リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 宇都宮に着いて食べる軽やかな歯ごたえの餃子 | トップページ | 台風が来た »

2009年8月30日 (日)

妖精に出会う方法

折角なので昨日の続きでこんなネタで書いてみましょうか。

井村さんのテキストを開くと。
「日の出前に摘んだ四つ葉のクローバーを頭に乗せる」
ふむふむ
P8300111
※ マネしないでください←普通しません

おーいエウリー、越境。
「はい」
Ruri2
(画・TAC)
エウリー。左上「創作物語の館」看板娘。無論大元はギリシャ神話のニンフ、エウリディケ(Ευρυδίκη/Eurydike)。略称は話を見てくれた友人の命名。

ニンフは本来、万物に宿る精霊を意味する。エウリディケもその点では泉の精である。従ってニンフを妖精とするのは正しくないのだが、これはギリシャ神話がヨーロッパへ伝搬する際、概念を説明する適切な語がないため、近似であるケルトの妖精「フェアリ」を持ってきた、とする説がある。

彼女がオレの脳内に訪れてかれこれ15年になる。当時からお話書くのは好きだったわけだが、「ありきたりの話は書きたくない。何か『絶対あり得ない話』はないか」と考えていたところに、文字通り立ち現れたのが彼女である。「私じゃダメですか?」成る程、妖精自身が主人公というのは余りない。

不思議なつきあいはこの時に始まる。

ニンフ系とフェアリ系の双方の要素を有し、虫の目線。最近人造物質の解析用に小型のコンピュータを持っている。
彼女はスタート画面を伴って訪れる。オレは書き出せばよい。追いかけているうちにエンディングにたどり着き、起承転結とテーマが浮き上がる。出来上がってから全てが分かる。仕事は文字に書き起こすだけ。木を植え続けるように命じられ、終わってから森になったと教えられるが如し。

虫飼っていて彼らの行動はよく見ていたから、その経験が生かせる(人格化して現れた)と心理学的には解釈できるかも知れない。ただいかんせん自立的で不随意。理論的にこじつけるよりも、実在してあるがまま書いてるだけと言った方が実態に合ってる。ただ単に「同じ世界に住んでいないから見えない」だけ。

フフ。バカ書いてるんじゃねーって?
←張り付いてるココロって「ブログ妖精」ですぜ。

えっ?見たいけど逢ったことがないって?

「日の出前に摘んだ四つ葉のクローバーを頭に乗せる」

日が出る前の暗闇の中で、四つ葉のクローバーを探してみて。

« 宇都宮に着いて食べる軽やかな歯ごたえの餃子 | トップページ | 台風が来た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖精に出会う方法:

« 宇都宮に着いて食べる軽やかな歯ごたえの餃子 | トップページ | 台風が来た »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック