リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 節分と「鉄」分の棲分 | トップページ | こんち娘の好きなもの »

2008年2月 4日 (月)

後ろめたい…

気温は5度もなかったのではないか。
日の暮れた駅前交差点。2月の頭。
足がお悪いのか。最初思った。お年寄りの女性。左足を引きずるように、そろりそろり。

…ん?

履いてるのはピンクっぽいパンプス。足がお悪くてかかとの高いモノ履くだろうか。
それ以前に服装は?茶系チェックのワンピースでスカートの裾はふくらはぎまで。
ポケットに手を突っ込み、コートもマフラーも無し。
この真冬に?
信号を無視して渡って行く。交差点根元のマンションエントランスから、小学校3年くらいか、男の子が同様に女性の様子を見ている。子供心にも「違和感」があるのである。

実はすぐそばの踏切で昨年、統合失調のお年寄りによる人身事故があった。
一方で、例えば酷暑なのに締め切って室内で脱水症状など、心はOKでも身体の方が、という年齢相応の部分もある。

こういう場合、実際直面すると悩んでしまう。声を掛ける?とりあえず110番?
仮に「違和感」の正体が「その通り」だったとする。2パターンのリスクが考えられる。びっくりして車道に飛び出されてしまう。行動否定と取られて大声を出されたりされる。
…それ以前にどうやって声かけるんだよ。
失礼に当たらず、それとなく。
「よろしかったらお手伝いしましょうか?」
段差の前の車いすの方とか、白い杖の方にはこれでよい。
アレンジしてみる。
…待て。
『きっかけ』『理由』がないじゃん。

徘徊している患者さんに対する遠い所や後ろからの声かけは、驚かせたり、その声の方向へ急な方向転換をさせることにより、ふらつきや転倒をひきおこすおそれがある。必ずそばに行って声かけをおこなう。
(よくある介護施設のマニュアル)

これは、それと最初から判ってるなら、の場合。う~ん。
「どちらへいらっしゃいますか?最近物騒ですのでよろしかったらご一緒いたしますが」
…いやいや怪しいな。介抱泥棒の手口ではないか。

ぐぐってみる。こんなのがある。
------------
ここで私の体験を紹介します。
私は3、4年程前に続けて認知症のために徘徊している3人の高齢者と出会いました。
1人目の高齢者は、夕方市役所からの帰り、信号待ちをしている私の横に着物式の寝巻き着た男性が立っていました。認知症だなと直感したので『こんにちは、暑いですね。今からどこかへ行かれるのですか?』と声をかけました。するとその男性は『わからんのじゃ~』と答えました。たまたま、調剤薬局のところでしたので、警察に通報してもらいました。そして、警察が来るまで、そのままにしていたらまたどこかへ行ってしまうと思いまして、調剤薬局で一緒に待機をさせてもらいました。
警察官が来るまでの間に私は、
『失礼ですが、おじいさんのお名前を教えてください。おじいさんっていうの失礼でしょ・・・』
合っているかどうかわかりませんが、名前を答えました。
『失礼ですがおいくつなんですか?』と聞くと確か、80歳と答えたと思います。
「え~っ!80歳なんですか?いや~見えませんわ~お若く見えますよ。で、お一人暮らしなんですか?住所は?」
などなど、警察官に変わって色々とメモしながら聞き、警察官が到着したので、その情報を渡して保護してもらいました。
尼崎市議会の議事録
------------
う~ん。以下同じく。
------------
その男性を見ると、唇の色が紫色になっていまして、結構ハーハーと息を切らしていましたので、阪急塚口まで歩くのは無理と判断し、生島交番へ行くことにしましたが、交番と言うと嫌がるかもしれませんので、
『おじいさん、ちょっとしんどそうでお顔の色も悪いですよ。きっとご家族の方も帰りが遅いので心配されているかもしれません。塚口行くより、交番のほうが近いので、そこで休憩させていただいて、ご家族に迎えに来ていただきましょう』と言って誘導しました。
------------
なるほど。「お身体の具合が悪そうですが大丈夫ですか」か。
もうちょい引用。命に関わる話だからお許し頂きたく。
------------
認知症でない人であれば失礼なことなのですが、私にとっては、声をかけなければ、そのかたが、認知症による徘徊なのかどうかがわからないので、まず「ちょっとおかしいな?」と思う人物を発見したら、しばらくその行動を観察します。それでもよくわからない時は、その人の横を通り過ぎ、しばらくして引き返してその方の顔を確認します。顔を見るとなんとなくわかるのです。
これも以前の仕事柄、認知症の方と接していたからだと思うのですが、身内に認知症の高齢者がいたり、介護の現場で働いたことのある人であれば、同じだと思います。
これまで直接認知症の人とかかわったことがない方は、どのように接したら良いのかわからないために、声をかけることに躊躇するのだと思います。
------------
(オレサマ註:この「なんとなく…わかるか!?」が厄介なのだが、今回の場合オレがこう書いてるし、小学生が思わず見てた、なのだから該当しよう)

引用終わり

いや、少し様子見つつ携帯で110番、は考えたよ。でも端から見ればお年寄りの後付けて電話してる図(ひったくりの打ち合わせかよ)だし、「そうじゃない」場合、いきなりパトカーは甚だ失礼になるわけで。

「…こんな感じのお年寄りなんですが、捜索の依頼とか来てませんか?」

は、あるか。

うん。しかし何を今さらなのだ。ここでこうやってブログ書きながら考察してるくらいだから、その場で結論・行動には及べなかったのである。

だから後ろめたいのである。200万都市名古屋。今夜は祈りながら寝ます。

※2008/02/06補遺 引用元の議会質問書については、ご本人様の許可を得ました

« 節分と「鉄」分の棲分 | トップページ | こんち娘の好きなもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分と「鉄」分の棲分 | トップページ | こんち娘の好きなもの »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック