リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 妻は全身を刺され、夫は骨を | トップページ | SSRI »

2009年6月20日 (土)

玄米

「5kgで2000円のがあったら買ってきて」
勇んで買った米袋。妻が早速封を切って「あっ」

「玄米じゃん」

ウワサはいろいろ聞く。固いだ不味いだ。しかし古代人雑穀入れて食ってたわけで。
玄米にあって白米に無いもの……「ヌカ」の正体はビタミンB1。オリザニン。後者は日本の鈴木梅太郎の発見。彼はB1欠乏による足の病「脚気」に玄米が効くことに気付き、抜き出すことを試みた。成功したが注目される前にビタミンBの名が先に付いた。

逆に言うと末梢神経(五感や筋肉の制御に直接関わっている神経細胞)の働きを活性化するわけで、血の巡りを良くして老廃物の処分を早める。

喘息という診断をもらってきて、野菜嫌いな娘。
妻の肩・腰は勿論、
オレの腰や座骨神経痛にも良いのである。

「そのまま食ってみよう」

炊飯器玄米モード。5時半に仕上がり予定で3時半に炊飯器起動。

「早すぎない?」
「そうかな?」

タイマー炊飯指定しても即座に起動する。要するに時間が掛かるのである。
炊飯中のニオイは相当なもの。換気扇を使用。

「保温禁止」
「ええ~!」
「ニオイが付くから」

出来上がった茶色飯。妻の主義(趣味?)で麦だの古代米だの雑穀だの、それこそ玄米も混ぜて炊くことは良くあるが。
フルチューン玄米は初めてだ。
しゃもじで切った感触は言われる「固い」のイメージなし。ちょっとお焦げもあったりして。

茶碗によそって食う。

充分に柔らかいし、別に不味くはない。娘も積極的ではないが嫌がる風ではない。
気付いたこと。自然に良く噛む。
理由、日本人のDNA……だったらカコイイが恐らく違う。柔らかい中に固いつぶつぶ(胚芽)が混じっている。本能的にそれを噛み砕こうとするらしい。

良く噛めば早食いを防止できる。
良く噛めば麦芽糖が出て甘くなる。
歯も鍛えられる。乱ぐい娘に必要なこと。

良いことずくめではないか。

あとは継続できるかどうか。しばらくチャレンジ。

« 妻は全身を刺され、夫は骨を | トップページ | SSRI »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄米:

« 妻は全身を刺され、夫は骨を | トップページ | SSRI »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック