リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ないないあるある | トップページ | 娘にとっては人生の半分 »

2009年3月13日 (金)

はなれてつながる

卒園式。
キリスト教(プロテスタント)系であるから「つながり」は大切にしている。神が、イエスが見守るという視点は、魂のつながりが前提にあるからである。
妻と娘がえぐえぐしている後ろで、インカメラ編集状態でクールにビデオカメラを回すオレサマ。
諸手続で頭がいっぱいというせいもあるが、この転勤余りセンチメンタルな感情は生じてこない。子どもの頃から「転勤・引っ越し」に慣れていてすれっからしという説もあるし、端的には「在所」に戻るに等しいというせいもある。そもそも鉄道ベースでその土地を見ているので、何処行っても勝手が判らず狼狽えるという事態はまずない。
しかし多分、この感情の最大の根源はこれだ。
「じゃ、この写真メールで送るから」
電子メールとインターネット。
人はコミュニケーションを求め、他の動物に比してずば抜けたそれによって「群れとしてのシナジー」を獲得し、繁栄を築いた。人と人のネットワークに礎を置くキリスト教の概念は、この人類原点の転写を意味し、ゆえにここまで広がったと解釈できる。
勝ち負けで語られる、生き馬の目を抜く現代社会において、こうした人の「群れ」性は失われてきたかに思える。しかし「ネット依存症」のコトバに示されるように、バラバラにされたからこそ、それを繋ぐネットワークに人は集まり、「ことば」に主眼を置いたコミュニケーションにシフトした。
リアルは群から個へ。
代わりにヴァーチャルは群へ回帰。
これもパラダイムシフトと呼ぶのであろうか。
言われる罪はいろいろ多い。しかしヴァーチャルのネットワークはリアル光速で人々を結ぶ。それは人の心と心を触れ合うことなく直接繋ぎ、距離があっても時間は要らない。
「目には見えなくても繋がっているわけだし、会いたくなったら新幹線に乗ればよい」
立ち現れたのはそんな物凄い自己認識。ああ、だからオレは感傷的にならんのか。

娘が卒園祝いにもらった聖書。
保育中に引用した聖句全てに赤鉛筆が入っている。卒園児全員分に手作業で引いたのである。

新約よりこの幼稚園の基本コンセプトであろう一節を引く。

「あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい。-光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。」
(エフェソの信徒への手紙/5章8節より9節まで・新共同訳)

-千葉には「のぞみ」で行くけどな。

※いわゆるテレパシー能力をこの「つながり」の顕現と解釈し、解説する向きもある。すなわち神というホストコンピュータであり、個々人というネット末端のコンピュータである。「つながって」いる。だから、「わかる」という説明である。

« ないないあるある | トップページ | 娘にとっては人生の半分 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はなれてつながる:

« ないないあるある | トップページ | 娘にとっては人生の半分 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック