

2ヶ月ぶりに課内会議をした。
「不具合が(以下略)」
ケツカッチンで余裕のない設計してりゃボロも出ろうさ。

2007年3月 5日 (月)

昨今オーディオ考

アメリカのせいだ←いきなりかよ
日経webを流し読みしていて気になった記事がこれ。

ケンウッド、プレステージカーオーディオ「TRIOモデル」を期間限定で発売

品名および型番:CDチューナー「K-TR10D」+モノラルアンプ「K-TR10A」4台 
 販売価格(本体価格):598,500円(570,000円) 
 お申し込み受付期間:4月2日~5月31日 

 品名および型番:CDチューナー「K-TR10D」+モノラルアンプ「K-TR10A」2台 
 販売価格(本体価格):367,500円(350,000円) 
 お申し込み受付期間:4月2日~5月31日 

音楽の音は、再生機器が「作る」ものではなく、演奏者が「創る」ものです。その音を余すことなく、ありのままに再現するために、限りなく「ゼロ個性」で「特徴がないという特徴」をめざした「TRIOモデル」で、音楽の心地よさ、暖かさを楽しんでいただきたいと思います。 

へぇ、と思って読み始めたが、ケツの段落で頭がウニになった。

限りなく「ゼロ個性」で「特徴がないという特徴」で、音楽の心地よさ、暖かさを楽しんでいただきたい。

(・〇・;)は?

あのねそれ普通無理。だって「スピーカー」って楽器の素質を持った楽器じゃないキカイだもん。だから、各社・各人が、真ん中に入るあれやこれやキカイを取っ替え引っ替えして、「好きな音」に作る。それがオーディオの醍醐味ってもんでしょが。

でもまぁねぇ、最近のは「セット売り」の圧縮音響装置ばかりだからねぇ。そんなのに比べりゃココロザシ高いって書くべきなんだろうね。イヤホン経由であれ、コンポ形式であれ、あんなスカスカで高域のごっそり落ちた音どこがいいんだといつも思うんだが。アキュフェーズでTADとか、レビンソンでB&Wなんて、もはやその辺の店じゃ聞けないもんね。「知らなければそれはそれで幸せだが、知ってしまったらもう後戻りは出来ない」ってヤマハの有名なコピーがあるけど、まんまやね。ちなみにワシャ20年からウォークマン使っているが、今聞いているのはMD…ん?圧縮ATRACちゃうぞ。Hi-MDなどというマイナーなリニアPCMメディアだ。コイツとCM700Tiの組み合わせは通勤HiFi。HiFiなんて死語だって?ほっとけ。
きりがないので以下略。

時にケンウッドさんよ。八王子市民のよしみで一言。
価格帯的に団塊マネー狙いらしいけど、団塊世代は「エアチェック」に凝った経験持ってるから、中途半端は当てが外れまっせ。

「謎行きバス」は出版社に無事到着。さ~てね。

2007年3月 4日 (日)

ぐにゃぐんにゃ

また、2度寝をこいてしまった。
10時に起きれば妻子は日曜学校に出かけておらず。
一人もそもそとメシを食い、物干しを少し。
後は電車いじり。1ヶ月ぶりだよ。
ひたすらにサボる。サボタージュする。

で、娘を寝かせてから確定申告の書類作成。医療費控除で取り替えそうって算段。酷税庁HP相手にくんずほぐれつ。1回クリアされてムキーッ。格闘すること1時間。ようやくゲゲゲと印刷して終了。
●万円返還って出たけどホントかね。

2007年3月 3日 (土)

3月3日っすから

7字から娘バッチリ起きる。2度寝して9時になる(おい)。
妻が病院へ出たので、こっちはこっちで娘と出発。まずうーびん局。
「中身は原稿用紙がうじゃうじゃ」
ゆうぱっくで出発。やっぱ土曜日は小説の投稿だよね♥
模型屋に行き、花柄を買う。判る人には判る。
次は洋菓子の「シャトレーゼ」へ。ひな祭りだしちょっとくらいセレブリティにってわけ。
人大杉。不二家のせいか←まだ「~のせい」シリーズやるか。
さて店内はひな祭りバージョンのケーキがいくつか。なのに娘が選んだのはシンプルなレアチーズ。
おまいそれ全部クリームとちゃうぞ。
買い込むなり
「おとうちゃんおなかすいた」
だからってケーキはやらん。その手に乗るか。
気温19度。全然「っぽい」感じのしない今年のひな祭り。
いいのかこれで。
キチョウを見た。

娘が寝た後、ひな人形を撤収した。

2007年3月 2日 (金)

へっくしょい

花粉症である。キャリア30年。どうだすごいだろう←自慢することか

今年は2月になるかどうかから急に暖かくなったため、杉がよせばいいのに慌てやがって花粉爆発。一気に症状がF8でマッスル発症した。今年の暖冬はエルニーニョと地球温暖化が原因と言われるが、その地球温暖化を招いたのは我々人間の活動。とりわけダダ漏れの如くエネルギーを浪費するアメリカの影響力は計り知れないだろう。
そうか、花粉症はアメリカのせいか。←出来そこないのカミュか

バカはさておきそんなでクスリを飲んでいるが、昨年のクスリは肝臓をやられたため変更を要求したところ、少々弱めであるらしく、外出後しばらくはクシャミが連発。

…これが思わぬ所に影響した。
腰が痛いのである。
ヒスタミンが三叉神経のH1受容体にカチャンとハマってくしゃみスイッチが起動されると、呼吸筋(横隔筋、肋間筋)、喉頭筋、顔面筋などが駆動され、これに多く上半身を反ってかがめるという動作を伴い、爆発的に息を吐き出す。要するに短時間に多くの筋肉をかなり強く使うので、結果としてヘルニアンの場合その弱点である腰に来るのだ。「クシャミをしたらぎっくり腰になりました」…マジで起こりうるのである。そうかぎっくり腰もアメリカのせいか!←やめれ

てなわけで今日はリハビリ。いつもより電気治療の電圧を高めにして、ヴィーヴィーやって参りました。

ウィキペディアの「くしゃみ」のペイジ。ミリ秒オーダーでくわしくてワロタ。ばくしゃい!

2007年3月 1日 (木)

マーフィの法則にあったっけか

おもむろにベレッタM92F改を太もものガンホルダーから取り出し←そっちのマーフィかよ←誰が判るんだ

忙しいときに限って余計な仕事が舞い込むモノで。
隣席氏とゴタゴタ話しているところにカチョ闖入。
「あのなぁ…」
申し訳なさそうにカチョが言うには、大口の客先でトラブル出して客真っ赤工場真っ青。
「…現物がどうなってるか調べてみてくれないか」
修理用のストックを引っ張り出して、客先の怒り心頭状況が現在製品で生じてないか見てくれというモノ。
設計からメールで疑わしきリスト回着。10機種ですかそうですか。
基板一通り用意してもらって、図面出してデジカメ片手にあーだこーだ。
21時。
状況を連絡したら設計もカチョも_| ̄|○状態。
あーあ、どうすんの?

ちなみにこの量産稟議書の照査印、カチョのものなんですがね。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック