リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 誇りの発見と確認 | トップページ | 死生観【古墳時代】 »

2010年2月13日 (土)

死生観【死への恐怖の芽生え】

「驚き」はその要因に「恐怖」が含まれるから発生する、と言える。どんな小さい子でも驚くと泣く。「なまはげ」に大泣きしている子どもの図なんか風物詩。あの手の怖さは教えちゃないので、先天的に備わっている機能と見て良い。生き抜いて子孫を残すためには、死から逃れる情動が強い方が有利だ。

ただそれと「死んだらどうなってしまうんだろう」という怖さは違う。
「死にたくない」という思念が浮かんでくるのは違う。

戦乱が生じると死した兵が累々となる。古代戦闘は壮絶な人体破壊であって、当然、その状況は凄惨を極める。オオカミや猛禽など、肉食の動物が空から陸から群がる。
そして、やがて骨だけになる。その骨さえも消えて無くなる。

土に還ると言うが、それは縄文の感覚だと再生のための帰還だった。しかし、戦乱の時代は骨になってそれっきりという一方通行の意識を生む。

また、戦乱の現場では、瀕死の状況から死に至る過程を多く目にすることになる。業苦の声と共に意識が「消えて」行く有様を見るわけだ。

これは「2種類の死」という認識を与えるのではないか。
すなわち、神につながる死と、消えてしまう死と。
そして、負けることは消滅となるならば。

« 誇りの発見と確認 | トップページ | 死生観【古墳時代】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死生観【死への恐怖の芽生え】:

« 誇りの発見と確認 | トップページ | 死生観【古墳時代】 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック