リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

天国と地獄

職場の便所が暑い。

屋外解放では当たり前である。しゃがんでると生死に関わる。

最もその程度贅沢である。パソコン自体は空調された事務所で叩いている。他方溶接作業場はあるし、フォークリフト作業なんか朝から夕まで焼けたアスファルトの上を行ったり来たり。

「半導体工場なんか1年24時間20度だけどね」
「ふ~ん」
「その代わり防塵服で目しか出せないけどね」
「なるほどね」

カーオーディオ載せ替えの見積もりが来た。
「ナニこの金額っ!」
雷が落ちた。
地獄を見た。

2008年7月30日 (水)

目標はでっかく?

工場長の進捗チェックが間もなく入る。
書類作り。
「目標不良率幾らにしようか」
隣席専任氏。
いやだから不良率みたいなヤツはオメガ変換ってね、ゼロに近づけば近づくほど無限大に等しいエネルギーを。
「こういうロット単位のはそれシメっちゃえばおしまいで。後目標達成にはオレサマさんの提唱するこれに頼ることになるんですけど」
要求改善SN比40db

ナニ1万倍?

確かSFに出てくる超光速宇宙船は相対論の壁を突き破るのに瞬時に超光速遷移してるな。

そうか、ひんしつほしょーに求められるのはワープ能力か。SFだったんだな。
いやいやそのくらいの見識でモノ見ないとこの壁は突き破れない。

さいえんす・ふぃくしょん……いや、シャレになってねぇって。

2008年7月29日 (火)

ゑ?

「オレサマさん」
同期カチョ曰く、オレサマに「残業禁止」の下知が来たそうな。
「解除……」
「の、ハズだけど」
「?」
「?」
確かに万博の年はひっくり返ったし、前カチョには夢で魘された。

「2度あることは3度あるがこれは当てはまるからねぇ」
とは通いの心療内科。
「疲れやすいってのが気になる」
とは工場の心療内科。

となるとあれかね、睡眠薬から解放されるまで禁止?

でも寝付きが悪いのは子供の頃から「元より」だぜ。

でもケツ痛くてかったるいのは確かだから早く帰らせてもらうよ。

2008年7月28日 (月)

グチ

腰が痛い。
尻が痛い。
足痺れてるし。
股ぐら暑い。


んん~積極的にゴロゴロしてるんだけどねぇ。
ちなみに診療科は「疲れやすさ」と「3度目の鬱的症状」の発現を警戒してます。

体重は減っていないが体脂肪率は下がった。BMI21.2か

2008年7月27日 (日)

効率の悪いことをしている

昼休み小説家としては。
「会社パソからデータが抜けない」
ってのはヒジョーに具合が悪い。
最近もどこかの馬鹿者が家で仕事作ってUSBで移し替えてウィルス放り込んだ。
自分はまぁセキュリティガチコにしてはあるが、ゼロデイ攻撃(※)ってのもあるわけで、仮に次何か起こったら確実に
「お前クビな」
である。
かと言って昼休みボケッとする習慣はないわけで。
で、何やってるかてぇと。
一旦印刷して持ち帰って再度一太郎を叩く、という。
非常に非効率でローテクな方法。
いや、まんまスキャンしてPDFかナニかでうぷしちゃうという手もあるにはあるんだが。
ちなみに今度出てくるエイサーのちっこいのは買う、と妻には宣言してある。
お話書くためにパソ一つ持ち歩こうッてんだからバカの一言である。

※ゼロデイ攻撃:要するに対策技術の確立前にウィルスなどが拡散すること。セキュリティガチコでも、データ更新前に新しいウィルス放り込まれるリスクはあるわけ。

2008年7月26日 (土)

日本一短いブログ

Aho
嫌。

2008年7月25日 (金)

名古屋は人の住むところじゃないから(笑)

名古屋駅に降り立ったその瞬間からもう何もやる気しない。
Baka
これ気象庁サイトから拾った最高気温の推移。ナニ?そんなに変わらないって?グラフにしてみようか。
Doaho
確実にワンレベル違うんだってば。
しかも体温と同等以上。
前にも書いたが温度の異なるものが交わると、その中間でバランスしようと熱の移動が生じる。従って、体温が気温より高ければ身体の熱は空中に逃げ、逆であれば空気中の熱は身体へ流れ込む。
名古屋という街では人の身体は熱を溜め込む。
え?都市化と温暖化?まぁ急がず。
名古屋は三方を山で囲まれている。中央アルプスであり飛騨山系であり鈴鹿山脈である。南方の暑い気流は伊勢湾の水蒸気を吸って多量の湿気をはらみ、名古屋に上陸して行き場を失い滞る。また夏型の気圧配置で太平洋高気圧の縁を回る気流は、西から鈴鹿越えで名古屋へ入ることとなり、当然、フェーンを伴う。
どっちも答えはひたすらに暑いのである。
そんな街では赤信号になってもクルマが交差点に速度を尚上げて突入し、他方青になる前から動き出す。
学生達はヘッドホンをかぶってケータイのメールをいじくり回しながら、巨大な交差点を自転車で横切って行く。

救急車のサイレンを聞かぬ日はない。

2008年7月24日 (木)

太陽の町

少し書かせてね。「地元」の人間だもんで。

八王子には大学が20校から存在する。
合格した学生が近隣に一人住まい、バイトしながら通う。よくあるパターンである。
朝の電車は学生で一杯だし、夕刻になると町は若さに彩られる。
ユーミンが詩にした頃と町の様相は変わったけれど、ランドスケープに含まれる武蔵野の緑と、制限の中で思い思いにおしゃれした学生が行き交う……という取り合わせは、21世紀になっても変わらない。八王子を行き交う女の子達はみんな可愛い。
それは……敢えて書くならば「不定」と「不安」を持つ心に取り、その心のランドスケープと真逆対照に映るかも知れない。

ユーミンの詩に出てくるこの町・大まかに多摩地区は、どこかしっとりとした、雨を伴った描写をされていることが良くある。→c.f.雨のステイション。確かに、山懐のこの町は、都心に比して雨日数が多いようだ。
しかし写し込まれた儚い恋心は、雨に濡れた緑の放つ、ゆえに生き生きとした鼓動によって、ただ悲しいだけにはなっていない。彼女はこの町を、多摩という地域の「気配」をよく知っていると判断できる。16号線を真っ直ぐに駆け下れば保土ヶ谷バイパスと横横を経て三浦半島へ通ずる。そう湘南である。彼女はこの海沿いをまるで対照的に詩に切り取る。

高尾山に登ると霞んだ大気の向こうに新宿の高層ビル群と眠らぬメガロポリス東京を遠望できる。手前武蔵野丘陵。比して光と熱を発散し続ける煌びやかな都市の極相。

太陽の町というのは、ここの夏祭り向けに作られた踊りの歌詞の中に出てくる。♪葉っぱキラキラきーらきら……そんな風に続く。葉っぱが煌めくのは雨に濡れた裏返しであり、比してどこか太陽を意識している表れであろう。最も、市民一般太陽を欲している、というわけではない。ただ、雨が多いという認識は無意識にどこかにある、というわけだ。

22日夕刻から夜の八王子。
気温は風が流れてきて30度を切ったはずだ。駅前はビル間を行き交う気流が涼しく、それは都市の炎熱であぶられた空気の塊ではなく、山間の冷えた空気が丘陵地へ降りて来たもの。夏休み最初の平日。ラケット背負った夏の制服、クリームをなめるTシャツ姿。デパート「そごう」に出入りするオシャレ着のおばさま達。
「ハリポタ」の早売りで知られる別の本屋は、発売日を前に盛り上げに忙しい。
妻の携帯に仕込んだsuicaの調子が悪いからと、オレは携帯を預かって窓口の「鉄道むすめ」とデータチェック。
父親は我々を迎えに行くため16号線をクルマで走っており。
妻は娘と、風抜けるペデストリアンデッキ「マルベリーブリッジ」の下でオレを待っていた。
その時点で彼女はいつものようにバイトに入っていただろうし。
その男は既にその駅前のどこかにいたことになる。
夏の残照。吹き抜ける風。人々は忙しいか、微笑んでいるか。
そういえば駅前からホームレスの男性達が見えなくなって久しい。
自分以外全部敵……「誰でもいい」の裏返しはそういうことであろう。認められない自分と、自意識とのすれ違い。
駅前と、意識との対極性。

これから八王子は夏祭り。7月ラストは花火大会。8月アタマは盆踊り。

花が1輪足りない。

2008年7月23日 (水)

不愉快極まりない

今日の予定。
実家から銀座の鉄ヲタイベントを見学、新幹線で名古屋。
Aho
オヤジのクルマで送ってもらう京王八王子。

いつもの風景のいつもの道を、いつもの駅へ向かう。
京王八王子。いつもの駅。
いつもと違う。
パラボラを天へ向けたSNGのワンボックス。
レポーター用の借り切りであろう、道の両側のハイヤー群。
ニヤニヤしながら池上のホワイトバランスを合わせているどこかのカメラマン。
困惑顔で封鎖線の向こうを眺める駅の利用者。
照明の消えたショッピングセンター。
よそ行き顔で通れるわけがない。

お前、彼女が何かしたのか。

昨日ここで。
妻子と通ったその駅前で。

汚らわしい。

手を合わせ、suicaを切り。
ステンレスの10輛編成は夏の都心へと駆け上がって行く。


2008年7月22日 (火)

ネコバス→ネコバス→ネコバス→ネコバス

タイトルでお判りかと思うがジブリ美術館へ行ってきた。
親は2度目であるが娘は初めてである。え?何か違うって?
三鷹の駅からバスに揺られて到着。10時入場の券だが、既にエントランス前には親子連れがズラリ。夏休み中とはいえド平日狙ってチケット完売ってんだから大したもんだ。
行列していると傍らの石垣にトカゲがいたので取り敢えず捕まえる←普通の大人の行動ではないし普通手づかみできる生き物じゃないが気にするな
Aho_2  
トカゲ。トカゲと言ってもカナヘビではなく正当な「ニホントカゲ」(Plestiodon japonicus)である。これは実家の庭にいた幼体。バカヤロ動くなブレたじゃないか。
それを見て盛り上がったのが後ろに並んでいた男の子たち。
「すげーすげー」
「見せて見せて」
面倒なので渡す。素早い動きに力強い反応、ピカピカのウロコにつるつるの肌触り。それは恐竜の片鱗を漂わせる「本物の爬虫類」である。
「写真撮って~」
「オレも~」
「あ、トカゲだけ撮りたい」
トカゲ囲んで子供が3人記念撮影。おいおい。そこまで珍しいか。
撫でて逃がす。なお、娘にはヒバカリを触らせたことがある。
入場。
「ほれ、好きにしろ。但し中は迷路だからな」
走って行く娘。子供たちにここのメインは言わずとしれたネコバスなわけだが。
2分で見つけやがった。ルートは伏しておく。
わくわくきらきらの目でさんざネコバスとススワタリに戯れて以下斯くの如し。
ラピュタのロボット→怖いらしくとって返す→ポニョの宣伝コーナ→上を下へ走り回る→ゾートロープ→カフェに開店早々入って早飯(テーブルが少ないのでオンタイムでは2時間待ち)→カフェの2階経由ネコバス→ミニシアターでミニ映画→ネコバス→ラピュタ、見せてあげようラピュタのイカヅチ…おい娘父置いて先に行くな→カフェでアイスをなめる→マンマユート団に布施→動画解説室→アトリエ→図書室→企画展示室→中庭→ネコバス。
Aho_3
井の頭公園で遊んで帰る。満足したかい?

※この施設は撮影禁止です。「物語の中」に自分が入るのに撮るのは野暮ってこと。これは入る前の撮影。

柊あおい支持者なので雫おいとく。
Aho_4

2008年7月21日 (月)

店→店→店→店

10時。
ぬーちゃん連れてカーオーディオショップ「サウンドインゴーイング」へ。BMWに突っ込んでいたカロッツェリアXをこのカローラフィールダーXに移植しようというのである。なおついでにナビを刷新し、地デジを突っ込む。
問題は。
Hi380079
オレのカロXは初代なのだが、そのサブウーファTS-W2xが「トランクエンクロージャ前提」のスピーカユニットということ。Vas=47.7リットル。他方こちらはワゴン車だ。エンクロージャを用意する必要がある。今までメールであーだこーだ策を相談していたが、この工法については決まっていなかった。
・荷室は欲しい
・現状、中敷きからスペアまでのサブ荷室はデッドスペースである
・スペアタイヤは使いたい
で、「開閉式エンクロージャ」なのだ。他方ショップとしてはエンクロージャは密閉の箱でありたい。開閉式ではどうしても隙間が出来やすい。
「××××、×××××。○×?」←オレ提案
「考えさせてもらっていいです?」
セブンスター1本。
「それ行けるかもしれませんね」
以下ノウハウ絡むので秘密。ナビ+地デジとご対面。
「うへぇB-CASカード…」
12セグのチューナなので当然付くのである。最も、BS拾う訳じゃないので、NHKのあの鬱陶しい画面は出てこないが。
「では最終案や進捗はメールで」
以上店1

11時過ぎ。
北総レール倶楽部」へ。名前から判るように鉄道模型(と、ドールハウス)のお店である。「クラウンモデル」閉店後、八王子から鉄道模型のショップは無くなってしまった。この空白にようやくピリオドを打ったのが(大げさ)同店である。早速、縄張りに目新しいモノ見つけた猫みたいに様子見である。
品揃えは良く使えるというのが印象。欧州型Nの扱いが無かったのが残念だが、江戸の外れでせとでん置いてりゃ上等。頑張ってくださいね。

14時。
ムラウチ」へ。
実は昨晩実家のプリンタ(HP)で往生こいた。インク認識しないわマルチフィード(複数枚送り)はするわ。大体ここはフォトカプラの品質からしてだな(以下略)。品質工学の講座でその辺の改善ネタさんざん聞いた人間としては、オヤジに言うセリフは一つである。
「買い換えちゃえ」
加えて母親からは昨今相次ぐ洗濯機のハングアップによって買い換え要請がありの。
で、プリンタは無難にキャノン。スキャナ・コピー付きの昨今ありがち
洗濯機は取りあえず松下の洗乾一体型のヒーポンタイプ。問題は洗面所ドアを通るか。
プリンタパソにインスコして完了。

18時。
飯食いに五日市の「黒茶屋」へ。
Hi380123
食った食った。

>ココロ
Aho
やめとけってw

2008年7月20日 (日)

夏の一日

夏の定番、拾って来たセミの子は羽化して出てった。
炎天下カローラぬーちゃん洗って。
妻子と共に近所の林へ。
海っぱりで育った妻は森林エアーを浴びるのが好きだ。
こっちはこっちで子供時分クワガタを探した林だ。
されど樹液のニオイもせず、カナブン二匹とヤブ蚊山盛り。
「そんなに刺されて大丈夫?」
そんなにってのは赤ポチ40個位作って初めて使う形容詞だぜ。
妻子はツメクサの絨毯で花冠づくり。
花冠のことをカローラというのさ。

2008年7月19日 (土)

旧友と会う

妻子と母と買い物に出た。
「…だよ」
母曰く、今そこで総菜を買い物をしている男がオレの旧友だという。
「あの…」
名前を訊くと然り。
「おお!」
15年ぶり。中学時代の鉄友。模型車輛の相互乗り入れや、いわゆる「一筆書き乗車」など、共に楽しんだ。オレは話を書くが、彼はマンガを描いた。他の数人で同人的な活動をしたこともあった。進学後も時々会っていたが、就職直後に顔を合わせて以降は、共に郷里(っても江戸の外れだけどさ)を離れたこともあり、連絡も途絶えていた。
で、彼は続けて曰く。
「いや~結婚したって聞いたからさ…オヤジくさくなったなぁ…」
髪バッサバサで無精ひげ。おうよ確かに。
「言えた身かよ」
娘を引き合わせながら、オレは彼のメタボな腹を突っついた。
「何歳?」
娘は幾つか。彼の問いにオレは答え、元気かどうかだけ、訊いた。
「じゃぁまた機会があったらな」
オレたちは別れた。

…。

オレたちバブル入社組だ。
「どれがいい?」
よりどりみどりの就職先からオレはお堅い企業を選び、彼は当時新鮮だった「ハケン」を選んだ。初任給は彼の方が高かった。あちこちの会社を渡り歩きプロジェクトの完遂させるエンジニア成功請負人。それは例えばシリコンバレーなど、当時「有り」のスタイルだった。

残酷な時代の流れ。
「私の顔知ってるくせにねぇ、会っても挨拶しないんだよ」
母親は言った。
「今はどこに?」
「名古屋。そっち実家か?」
彼は頷いた。そして彼はオレの娘の歳は訊いたが、自分の身の上は語らなかった。

オレは彼の身の上を訊かなかった。最も、彼はオレがどんな話を書くか知っている訳だが。

2008年7月18日 (金)

ぬーちゃん東京へ行く

ぬーちゃんたぁ我が家の愛車カローラフィールダーで実家行。名古屋より八王子330キロの道のり。
中央道。先に高速で90キロ以下なら車載燃費計リッター20キロと書いたが、中央道は80キロ制限であり、その実のトコロを試すに丁度良い。
結果から言うとリッター15キロ。アップダウンの多い中央道で家族3人、それなりの荷物。夜道ライト点けエアコン動かしではこんなもんか。ちなみに燃費計の数値だけを頼りに速度と回転を保ったが、ひょっとすると時間を費やすことによる燃料消費の増大とトレードオフがあるかもしれない。
燃費が下がったのは中津川から恵那山への登り、神坂。諏訪盆地と甲府盆地の間、例の「最高地点1015m」のところ。そして笹子越え。これらではリッター10キロを切る。但し、それぞれ下りではアクセルから完全に足を離し、テキトーな速度で案外と定速運転。談合坂も然り。タコは最高3000rpmまで回った。
なお、エンジンはさほどうるさくはなかったが、ロードノイズは路面の状況に忠実と言えば忠実。その最高地点前後の摩擦向上?舗装の部分では路面が荒れているせいもあり、辟易した。早く直せ>中日本高速

2008年7月17日 (木)

ゴキブリの動きぶり

「あ、ゴキブリだ!」
キャンプ帰りの娘がのたまう。
「あの箱に入った」
箱というのは届いたファンケルの化粧品詰め合わせ。←リンクして手先かオレは
覗くとクロゴキブリ様成虫一匹。
このアパートに住んで5年ほどだが成虫にお目に掛かるのは初めてだ。元より棲んでいたとは考えづらく、飛んできたのであろう。
さて羽化を損じたチョウに最期までエサを与えるような昆虫に対してココロ優しいオレとしてはだ。その行動速度及び飛行性能を熟知しているわけであってだ。

まずその箱の中の化粧品類を取り出して。

フタを閉めるや上を下へ右へ左へ世界一のバーテンダーが造るウォッカ・マティーニはステアでなくシェイクでも斯くやと思うほどぶるんぶるん振り回し叩き付けがっつんごっつんウヒャーばっきんもうどうにでもして←自分で書いててワケが判らなくなりました。

耳を澄ませて動く音がしないのを確かめて。

今度はフタの隙間からキンチョールのノズル差し込むや局地的台風見参とばかりフルスロットルぼごごごご

し~ん。

フタを開くと玉手箱よろしく拡散中のキンチョールがもわり。
姿が見えぬ。

あん?

「ひげ」
娘のセリフに裏返すと、そのホレなんだ、段ボールの箱って紙の重ね目に少し隙間あんべや。
その隙間に身体押し込んで触角だけ外に出してやんの。ゴキブリを3億年生きながらえさせた平べったさの発露。
再度キンチョール。但しこの場合薬効で殺生するためではない。含まれる大量の液成分で窒息死させようというのだ。前にも書いたが昆虫は腹の両側に複数ある穴「気門」で呼吸する。そこを塞ぐのである。

再び玉手箱。……しぶといね。
死ぬまでキンチョールブチ播いたら部屋に充満する。
外で挫滅させることとし、「いいかい娘よ」
ゴキブリの勉強。これが触角で毛だらけの脚は人間にはツルツルに見える壁面をも登攀可能とし尻の毛は音を感じる。
「この虫はウンコでもゴミでも平気で歩き回るから絶対に触ってはいけない」

外に出して踏みつぶす。

2008年7月16日 (水)

備忘

カロX付け替えリファレンスCDリスト

●クラシック
1.ベートーベン1番2番 カラヤン+ベルリンフィル グラモフォン POCG-9362 1984年
オーディオにも造詣が深かったカラヤンが、自身の演奏を後世に残そうと立ち上げたプロジェクト「テレモンディアル」からの1枚。フルデジタル編集。レーザ反射特性の良い純金を蒸着した限定盤。

2.ヴィヴァルディ「四季」 ギル・シャハム+オルフェウスCO グラモフォン POCG-9515 1993年
指揮者無きオーケストラとして知られるオルフェウス室内管弦楽団が、ヴァイオリン・ソロを迎えての1枚。多ビット録音→CDフォーマット変換方式の端緒で、16bitの限界に挑戦。

●洋モノ
3.エンヤ ウォーターマーク ワーナー 25P2-2465 1988年
彼女のデビュー作。1曲目のタイトルトラック「ウォーターマーク」には、タイム1分20秒から2分にかけて「爆風」のごとき低音が入ると言うが…YSTでも片鱗が感じられるだけ。

4.CRANBERRIES BURY THE NATCHET ISLAND RECORDS 311-524 611-2 1999年
カナダのユニット「クランベリーズ」の輸入盤。当時J-WAVEなんかで良く鳴っていたので聞き覚えがあるかも。200V電圧域で作られた板は音がいいって?ただヴォーカルの肉感・リアリティが高いのは確か。

●クラブ系
5.HYPER TECHNO MISSION 0 avex trax AVCD-11926 2001年
21世紀の始まりに合わせ、ジュリアナ系テクノで再度仕掛けようとして見事に外したプロジェクト。ギンギンのドンシャリに重爆ビート。重ね録音してパンポッドでばらまき配置。システムのSN比が良くないと破綻して歪む。

6.SUPEREUROBEAT Vol.154 avex trax AVCD-100154 2001年
手を変え品を変えリリースの続く怪物シリーズ。マルチ録音+パンポッド、ドンシャリ重爆。されど2ch再生するとヴォーカルはちゃんとセンター奥に定位という案外コンサバな作り。これは「ディスコサウンド」だった時代の名残。マイアヒ~♪のユーロバージョンを収録した板。

●ジャズヴォーカル
7.CARNEGIE HALL SALUTES THE JAZZ MASTERS ポリドール POCJ-1228 1994年
CD時代以降のジャズの「名盤」は少ないが、これは別格。Verveレーベル50周年を記念してカーネギーホールで行われたコンサートのライヴ盤。2ch再生するとヴォーカルが小さく中間定位し、しかも僅かに体をスウィングさせながら歌っていることも判る。ピアノが美しくピアノに聞こえる板は案外多くない。

●日本のポップス
8.夏川りみ ココロツタエ ビクター VICL-35745 2004年
愛知万博ソング。ヴォーカルは小細工無しで録ってあるのでクリアなことは確か。

9.小田和正 自己ベスト BMGファンハウス FHCL-2020 2002年
本人選曲。しかも現在クオリティで全部再録。

●特殊ソース
10.コントラバスマリンバ・エクスプロージョン ソニー 32DC-5027 1988年
CD黎明期、ソニーは「サウンドアドベンチャー・シリーズ」と称して、そのフォーマットの限界に挑戦するような実験的なCDを何枚かリリースした。そのうちの1枚。32.7Hzという地鳴りを発する木琴の化け物「コントラバスマリンバ」の生録。YSTで出せる。もはや音じゃない、風。

11.鬼太鼓座 富嶽百景 ビクター VICG-60008 1997年
和太鼓。人体よりデカい径の轟音が地を這う。録音に際しては、Dレンジの上限が読めないことから、AD変換によるクリッピングを避けるため、敢えてスチューダA-820を76cm/sで走らせ、ドルビーA併用でアナログ録音。これをビクターのK2コーディングで20bit→16bit変換し、8-14フォーマットでマスターディスクに直でビットを彫った。上の方が丸いが、深々と、朗々と、和の音が響く。

娘不在

幼稚園のキャンプ。
初めて近親者がそばにいないお泊まり。でぇじょぶか?

しかし静かだ。

2008年7月15日 (火)

名古屋鉄道タタミ線

P7150244
もうなんか何だかなあ我ながらもう。
ウチにいる私鉄車の模型はダントツに名鉄車が多い。
生まれ育ったのは東武沿線だし、最も長く住んでいたのは八王子なんだから、東武や京王の車輛がワンサカいても良さそうなものだが、東武は12輛、京王はゼロという有様だ。

名鉄車はバラエティーに富んでいるというのは理由の一つとして確かにある。通勤車から特急車まで個性豊かだ。同じもの大量に作ればいいのにと思うのに、少しずつバージョンを違えて少しずつ作ってくる。最も7000系だけは116輛もお造りになっているが。

しかし多分、これだけウチで繁殖している最大の理由は「ヲタク的母性本能」をくすぐるからであろう。要するにギリギリで頑張っているのである。その東武にせよ京王にせよ、10両編成に組んで地下鉄に乗り入れ、PASMOでピ。逆に言えば10輛で走り回らせておけばそれなりに儲けてくる。

こなた名鉄さん空港特急こそ大枚つぎ込んだが、廃車のパノラマカーから動力だけ抜き出して車体作って「新車でござい」。増して我らがせとでんには木の枕木にツリカケ電車。ああ、今宵も夜空に朗々と懐かしい爆音が響くよ。
P4220019
(マックスコーヒーは気にするな……これ苦労して撮ったのに今や近所のドラッグストアでマックス売ってやんの)

バカにしているワケじゃない。キロ当たりの売り上げ……つまり収入÷営業キロという観点で言うと、大手私鉄12社で後塵を拝しているというのが名鉄の現状なのだ。理由は簡単、クルマ依存社会名古屋が土俵だからである。広い道にデカイ駐車場。クルマで行ければクルマで行くのが人情であろう。しかして交通事故死日本一という刃傷の地なのがまた名古屋・愛知なのだが。

ツリカケ電車が頑張ってるのも、手を変え品を変え「新車」を導入してくるのも、全部涙ぐましい努力の表れなのである。当然テキトーに造ってくるわけが無く、それなりに「魂」こもった車両たちであって、勢い、共鳴と愛着が湧くのである。

ちょっと誉めすぎかな(笑)

てなわけで限られた範囲で限られた数しか売れず、畢竟高い、かなり高い、いや相当に値段の張る電車達なのであるが(toGM)、それでも俺たちが買うことでちったぁ権利の使用料とか名鉄サンの足しになるかと思うと、それならまぁいいやコレクションに加えてやろうかと思う夏の夜なのである。

いいから頑張れ。名鉄。

2008年7月14日 (月)

指令:俺のケツを冷やすな

ぷちっ。
「おうっ」
ぶすっ。
「あうっ」

これはオレが本日病院で受けた治療の概要である。腰が重いと愁訴した折りの痛み止めの注射だ。
「ブロック注射で貧血起こして以来トラウマ」
と泣いてアピールしたにも関わらず、医師は「あーそですか」とオレのケツに次々注射針を何躊躇無く遠慮無くブッ刺した。
まぁそういう次第である。
「冷やしてはいけない」
理由。腰椎椎間板ヘルニアは、その様態故に血行障害を起こし、座骨神経痛に至る。冷やすと余計血行が悪くなる。
「腰にカイロを忍ばせてですね」
おいおい。
Aho
カイロ?
「冷やすのが一番良くないんです」
「保温と静養……」
「そうそう」
とまれチーム-6%冷房温度は28℃♪のおかげで股ぐらに湿疹作った男である。温めるなんざ命に関わる。
……。
ウム判った。とりあえず冷やすのは止めよう。問題はその後だ、股ぐら大明神森の木陰をどうやって冷却するか。まず股ぐらおっ広げで座るのはヨシとして

案1:制汗スプレーを往々ぶっかける
股ぐらが爽快な男

案2:市販汗パッドを貼る
見栄えが……←誰が見るんだ

案3:熱さまシートを貼る
コストが……

案4:会社の机にあるこれを使う
Qra210_qrk560
冷えすぎだ

案5:地球に優しくというコンセプトを買って
P7140241
コンセプトだけじゃしょうがないんだけどさ。

懊悩と逡巡の日々。←言われたのは今日だ

……以上。ちなみにここまで読まれたアナタは、←情報バー検索窓を使って、このブログで「俺のケツ」と検索していただくと、俺のケツの辿ったグレートジャーニーが追跡できる。

2008年7月13日 (日)

久々に本を買う

Baka
ヲタ本や学術書じゃないのは本当に久々だ。
……これもある意味ヲタ本だが。

しかし濃いね。濃密。そして、日本人が、いかに自然や人の心自体に、畏怖と人智を超えた「何か」を感じていたか。氏の文体が早いこともあって巻き込まれるような感覚を受ける。
日本人はただ単に目先の物欲や情報化社会に目を奪われ、「こっちの世界」を見ていないだけかも知れない。

2008年7月12日 (土)

ネットできてカメラ付きで音楽聴けてテレビも見られる電話vs電話も出来る携帯情報端末

P7110235
あいほん?あいふぉん?オレが聞いて思い浮かべるのはこれだ。
どっちでもイイが食指が動かない。インタフェースの斬新さと、まぁパソコンから定評のデザインセンスは評価するが、イザ自分が使うとした場合、どうか。
映像見るならネットでぶっこ抜くよりテレビ(ワンセグ)の方が有用な気がするし、わざわざ探して見たいような映像コンテンツはそれなりのシアターセット持ってるわけで。
文字通り「携帯電話」がベースで、+ネット+カメラ+音楽+テレビと進化融合する様を見てきた側と、「みんな携帯端末なら一緒くたになってる方が楽だ」って意識の違いだろう。音楽再生についても然り。家庭用高品質を如何にスポイルせず持ち出すか、に視点があるので、「コンテンツの一つ」にされると眉をひそめてしまう。16ビットリニアPCMって知ってるかい?
「2台?効率悪~」「アタマ古いよ」
何とでも言え。
P7110236

>ココロ
Doaho
それ悪趣味。


2008年7月11日 (金)

ギブアップ

疲労の理由が判った。
腰しんどいの我慢してるからだ。

てなわけで今日は店じまい。

2008年7月10日 (木)

だるい

眼精疲労かナニかわからんが疲れやすい。
今日も手抜きブログだお( ^ω^)

早く寝よ。

……リソースの無駄と言わんでくれ。それは判ってる、判ってるんだ←ホントに無駄だよ←この程度でここまで引っ張るなオレ

>ココロ
Aho
どんなんぞ。その深遠な日記は。

2008年7月 9日 (水)

今日の発見

牛乳をコップに入れて飲むと、どう綺麗に飲んだつもりでも、どうしても少しだけ残りますわね。
めんどいので、娘がそうやって飲んだ後に、そのままポカリスエット突っ込んだですよ。ええポカリスエット。

どんな味したと思います?

「カルピスだっ!」

おやすみなさいませ(^^)

2008年7月 8日 (火)

かったるくなってとっととかえる

少し残業する気でいたが、暑気あたりか、薬色々食らって肝臓がへばっているのか、だるいので5時で帰った。
ブログも手を抜いた。


……ホント手抜きだ。こりゃ「オレメモ」だ。

2008年7月 7日 (月)

星祭りの夜に環境負荷低減を真剣に考えてみる

ぶっちゃけ。
人類が使うエネルギーの形態で「電力」で賄えないものあるか?
熱・光・動力。
人類のエネルギーの使い方はこのどれかになると思うがいかがか。
電力の最大の課題は「それを蓄えて持ち運ぶのにエネルギーが必要なこと」だが、これは変換効率向上(消費低減)と蓄勢技術の進歩、「補いながら使う」技術の確立でどうにかなるだろう。それに何より、電力の利点は電力に戻せること。石油は燃やせばそれっきりだが、電気は再び電気に戻る。「お金」がいろんなモノになり、いろんなモノが「お金」になるように、電気はいろんなモノになって還元される。しかも特に「熱」を還元できるのが最大の利点だ。何であれ、消費されたエネルギーは最後に熱になり、熱は多く周囲温度との中間点に向かって拡散し、取り戻せない。要するに一方通行(エントロピー増大の法則ってヤツ)だが、電気はこの一方通行に待ったをかけられる。かき集めて高圧蒸気を作ってタービン回すもヨシ、熱電変換(ゼーベック効果)素子などという直接電力に戻す気の利いた素子もある。
人類は「お金」で産物を融通するシステムを構築した。だったら電気でエネルギーを流通するシステムも構築できると思うがいかがか。こういう時だけ都合良く「発展途上国」を自称する地球人口の1割強を持つ国があるが、何をそんなにシャカリキになって化石燃料に固執したがるのかオレにはワカラン。最初から電化してしまえば無駄と弊害など端から考えなくて済むではないか(品質工学)。
それから、アフリカの貧困。いやマジでその雨降らない砂漠にPVパネル(太陽電池)敷き詰めたらいかがか。レアメタルや石油の有無で貧富が決まる。そこに電力で道を開くのだ。電気はヒモさえ繋いでおけば取り出せる。売ればよい。
電力こそは21世紀の外貨だ。ドルの時代は終わったのだ←ブチ上げたなまたオイ。

ナニ?電気自動車はイヤだ?エンジンフィールを感じられないクルマなんか乗りたくない?な~に、電気自動車のフィールは現行のCVT車に似てくるから慣れておけばよいのだ。え?そうじゃない?回転を体感してクラッチをミートする楽しみがない?電動ポルシェなんか考えたくもないって?
大丈夫だ。水の電気分解で水素作ってメタルハイドライド素子に突っ込んでおけばよいのだ。水素エンジンである。エンジン屋を貫くBMWがやってるわい。

それに、H2ロケットや、世界で最もCO2を出すあの国のシャトルは水素ロケットだ。

人類よ、人類こそが手にした電磁気力で失ったモノを取り戻そう。

2008年7月 6日 (日)

ダビング10

4日録画分からウチのレコーダにも「10」なんて表示が付くようになった。1年前のレコーダなので対象外かと思っていたが、どうやら対応していたようだ。
しかしタイムシフトでわんさか録画してはいるが、そこから番組を板に焼くことはあまりない。「空耳アワー」と鉄ヲタ番組を抜くくらいだ。アニメもドラマも1度見れば充分、そんなのばかりだ。逆に言えば作りが単純なんだろう。人のこと言えないが。
しかし10回だけ、ってのもヘンな話だ。ぶっちゃけ、人様の著作物で悪いコトしようとする人は何をどうしてもそれでナントカしようとする道を見いだすし、そうでない人はお気に入りを1回焼けば終わりだ。まぁ保存用と視聴用と2枚焼きたいという人はいるとは思うが。
課金問題がややこしいのはその辺なんだと思う。マニアと呼ばれる人種はガツガツ残すが、同時に「に、値するか?」の判定基準も高かったりする。録るだけ録ってつまみ食いしてイラネ。その確率が高いのもまたマニアだ。要はごく一部の悪い人間のために真面目な人が割を食う可能性が高いのがこの問題の真の問題と言える。だったらいっそのこと、板に焼く時はレコーダにICカードかざしてナンボか取る、というシステムにしたらどうだい。
あと、テレビ局やお店は必死にこのシステムの優位性を語るが、知ってる人に説明は要らないし、知らない人には尚のこと判らないのがこの手のデジタルシステムのこれまた問題点だったりする。

しかしホンマに「ただ、テレビを見る」だけのユーザー層に、こんなOSで動くようなシステムが必要というか押しつけるんかね。とりあえず団塊に属するウチの両親は番組表からヒョイヒョイセレクトして録画する術を身には付けたが。義父も大丈夫だとは思うが。

2008年7月 5日 (土)

東海北陸自動車道開通に寄す

生活基盤の整備をおろそかにして道路だけ造っても意味はない、と以前書いたが。
この東海北陸道については取り立てて文句は言わぬ。鉄道ヲタ的には高山本線の最強ライバル誕生となるわけでいささか歯がゆいが、そんなものJR倒壊が新幹線にうつつを抜かして放置していた側面もあるので、目ェ醒まさせる程良いカウンターパンチになるのでは程度に捉えている。飛騨高山抱えてるからって親方日の丸でハナクソほじってると痛い目に逢うよ。
最も、元より鉄道と道路では物流における役割が異なる。
「大量に確実に」は鉄道であろう。対し道路は「きめ細かく臨機応変」だ。ここに「速度」という要求項目を加えた時、鉄道は新幹線や列車の高速化が対応し、道路は高速道路が対応するのである。
Aho
Baka
やふちずでは繋がっていて、ぐーぐるまっぷで途切れている部分が、今回開通した区間である。
Doaho
更に白川郷周辺を拡大した。このように「隣町へ行く」だけでも九十九折りの峠越えを要求されたのがこの地域だ。びょうびょうたる荒野の一本道に平行してスカスカ高速道路を造るのは感心しないが、こういう地域にはあった方がよい。実はトンネルでぶち抜くというのは時短の効果のみならず「その中に雪は積もらない」という重要な事実がある。そして当然、高速道路の存在は「第2ルートの形成」を意味する。すなわち生命線を太くするという深刻で重要な役割がこの開通にはあるのだ。何でもかんでも道路建設に反対という立場ではない。
また、この道路は都市フィーダー線というより、都市間直結、横断の意味合いが強い。フィーダーでは都市から遠くなるにつれ利用量は段落ちし、スカスカ区間が生じるが、これはそうではない。名古屋と日本海側という拠点間を連絡し、途中この山岳地域を通ることによって、日本海側-太平洋側。山-海。名古屋圏-周辺都市圏という幾つかの「人と物の流れ」を生み出す。シナジーが容易に想起できる。こういう道路なら、あっていい。

名古屋-富山240キロ。

「え?」
この数字以上に両地域間に距離感を感じる人はどっちのエリアでも多いのではあるまいか。そう、その距離感を生み出していた物こそは高速道路の不在だ。実際にはこの程度だ。名古屋から見ると諏訪に行くのと大して変わらない。高速道路なら容易に時間が読める。午前に出れば昼には着ける。
……誰ですか2時間だなとか言ってる方は。根本80キロ制限で途中6割は片側1車線区間ですよ。

2008年7月 4日 (金)

温度は夏

朝出勤しようと家を出て見つけたのはぺっちゃんこになったクマゼミ。
おいおい初ものなのにいきなり交通事故かい。

ちなみに件のモンシロチョウは天国へ飛び立った。明日はサナギのまま出てこられなかった2匹を、同様に天国へ送るつもりだ。

名古屋も都心部警官がウヨウヨしている。ウヨウヨ。

2008年7月 3日 (木)

最近判ったこと

処方されている精神安定剤は効いているらしい。
元来せっかちだが、そこが適度にセーブされているようだ。

それから睡眠不足。
7時間も寝れば充分と思っていたが、現行日々蓄積される疲労のリセットにはそれでは足らないらしい。

まぁパソコンいじりに冷房28度じゃ身体には悪い罠。

阪神の3タテを見届けたところで今日は早く寝る(*^。^*)

2008年7月 2日 (水)

行列を作らず行列を買う

今日の買い物。

電気機関車。
スーパーユーロビート。
カーバッテリーアダプター。
そして
Aho
線形代数。すなわち、行列。
行列。高校時分「代数」や「1次変換」に苦しめられた人あるだろうし、大学の一般教養数学で泣く目にあった方もいるはずだ。そしてどちらもこう思ったハズである。

「こんなの習ったところで何に使うんだ」

Doaho
「こうやって行列使うと連立1次方程式が簡単に表現できるんだぞ」
自慢げに語る数学教員。しらける生徒達。
まぁ確かに、

問 

標準モードで120分録画できるVHSビデオテープに130分の映画を録画することを考える。
なるべく長い時間標準モードで録画し、どうにも足りない部分のみ3倍モード録画としたい。
標準モードで録画を開始した場合、何分録画したところで3倍へ切り替えればよいか。

なんてのは連立方程式だ。だがわざわざ行列で表現して解く人はおるまい。

そんなんだから、当然オレも単位さえもらえばいいや状態で殆ど忘れかけたところであった。
が、仕事で扱うことになった。
出てくるのだ。逆行列とか余因子行列とか。
Baka
最も、一昔前ならこんな計算、絵空事かそれこそ「数学のテストのために」存在してるんじゃ?と思うシロモノであった。実際オレの大学の線形代数の前期試験は7×7の正方行列が2こドーンドーンとあって。それぞれ
「行列式を計算せよ」
「逆行列を求めよ」
だった。しかも学生なら間違った場合試験落ちましたボッシュートちゃらっちゃらっちゃ~んびよよ~んで終わるが、仕事の場合不良品の量産とか人命に関わることになりかねない。

そんな状況を変えたのがロータス123に始まる(あえてエクセルと書かない)表計算ソフトスプレッドシートだ。
要するにあのタテヨコの表はそのまんま行列世界なのだ。
例えば逆行列が関数一発で出せる。n×mの演算は行側なり列側なりを拘束しておいてコピペ一発。
(重要:エクセルの逆行列関数は、小数点演算のケタ繰りの影響で時々ウソつく。ちゃんと元行列とかけ算して単位行列になることを確認した方が良いです)。
このことはアホみたいな数方程式解く「学問」を「技術手段」へ変えた。オレも試験的にマハラノビス演算してみて、実態を反映していてニヤニヤしている(SN比はまだ出してない)。
電子工学はミクロな回路の集合体ICを生みだし、ICは膨大な回路を要求する精密工作を容易にし、現代の情報化社会を導いた。
同じような流れ・胎動を、この行列演算の容易化に今オレは見ている。そしてその最先端に今オレはいる……のか?
Delta
黒猫の三角。

問の回答

標準モードで録画する時間をx分。3倍モードのそれをy分と置く。
映画の放送時間に関しては

x + y = 130 【1】

テープの録画時間は、全て標準モードで録画した、と換算する必要がある。3倍モードの場合3分録画して標準モード1分ぶんなので、3倍モードで録画中の換算録画時間は(1/3)yである。従って、標準モードに換算した録画時間は

x + (1/3)y = 120 【2】

【1】式をxについて解く。

x = 130 - y 【3】

【3】のxを【2】式へ代入

(130 - y) + (1/3)y = 120
130 - y + (1/3)y = 120

移項して整理すると

130 - 120 = y - (1/3)y
10 = (2/3)y
10 ÷ (2/3) = y
10 × (3/2) = y
15 = y

3倍モード15分。従って【3】より標準モードは

130 - 15 = 105

より115分

標準モード115分
3倍モード15分

(終)

まぁ、もう使うことないだろうけどさ。こんな方程式。

2008年7月 1日 (火)

会議会議また会議

「明日空いてます?」
最近毎日訊かれるコト。

確かに「部品の実力」を疑い改善を要求するのも必要なんだろうけどさ。
元よりそんなギリギリで使ってる方が間違いなんじゃないの?

だから根本的に最大効率点設計なのか確認したい。そのための品質工学なんだが。

打ち合わせ打ち合わせじゃ直交表も作れぬ。多分同様に設計が貧困になったんだろうな。ああそうだよ貧乏設計だよこりゃ。ツェナに10ミリも流すなよ。

「で?不良率は下がったのか?」

ぶっ飛ばすよアンタ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック