リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 早口言葉 | トップページ | パキパキ(`・ω・')シャキーン »

2008年9月 3日 (水)

29人のパパとたった一人のお父さん

悲しい話だよ。


今日は計画休暇。寝ぼけ眼には雲間の青い空。
娘を幼稚園に迎えに行って、椎間板引かれに整形外科。ああ水曜か。だったらバレエの送り迎えも。娘がいない間に列車転がしてうだうだして。「女神」更新しないとね。そんな予定。

電話。妻が取った。

「幼稚園お休みだって。大雨警報なんて出てる?」
雲間の青空。しかし、昨今のパターンはそれが晴天を保証しない。
「レーダー見てみ」
何度も紹介している気象レーダー
「雲はあるけど……ずっと南の方」
「上がって来んじゃね?横の方のメニューに警報注意報ってあんでしょ」
「あ、出てる」
「その雲が来るって気象庁の読みなんだよ」
とまれ、これで普通の休日に条件が等しくなった。娘と遊ぶか。

電話。再度妻が取る。休みの話の別ルートか。

否。
「え?うそ……」
悲痛な妻の声。
事件が起こったのだ。
幼稚園の友達のお父さん。労働災害で命を落とした。
36歳という。夏前に3人目の子が生まれたばかり。
事故自体は、動力装置のスイッチを切らずに調整を行い、動き出した機械によって、という、こういう書きた方はしたくないが「多いパターン」。
「あのお宅、お爺さんがこの間亡くなられたばかりなんだよ……」
事情を知る妻が涙を見せ、つられるように娘も泣き出す。

神よ、あんた残酷だ。

程なく驟雨となる。南から上がってきたその雲が市の上空に達したのだ。叩き付ける雨音を聞きながら、黒い服や、お香典の袋。娘の靴のサイズの確認。
5歳で父を失うということ。
妻子残して世を去るということ。
前記したように「パパが迎えに来る」パターンも見られる幼稚園である。でも、その子を、お父さんが迎えに来ることは、もう永遠にない。
その子が、父の死という事実と、もたらす現実の意味を知るのがいつかは判らぬ。ただその時が来たなれば、オレたちパパは多分、笑顔で子どもを迎えに行くのが苦しいだろう。
「パパのように」は振る舞えるかも知れない。なれば、29人のパパがいる。
ただ、お父さんそのものにはなれない。
でも、それしかできない。

顔違うけどよ。
声違うけどよ。
腰痛持ちだからパワフルな身体使った遊び苦しいけどよ。
いつでもおいで。

バレエの送り迎えをした後、夕食作りを手伝う。
妻は、オレが休みでいてくれて良かったと言った。
その子もそのお母さんも知っているのだ。そればかり考えてしまうだろう。さもありなん。
オレが休みを取った日に。
何なのかこの同期性は。
書いてたら何だか腹立たしさと悔しさがこみ上げてきた。
なぜかって?
何にって?
だって基本さえ守っていれば防げた事例だと思うからだよ。オレ自身書いたように「労災」やったばかり。紙一重なのさ。

指差唱和

機械操作時の停止確認よし。

敬礼

« 早口言葉 | トップページ | パキパキ(`・ω・')シャキーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早口言葉 | トップページ | パキパキ(`・ω・')シャキーン »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック