リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 思うところ一つ二つ三つ | トップページ | 身から出たサビ »

2009年9月 9日 (水)

どうせ行くなら他の星

小型ソーラー電力セイル実証機(IKAROS)の計画概要

平成21年9月9日
宇宙航空研究開発機構

本日開催された宇宙開発委員会において、下記のとおり報告をいたしました。

http://www.jaxa.jp/press/2009/09/20090909_sac_ikaros.pdf

いや~「光子推進」リアルに来ましたねぇ。
人類が本気で科学的に「太陽系外へ行こう」と考えたのはダイダロス計画と言って。
要するにロケットを水爆(トリチウム爆弾)ドッカンドッカンやって加速させようって代物。まぁ技術的には可能だけど、結局画餅。

一方で現在の理論上究極と考えられている推進システムが「反物質燃料による光子ロケット」である。
燃料を全部「光」に変換し、その強力な光線をロケットに当てて進ませようという物だ。このうちの「光を受けて進む」部分を実際に衛星推進に使おうというのが今回のイカロス計画(Interplanetary Kite-craft Accelerated by Radiation Of the Sun)である。推進用の光線はお天道様から頂戴する。曰く太陽帆船ソーラ・セイル。

しかもこのセイルは太陽電池にもなっている。従い、進みながら発電できる。これで衛星の動作電源をまかなうほか、将来的には得た電力でイオンロケットエンジンを駆動し、木星観測ミッションに使う予定だそうである。

ちなみにこの「光の帆」は折りたたんで持ち出され、宇宙空間ではくるくる回転しながら遠心力で開く。
差し渡し20メートルの人類の夢がひとつ花開く。

« 思うところ一つ二つ三つ | トップページ | 身から出たサビ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうせ行くなら他の星:

« 思うところ一つ二つ三つ | トップページ | 身から出たサビ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック