リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« インフルエンザ罹患の記2 | トップページ | 失礼CM »

2008年3月12日 (水)

インフルエンザ罹患の記3

前夜また体温上昇の兆しがあったので、38.5℃を超えた時点で頓服をあおり、ガクブルの再来に備えて毛布を幾つか準備して寝る。
…大過なく朝になる。しかし喉がひりひり痛く咳は忘れた頃発作的にゲホゲホ出る。体温37.5。喉は咳のしすぎで炎症を起こしたのだ。これで働けなくはないが、確実に感染力は持ってる。確か児童生徒がインフル食らうと、熱が引いて2日後まで出席停止のはず。従う必要はないは今日はヤバかろう。
カチョに電話すると
「熱が下がらんでしょう」
アンタも同じだったかい。
とまれ休みにしてしかし布団を干すなど少し動く。前日よりは回復した。体温は37少しあるが、快方の方向であろう。
昼過ぎ弟よりメールが来「インフルエンザ」の由。確実にオレのがうつったのだ。父親に問うも問題ないとのこと。
熱と咳には要注意と伝えて切る。
粛々と薬を飲み、体力回復に努める。
木曜は出社できるだろう。3日も病欠したのは初めてだ。

« インフルエンザ罹患の記2 | トップページ | 失礼CM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザ罹患の記2 | トップページ | 失礼CM »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック