リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ♪真っ赤だな | トップページ | だらだら2月入り »

2009年1月31日 (土)

ゲームの功罪4

最早ゲームを「避けて」行くことは不可能であろう。どうやったって子どもの目に入るわけだし、羨ましがるし欲しがる。「あいつだけが持っている」のと「あいつだけが持っていない」のとではワケが違う。超然性が必要と書いたが、子どもはそれを持たない限り、「持っていない」をずっと言われ続ける。劣等感を抱かずに済むのは稀だ。どうしてもと言うなら、他に夢中になれるモノを見つけるより手はない。

そうでないなら、「あるもの」として受け入れ、つきあい方を模索する方が、楽だしポジティブではないのか。

てなわけでオレサマ的結論である。まず、ゲームで第一にやり玉となる夢中になりすぎる云々は、親子の約束とすべき次元だ。先に書いた携帯電話の扱いと同じである。約束を守るのは大人の一歩。第一、のべつゲームしてる人は見苦しい。ダサい。

そして、功罪の罪への防塁。それは
「所詮、ゲームはカリカチュア」
と判らせること。世の中をモチーフにちょん切って制限付きで押し込んだのがゲームの中の世界なのだ。どんだけ名作と呼ばれるゲームであっても、自然そのものに比べたら遙かにツマラナイ。
こう書くと開発担当さんには屈辱かも知れないが、スケールもバリエーションも要するにみみっちい。「可能性」なんて視点で書けばゼロだろう。そんなモノ「だけ」、それ「しか」夢中になれないなんて、可哀想以外の何物でもない。
裏返せば、徹底的に自然に触れさせろ、ということになる。機械的にエサをやっても虫は育たない。身に覚えが無くても死ぬこともあるし、死んだ命にコンティニューはない。
ゲームの延長線に世の中を見ると、ゲームの外伸でしか捉えられず浅はかになる。対し足元から空の上まで見ていたならば。

ゲームは全部やっちゃえば終わり。自然は知れば知るほどもっと面白くなる。そして人は自然の全てを知っているわけではない。「人類は地球を踏破したつもりだが、知のフロンティは広大無辺」とか書いてる雑誌もあった。
君にゲーム機は宝箱に見えるかも知れない。でも君は、実は有限だが果てのない宝箱の中に暮らしている。
そのことを知るのは簡単だ、振り向いて、見回せばいい。

オレは君の「おとうちゃん、なんで?」が好きだ。

(おわり)

« ♪真っ赤だな | トップページ | だらだら2月入り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの功罪4:

« ♪真っ赤だな | トップページ | だらだら2月入り »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック