リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« イスラエル問題【3】 | トップページ | precure meets accuphase and DSP-Z11 »

2009年1月 9日 (金)

イスラエル問題【4】

歴史書をコピーするのも面倒くさいが、そんなわけでこの土地は多様な民族に十重二十重に支配されている。更に権力と宗教と民族が混然となって正当性を主張している。これは譲り合わない限り結論が出ず、譲り合いこそが唯一の結論であることを意味する。よくある「原理主義」は、殺人を正当化している時点で全て却下する。どれも殺すための宗教などではない。むしろ聖なる戦いとはそうした「宗教の名を借りた狂気」を予言し、惑わされるなという意味ではあるまいか。例えばイスラームというと中東でテロでというステレオタイプが出来上がっているが、エルサレムから天界を旅したという預言者は、どう調べても寛大な男という結果にしか至らない。極東の学生の首を切ってサイトに載せるという蛮行と結びつかない。蛮行がどれだけ「原理」を貶めているかあの者どもは気づいているのだろうか。いや、思いを致すくらいなら誘拐して殺す手間を貧しい人のために使うはずであろう。

象徴としてエルサレムに集約されるが、この街は3つの陣営それぞれにとって聖地である。これは聖人と預言者がそのように仕向けたという気がしてならない。彼らは相互に(すなわち過去を)否定したりはしていない。今生きている者たちが勝手に解釈して勝手に戦争しているだけである。

「仲良くしなさい」

単純で美しく、誰にでも判り全てを解決する。これほどのメッセージは他にあるまい。
平和の「原理」として実に理にかなっているではないか。

« イスラエル問題【3】 | トップページ | precure meets accuphase and DSP-Z11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル問題【4】:

« イスラエル問題【3】 | トップページ | precure meets accuphase and DSP-Z11 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック