リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« アキバのサンタは皆スーツ | トップページ | 娘の認識 »

2009年12月11日 (金)

これも格差

ここ数日、日に4~5件というペースで鉄道人身事故が起きている首都圏。
子供へのプレゼントがデカすぎるので、伴なう混雑に迷惑だろうとグリーン車に乗りました。
という、こっちの格差は良く言われていること。

今日は実はこれも格差の一つじゃ、という話。

タレント・歌手の薬物スキャンダルが後を絶たない。
会社勤めの皆さん実感されていると思うが、スピードスピードととにかく結果に速度を要求される。しかも上っ面になるなと。
時間をかけずに深読みして核心を突け。
「何の関係があるんだ?」
いわゆる「お笑い芸人」が跋扈は失礼だがどこの番組でも誰かしら出ている、というのは、皆さんご存知でオレもネタにしたこと。理由、彼らはアドリブが効くから。即興でウケることやってくれるので準備に苦労しない。

・時間をかけずに深読みして核心を突け
・即興でウケが取れる

一緒やろ。
オレは街中で唐突に電車の乗換ルート聞かれても即答できる。速さ、安さ、乗り換えの少なさ、相手の鉄道知識土地勘の有無を読み取ってコレと思う解が即用意できる。それは恐らく上記「仕事」で求められている内容の具現化である。

その代わり頭の中には「どこの何線」が全国網羅されている。そりゃ40年近く乗り倒して時刻表しげしげ眺めていればデータベースと検索システムも構築される。

逆に言うとスピードのためには膨大な事前の突っ込みが必要、ということになる。

ちなみにこれは全部掌握したいという抗し難い動機の成れの果てであり、従って、鉄道大好きなアスペルガー症候群の子供たちの内的データベースが理解できる。

戻って。

一緒と書いたが内容につき二つに分ける。

・現実から何かを抽出する
・現実に何かを付け加える

実は殆どの「仕事」は前者に注力すれば事足りる。核心を突くとは課題として取り出せということ。課題解決のツールや思考法はビジネステキストが山ほどある。前出お笑い芸人たちの殆どもコレを面白おかしく気づかせることで「そう来たか!」と笑わせる。洒落で皮肉る落語なんか良い例だろう。

問題は後者。創造という作業になるが、これは人により時間まちまちだというのは前にも書いたこと。大体、アイデアというのは、既存のさまざまに共通のアナロジーの先に、既存とは違う何かの存在可能性を発見する作業である。アナロジーをどんな形で見出すかをセンス(感性)と呼ぶ。同じ情報量を与えても抽出されるアナロジーの形態は人それぞれである。

また、そのための「既存のさまざま」…情報量がどれだけ必要なのかというのも人により異なる。手前味噌だがレムリアの話なんか自然科学とオカルトを知る限り全部突っ込んでいる。逆に言うと自分の全知全能でどんな話が出来る?と考えたとき、答えとしてのキーワードが「奇蹟」だったわけだ。

しかし…やっと本論、悲しいかな受け手に取って重要なのは結果だけであってプロセスはどうでもいいのである。経緯を説明しようとして結局何が言いたいと嗜められた経験をお持ちの方も居られようがそういうことだ。加えて多くの場合、内容が「抽出の結果」か「創造の結果」かは斟酌されない。
「コンテンツとして面白いかどうかだけが判断基準」yes!プリキュア5。
それが大人の世界ではある。ビジネスだからだ。

対し多くの場合、創造者は手持ちのアイディアの切り出し小出しをやろうとすれば可能である。小ネタの大量生産というやつだ。しかし、多くの創造者はそれをやりたくないのである。出来上がったコンテンツが軽くなるから。軽くて満足できるならクリエイターになろうとしない。

「きちんとした」モノを作りたい。
「きちんとした」乗り換え案内がようやくできるようになってきたなぁと鉄の道不惑間近が言ってみる。

クリエイティブなコンテンツはこういう背景を持つ以上、連続供給が必要な場合はマルチパラレルで走らせて順繰りに出させる。べきである。しかし何を勘違いしたか最近のクライアントはシリーズにシーケンシャルに次々出せと要求してくる。「前以上の質で前より早く出せ」ニンゲンの脳は素子すげ替えれば早くなるコンピュータとは違う。コメは秋、ムギは春。

責められたクリエイターは焦りと恐怖を覚える。仕事を切られるかも?才能が無いのでは?そういえば最近ハイテンションにならないなぁ…そりゃ不安障害の状態でハイになるわけない。欝であって躁とは逆だ。
負のスパイラルである。すると脱出しようとして…手が後ろに回る。どうしてこうなった。

今の世の中何を思ったかよらずコンテンツ大量消費時代である。煽って、飽きられ、お代わりは?である。売らんがな根性で次々にブームが作られて消えてゆく。多品種少量生産リピートなし、なのだ。今をときめく芸人さん達も、「マンネリだねぇ」と言われた瞬間、クリエイターになることを否が応でも求められる。

非正規雇用の皆さんを取り巻く状況と一緒ではないか。

生み出さなければ消費もできないのと違うか。

これでいいのか。

« アキバのサンタは皆スーツ | トップページ | 娘の認識 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これも格差:

« アキバのサンタは皆スーツ | トップページ | 娘の認識 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック