リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« メトロポリスの片隅で | トップページ | アフターバーナー »

2009年6月17日 (水)

八重歯の血脈

わけあって縄文人の骨格を見ている←どういうツカミだ

弥生人と比較される彼らだが、似ている→弥生人は細面→縄文人は背は低いがガッシリ、と少しずつ表現が変わってきている。

胴体が短くて相対的に手足が長い。

記紀にあり歌舞伎で知られる「土蜘蛛」が、穴居民族でそうした身体的特徴を備えた縄文人を捉えたものだ。……良くある説。まぁそれはそれでいいや。

さて縄文人、第三臼歯すなわち親知らずがしっかり生えていたそうである。追って大陸由来の弥生人と混交を経て「日本人」に落ち着いて行くのであるが、弥生人は細面。

細い顎にしっかり歯並び→生える場所無く八重歯必定と
まして野性の必然性が減少した現代人である。使わない器官は退化するのが地球生命の習い。
斯くて娘の乱ぐい歯を見て歯科医は一言こう言ってのけたそうな。

「遺伝の面もありますからね」

で、前歯の乳歯が抜ける前に、本来抜けてから顔を出すべき永久歯が生えてきたと。
歯科医に行ったらビンゴ。現在中切歯が3本あります状態と。
「注射して(麻酔)抜きます」
びびってます。娘。
「矯正必要かもね」
「幾ら掛かるんだろう」
びびってます。親。

オレ、ダブル八重歯←要するに遺伝的犯人

« メトロポリスの片隅で | トップページ | アフターバーナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重歯の血脈:

« メトロポリスの片隅で | トップページ | アフターバーナー »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック