リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« precure meets accuphase and DSP-Z11 | トップページ | 日々是音響的悦楽 »

2009年1月11日 (日)

ドコモの端末で音楽を聴くまでの遠く長い高コストの道のりの記録

…長いタイトルだなオイ。 母親(娘にはばあちゃん)よりリクエストが2つ。
・携帯電話を新しくしたい
・音楽を手元で聴きたい
母親の現有電話は「F881」…「らくらくホン」である。簡単で表示もでかいが、やりたいことは限られる。特にメモリ容量に起因する画像保存の制限や、ワンセグ非搭載は大きな不満だったようだ。 ならば、最新型のオールインワン携帯にすれば、全て解決するではないか。あう使いに転身したオレはW43Hの経験から単純にそう思った。

ここでまずW43Hの経験を書く。買うと端末本体以外にUSB接続ケーブル、CD-ROMが標準で付いて来る。買い足したのはSDメモリカードチップと、ヘッドホンを接続するための変換アダプタ。 CD-ROMには携帯と通信するためのドライバソフトと、メモリ管理ツールが入っている。これらをインスコすればアドレス帳は勿論、音楽データをCDからコピる事もできる。つまりSDカードとアダプタを買えばヘッドホンステレオが成立する。 対しドコモはどうか

Hi380088
NTTドコモN-02A
「らくらくホン」ユーザが一足飛びアッと驚く最新鋭フル装備端末である。「薄い」という理由でこの機種。「ボタン表示の数字の見やすさ」でこの色。5万円。それでも我が輩の愛したN101の半額である。実はボタンの見やすさは03の方が上なのだが、機能がバッサリ。「帯に短したすきに長し」ドコモの伝統(もちろんイヤミですよ)健在である。…オレがドコモに惚れ直す時は当分来ない。

さぁ、端末手にして目標は「携帯音楽プレーヤ」にすること。

・パソコンとの接続

手段1:USB接続→専用ケーブル買え
「在庫在りますか?」 「ないですねぇ」
だめじゃんか

手段2:SDカード利用→著作権保護機能付きSDカードリーダライタ(買え)+音楽転送ソフト(ダウンロード販売なので買え)

・ヘッドホンとの接続→変換コネクタ購入

パソとの接続は否も応なく2となった。最も、カードリーダライタでデジカメのデータ吸い出しは現在でもしているし、端末でのSDカードへのアクセスはフタを開けるだけで容易だ(あうでは電池の下)。
携帯を転送モードにしてWMP(うぃんどうずめでぃあぷれーや)で音楽データのビットレートを変換して…とやるより、カードを挿して専用ソフトで曲リストから選んでコピーの方が判りやすく、孫ある身には理解できる限界であろう。

ハードそろえてソフトを入れて、カードを挿して音楽CDようやく登場。

何とここまで端末選んで24時間経過。手段が2通り有り、ハード・ソフト・手順…。
買って初めて2通りあると判りの。コネクタの構造を知りの。著作権管理システムの存在が判りの。買い揃えのインスコしの。
あのなぁ、Z11でマニアックなフォーマットのメディア再生しようってんじゃねーんだぜ?
ケータイに192bps圧縮音突っ込むだけだぜ。

どんだけ手間とカネ掛かるんだよ。

ちなみに「音楽プレーヤとして使いたい」とはドコモ店員にも言ったが、手順とハードとソフトの説明は全く要領を得なかった。出てきた言葉は「お支払い方法はどうしますか?」「料金プランはこうなってますが」「こちらお入りになりませんか?」ドコ向いてナニ言ってんだよ。カネ出せカネ出せカネ出せ。ああ、時間当たり何人相手にするかの方が大事だろうよ。あんたにはね。…オレがドコモに惚れ直す日は更に遠い。

さてCDから楽曲を落とした。ここまでで半分だ。再生をしたいのである。 Hi380085_2
再生。あうならアイコン並んだメニューからSDカードにアクセスしてデータ→ミュージック→PCフォルダ…で、楽曲のリストにたどり着き、ボタンを押せば音楽が聴ける。
あるいはメニューから音楽を選んでも良い。ミュージックプレーヤ→全曲リストで同じ画面に行き着く。
Hi380087
対しN-02 まず「らくらく」風のかんたんメニューにしておくと音楽再生は不可能。アイコンリストにせざるを得ない。 「文字サイズを中に設定しますか?」 イエスにしないとこうならねーんだ。 メニュー→データbox→ミュージック Hi380084
…CDからコピるとどのフォルダに入るんですかね? SDオーディオでいい?。あ、あった。ちなみに、ダウンロードした「着うた」なんかは、「移動可能コンテンツ」に書き込むと、SDカードに書き込まれる。判らんべ? 再生方法その2。メニュー→ヘッドホン型のアイコン→ミュージックプレーヤ
Hi380084
…あら同じ画面だわ。

「音楽を再生したい」それだけである。何でこんなに複雑怪奇な手順・階層にせにゃならんの。
とまれこれで電話とメール・ネット使った曲落とし・音楽再生・ワンセグと、主機能ほぼ使うことになる。それでも分厚いマニュアルの一部分にすぎないし、これだけしかやらないのにマニュアルのあっち見てこっち見てハードそろえてソフトそろえてインスコして…はぁ、はぁ。理系なんだぜ?オレ。

0点。何でも出来るがバカ。但しメカに罪はない。

あのさぁ、ユーザーインタフェースのとりまとめやってるドコモの中の人、誰?

« precure meets accuphase and DSP-Z11 | トップページ | 日々是音響的悦楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« precure meets accuphase and DSP-Z11 | トップページ | 日々是音響的悦楽 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック