リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 年の瀬に景気が良く腹のふくれる話をひとつ | トップページ | 本日は全て1等車指定席となっております。 »

2009年1月 1日 (木)

一年の計は元旦にあり

がんたん ぐわん―   【元旦】 元日の朝。元朝。

するってぇと10時起床。モチ食って買い物に出てすぐに昼飯、というオレの一年は。

食っちゃ寝か。

……。

変わらんやん。←いいのか

あけましておめでとうございます。本当におめでたいかどうかはさておき、旬の話題ということで今日は紅白歌合戦について考察を深めます。おめでてぇヤツだなオレ。
皆さん見ました?コレ。

率直な話見る気さらさらありませんでした。ただ、妻がエンヤ好きだし、娘はポニョと「みんなのうた」の影響でアンジェラ・アキが見たいと言うし。
そこまでの感想をストレートに書きます。苦痛。ただその一言。おかしい。こんなに、こんなに痛々しい番組にいつ劣化した。

子どもの頃大晦日にチャンネル権などありませんでした。レコ大→紅白→NHKゆく年くる年が黄金の不文律でした。そうやって12時まで特認で起きているのが最高の楽しみだった。

思えば「ウォークマン」の登場以降、歌はパーソナルなエンタテイメントに変わり始めたように思います。みんなで同じ曲を聴く、ではなくて、それぞれが好きなように好きな曲を聞く。「こんなののどこがいいの?」という反応が出てくるのは当然の成り行きでしょうし、小ヒットがそれなりの数という「薄利多売」系へのシフトは仕方のないことでしょう。「みんなで見られる」には、巨大な吸引力が要求されるのは自明です。曲自体、歌い手自体、その双方が強い吸引力を持たないと「見る気しない」になる。

対し芸能界はプロモーションでどうにかしようとし、NHKは2部構成として八方美人的な陣容としました。
結果数ばかりで質が下がったとは言えますまいか。
アイドルが出てきても注目されるのは曲でも声でもなく外見とお喋りです。「歌」に重心を置いたアイドルなどいない。
それで「歌合戦」……無茶な試みと言われて当然ではないでしょうか。

苦痛、と申しました。上げたお三方以外の全員に失礼に聞こえます。でも実際苦痛だった。
歌唱力のある方もおられました。でも一緒に他人が出てきて妙な演出。そっちが苦痛でした。盛り上げようとする悪あがきにしか見えない。ネットスラングに言う「 必 死 だ な 」です。
そればかりか、巷間人気といわれる、あるユニットを初めてゆっく聞く機会がありました。抑揚のない曲想に凡庸な歌詞しか見えませんでした。圧縮オーディオを常日頃皮肉っている私ですが、あれなら64kbpsでいい。だって主旋律が追えて歌詞が判ればいいんですから。

以前は日本のポップスCDをガラガラ買っていました。今継続的に追いかけているのは渡辺美里くらいです。相川七瀬とかフェイバリットブルーとか手を出したこともあります。そしたらCDの供給が途絶えてしまった。

ウケようとするな。信じるもの歌え。ちなみにアンジェラ・アキが終わったら即寝ました。

>ぱふゅーむ
個性を大事になさいな。上記「苦痛」からは除外しておく。

« 年の瀬に景気が良く腹のふくれる話をひとつ | トップページ | 本日は全て1等車指定席となっております。 »

コメント

あけましておめでとうござりまする。

>紅白歌合戦の苦痛

 禿同。なんじゃあのサルの学芸会然としたC級バラエティ(にもなっとらんな)。と言いながら、こうやって何も見下すものがない国民の鬱憤を、紅白をコキ下ろすことで1年締めくくらせてやろうじゃないかという国営放送局としての義務を忠実に形にしてるのかな、じゃあ見てやろうかなと思って全部見てしまったでわないか!

>ぱふゅーむ

 実はわしも、あの中では普通に見えまねん。

 いやー、それにしても「きよしのズンドコ節」、あの脱力感で〆る素晴らしい演出には脱毛だ。

 何のかんのいいながら全部見たわしの完敗です。

 でわ今年もよろしく。

とおりすがりさんこんばんは。
いやー「手紙」の後は睡眠薬かっくらって寝てしまいました。レコ大といい、「歌謡曲」は遠くになりにけり。


あけましておめでとうございます。

私は紅白みませんでした。 
分かります。
以前にみたときに、これが今の人達が求めているものだとしたら、時代は変わって私はもう楽しめないなぁと思ったので・・・。

子どもの頃の「レコ大→紅白→NHKゆく年くる年 」の黄金の不文律 

きっとどこもそうだったですよね。

過去の電車や、青春の歌や、子どもの頃の話題で盛り上がってしまう私って、ただ年とっただけと言われそうですけど、それだけではないと思っています。

って・・・ こんな年始のごあいさつでゴメンナサイ。

今年もよろしくお願いします。

>pikoさん

こちらこそどうもです。
大体何でもそうですが、結局新しいものイコール合理化手抜きってのが世間の有り様でございまして。金を掛けることと手間を掛けることは違うんですけどね。そして魂に響くのはどちらか、という。

とりあえず惰性的なブログにはならないように←仕事をそうしろ自分。

今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計は元旦にあり:

« 年の瀬に景気が良く腹のふくれる話をひとつ | トップページ | 本日は全て1等車指定席となっております。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック