リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« クリスマスイブ | トップページ | 12月26日 »

2009年12月25日 (金)

クリスマス

金曜日だし、有楽町へ赴く。
Hi380012

ビックカメラでUSB読書灯を買い。
HMVで「トトロ」のDVDとエンヤの新作を買い。
天賞堂でモハ70。
金券ショップの年賀ハガキは売り切れか。

…判りました。クリスマスっぽい事書きましょう。

イエスは「太陽」と言われます。

「しかし、わが名を畏れ敬うあなたたちには義の太陽が昇る。その翼には癒す力がある。あなたたちは牛舎の子牛のように躍り出て跳び回る。」

(旧約聖書・新共同訳 マラキ書3.19)

太陽。

冬至から少しずつ強さを取り戻す姿をイエスの復活に見立て、そこから逆に、冬至のお祭りに基づいてクリスマスを設定した、というのが大方の見方のようです。

人間、よらず地球生命にとって太陽は全ての始まりですが、ギリシャ=ローマ文明はここに父を見、父なる神の現身であるイエスも太陽としたわけです。そういえばギリシャのアポロンも男。確かにこの文明圏で日々の糧は狩猟で得た動物性タンパクですから、力強い父性こそが一族郎党を支え導いた繁栄の象徴だったのでしょう。

一方日本では天照大神であって女性です。命の原初は女性ですから、同じ原点である太陽も女性になるのは当然かもしれません。ちなみに欧州の月はアポロンに対しアルテミスで女性ですが、日本の月読命は性別について記された書物はありません。むしろ干満との関わりが書いてあり、静謐に見守る立場だったのかもしれません。

太陽に戻りましょう。

我々の太陽は46億年前に誕生したと推定されています。地球を含む惑星たちはこの際の「残りカス」。宇宙の年齢が120億年むにゃむにゃ…とされ、超新星爆発以外に自然界では存在し得ない物質が地球に存在することから、少なくともそうして宇宙に解放された物質を含んだ、「2世代目以降」の存在であることが分かります。推定寿命は100~120億年ほど。巨大な重力で「核融合反応」を起こし、莫大なエネルギを地球に届けて我々を育んでいます。エネルギの代わりに少しずつ自重を失いながら、しかし少しずつ大きく、そして少しずつ明るくなっており、その寿命末期には地球軌道付近まで膨張し、そのまま、自らを支える重力を失って冷えて小さくなって行くと考えられています。地球はこの際太陽に飲み込まれ、父の中へ還る運命です。

いえ、神を父とするのは男性が力ずくで女系社会から支配権を奪った象徴だなどと書く気はございません。

・太陽は他の星の子
・自らの身を削りながら地球にエネルギを届け育む
・死とは父なる神の元へ還ること

メリークリスマス


« クリスマスイブ | トップページ | 12月26日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス:

« クリスマスイブ | トップページ | 12月26日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック