リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ドコモの端末で音楽を聴くまでの遠く長い高コストの道のりの記録 | トップページ | ソニーらしさ »

2009年1月12日 (月)

日々是音響的悦楽

てなわけで3連休実家詣で。中央道雪に付き東名で悶々と。
ほぼずっとアンプに火を入れていた。普通にテレビ見るにもアンプに回しているのである。「メタモルフォーゼ!」が6発のスピーカから降ってくるのだ。殆どビョーキである。
でもそれがまた心地良い。
のみならずオーディオ的整備にいそしんだ連休であった。母携帯については書いた通りだし、ついでにMDも聞けるようにしてきた。ラジカセと接続する光ケーブル、アナログをラジカセに回すステレオミニジャックのプラグを用意。CDからのダビングとラジカセで聞く方法を伝授。もちろん、つなぎ替えれば携帯の音をラジカセから出すことも出来る。
「あーアタマが混乱する」
脳への刺激はボケ防止。
で、名古屋に帰る最終日、飛脚が持ってきたのがこれだ。
Hi380090
マイルス・デイビス。
後ろの黒いヤツ「ゴールドムントの120万円の中身」にSACDの表示が出ているが、それが目的である。1956年録音のアナログをリマスタリングしたもの。Z11との接続はHDMI、DACもZ11の中のユニットである。
SACDは20kHz以上も含まれていることが何よりのウリだが、そこから想定されたギンギンの解像感よりは、柔らかさと余裕が第一印象。多分大排気量のクルマを100キロ程度で優雅に転がす感覚に近いのだと思う。放射されるエネルギ量はSACDモードの方が多く感じる。情報量は格段に多いから当たり前?
ただ、アナログマスターの悲しさか、音の輪郭にはひずみとビビリがあった。この辺については完全デジタルマスターで再度確認したい。
さてアンプでさんざ遊んで帰路につくが、ここでは娘の退屈しのぎにDVD再生を行った。「秘密の花園」(1993年ワーナー)である。吹き替えバージョン(2CH)→IPバスでカロッツェリアX(powerd by GOING)にデジタルで直入。
まず映像的には厳しい。みなしごメアリーの暗い現実描写から始まり、明るい花園へと移るため、夜のシーンが多いのだ。車載の液晶で階調表現力が必要なソースを流してはいけないのである。名実共にアニメ向き。
音は収録レベル自体が低いせいか、ボリューム表示-19dB前後まで引っ張る必要があった。普段高速道路+プリキュアで-48dBであるから、ゲインはメチャ高い。しかし歪むでなくクリップするでなく、ロードノイズに負けずキチンと出し切ったのは流石と言うべきか、デジタルだから当然、なのか。
さぁ明日から仕事。しかし音悦楽は明日も続くのである。

« ドコモの端末で音楽を聴くまでの遠く長い高コストの道のりの記録 | トップページ | ソニーらしさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々是音響的悦楽:

« ドコモの端末で音楽を聴くまでの遠く長い高コストの道のりの記録 | トップページ | ソニーらしさ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック