リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 東京で、お金で、買えるモノ | トップページ | ららぽ詣で »

2009年4月25日 (土)

「それ何」と「何それ」の違い

「オレサマは愛に溢れた男でござる」

など、しょうもない発言にツッコミを入れる場面を想定していただきたい。

「それ何ぃ」

と、妻はツッコむ。アクセントは「な」に置く。ちょっと怒りをはらませる。「いぃ」は半音上げる。
到底承伏できませんという意味になる。名古屋の物言いである。

で、オレとしてはトホホになるので。

「何それぇ」

と、途方に暮れる。眉毛ハの字にして「それぇ」は力抜いて惰性で言う。
理解できませんガッカリですという意味になる。江戸の外れではこう言う。

結果千葉県でこういう夫婦げんかに発展する。どっちがどのセリフか当ててごらん。

「『それ何』って何それ。『何それ』だろそこは」
「『何それ』だろてそれ何。『それ何』でしょ」
「何それ。『それ何』って怒ってるみたいじゃん」
「怒ってるってそれ何」
「何それ。怒ってるじゃん」
「それ何~」
「何それ~」
「うー」
「うーってそれ何。ぶー」
「ぶーって何それ。ここ名古屋じゃないから。千葉県下だから」

端から見れば痴話げんか。
これがホントの「ちばげんか」。

……。

「それ何」でも「何それ」でもお好きな方で突っ込んで下さい。私は逃げます。

« 東京で、お金で、買えるモノ | トップページ | ららぽ詣で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「それ何」と「何それ」の違い:

« 東京で、お金で、買えるモノ | トップページ | ららぽ詣で »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック