リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 身体が資本 | トップページ | 後ろめたい… »

2008年2月 3日 (日)

節分と「鉄」分の棲分

「遊びに来ない?」
と、外国形鉄道模型の店主から誘われた。むろん、買って欲しい物があるからのお誘いである。
しかし、外国形は打ち止め!と強く戒めているので(予約だけして生産が遅れているのがまだあるけど)、心を鬼にし(大げさ)、顔つなぎのためだけに赴く。但しそれではやはり申し訳ないので、商売上も使えそうな資料などリュックに放り込んで出かける。鉄道ヲタクの定番スタイルである。…関口某もNHKの旅番で同じ格好をしていたと強く言い張る。

以下、鉄道に興味のない方を全く考慮していない。

大曽根までせとでんで出、TOICAピすると…おやおや、211+213ではないか。乗り込んで211から213サイドにうごき、転クロに収まる。収まっても10分も乗らないよ。欲しいのはサイドビュー。…隠してもばれるから書いちゃえ。金山で降りてハイパチリ。
Hi380069
…これでマイクロのヤツと比較するとorzなんだろな。
さてお店到着。
「来いというから来ましたよ~」
すると店主氏早速。
「これが入荷しましてね」
キタキタキタ。
「103形お持ちなんでしょ」
「お持ちですが…持ってきましたよ」
「おお、フライシュマンですね」
オレの持参した103と店主氏おすすめを線路上で連結。
「サマになりますねぇ」
「これだけは好きでして前から持ってたんですよ」
取り出したるは30年も前の子ども向け百科モノ「世界の鉄道大百科」(南正時氏)
「103103103ですもん、洗脳もされますって」
「ああ、この人の本ならありますよ」
RMMとか諸河久氏との共著になるICの写真集とか。
「これこれ、これどうです?ライン川沿いを…」
「これ『エラスムス』ですね。でもやっぱTEE時代がいい。『ラインゴルト』はその辺意地でもオール1等守り通しましたねぇ」
「そりゃぁラインゴルトですから」
「でもやっぱ103カッコイイすよね。この赤ブタはやめて欲しかった」
「はっはっは。皆さんそう言いますよ」
「103ってトリックス最近出してましたっけ?」
「みんな出してますよ」
「アーノルトもE03予定してましたよね…あ、カタログ見てみていいです?」
「どうぞ」
ぺらららららら。
「今年のワゴン・リはイベリア半島仕様か。しかしオリエント急行セットなのか?これ」
「それ途中で台車変えてるんですかねぇ」
「…カタログの能書きはスペイン国内オンリー仕様って。前の…」
鉄道模型趣味2001年6月号ぺらららら
「…これじゃないかと」
「ああ、CAMASですか…じゃぁオリエント急行じゃないじゃないすか」
「そーですよねぇ。まさかワゴン・リは全部オリエント急行として出す気じゃ」
「CAMASってどういう意味です?」
「ベッド。寝台、まんまですわ。…セットはもういいからプルマン出してよ」
「プルマンってこういうのあったんですかね。矢印ついた」
それは委託品のOゲージ。コートダジュールプルマン塗装でフレッシュドールの矢印マーク入り。
「それ自体はこれのはずですよ」
ドデンと取り出したるは教育社「オリエント急行」
「よく見つけましたねその本」
「お持ちの写真集はこれから写真だけ抜いたもんですよ」
「ああ、そういえばそうだって言ってましたねぇ」
ぺらららら。
「これですね。フレッシュドール・プルマン。この車号4018はこの間ライト仕込んで持ってきたヤツです」
「あ、ライト入れた写真拝見しましたよ。いいですねぇ。やっぱり」
「万人向けの作業じゃないですけどね。そのOゲージ様はこれをベースにワゴン・リ本体が運転してるプルマン・オリエント・エクスプレス用に塗り替えたモンじゃないかと」
「あ、ホントだ、矢印あるわ」
「フレッシュドールか…フランスガマいいなぁ」
「今、何持ってましたっけ」
「ですからこちらで買ったシンプロンと」
「いえ蒸機」
「01と18ですよ」
「フランス機は?」
「ないです。そもそもNゲージで売ってない。フルグレックスが昔作ってたみたいですが」
「フルグレックスかぁ」
「フランス形は不遇ですよ。パリをターミナルにする列車多いのに。トリックスのディーゼルまだかなぁ」
と、今度はトリックスのカタログをぺらららら。
「…そういやこれってカーブどれだけ行けるんですかね」
「普通に他のと同じくらい行けますよ」
「ブッフリ式のNゲージってこれしかないんですよね~」
「フルグレックスは?」
「スイスの古典機はレマコになっちゃうんですよ。オールブラスの」
「ああ。あれか」
「天賞堂で一度見ましたけどね。1輛10万。ちょっとかんべんしてって」
「HOは絶対行きませんか」
「行きません。まずはトリックスが67300出してくれなくちゃ」
「しかしいろいろ本集めましたね。あの、この間のあれ、お貸ししてもいいですよ」
「ああ、あれアマゾンで検索したらUKの本社にあるらしくて取り寄せ中です」
「やりますねぇ。模型は直はしませんか?」
「メーカー直販ならいいでしょうが個人店はしません。事故怖いし、絶対間違えて書いて来そうで」
はは、安心してよ。おやっさんの店出し抜いて買ったりしないから。
「ああ、連中適当書いて寄越しますからね」
「ああ、長居をしました。そんなわけでおフランス待ちです」
「いやこちらこそいろいろ」
予約待ちだから少し強いと。

P2030001

さて今日は節分である。帰宅後窓開け放って開口一番。
「ええご近所の皆様毎度お馴染み豆まきでございます。鬼は外、鬼は外でございます。更に福は家でございます。以上」
妻は可笑しいやらハズカシイやらでまともに立てないようで…
明日から春…うそつけ~

« 身体が資本 | トップページ | 後ろめたい… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身体が資本 | トップページ | 後ろめたい… »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック