リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 秋を愛する人は… | トップページ | 不惑・ヲタクの身だしなみ »

2010年10月26日 (火)

教員の対応

オレたち(昭和の生まれよ)が義務教育の年代のころ、学校に関しては基本教員に全権委任の状態だった。子供心に自分にばっか突っかかるとか、えこ贔屓してると感じる教員いたが、(秋山とか横井とかてめえらだ。生きてるか?)それ以上に「先生に怒られる」という状態が親と等価で、そういう気質に関わる問題は些末だった。最もそれは、「守るべきことを守らせる」という点で必要なラインは曲がりなりにも確保されていた、と子供心にも認識していた証左ではあるまいか…ひたすらひねくれたガキだったが。

比して昨今の教員免許所有者はどうだ。

・わいせつ
・いじめ無関心、逆に増長
・人権侵害(変なテスト・叱り方・意見表明)

こんなばっかやん。もちろん自分たちの時代報道されていなかっただけというのはあるかもしれない。ただそれでもいじめ自殺多すぎる。悪いが「この教員人間としてマトモか?」というフィルターを一枚噛まさないとならない。

一番深刻なのいじめなので特記するが、これは学校側に言っただけでは何も解決しない。子供を守るのは親の責務という視点で見た場合、いじめが生じるようなクラスがいじめを解決できるとは思わない。そこに我が子を一人で送り出すなど…戦慄以外の何物でもない。大切なのは学校に行くことではない。自分の子供を守ることだ。良く書くが学業なんか後からどうにでもなる。まずは子供を守れ。学校で被害を受けているのであって、学校は安心できる場所ではない。そこにあなたの子供の居場所はない。

「親からそういう相談を受けたので本人に聞いてみましたが、特に申し出はありませんでした」
良く聞く教員側の言い訳。言わなかったその子が悪いのか?馬鹿者、子どもの側にしてみれば、今まで自分に関心をくれなかった相手にそんな深刻な相談できるか。これも良く書くが、子どもが真実を語らなかったというのは、信用されてないから。大体、信じられると思っていたなら自分から進んで相談してくる。したり顔で「私に罪はない(キリッ」と言う前に技量のなさを恥じたらどうだ。その子を死なせたあんたの負けだ。

モンスターに代表されるように親の方もたいがいだが、それ以上に本来押しなべて公平であるべき教員のこの状態は輪をかけてひどい。優先度はまず教員だろう。困った時代だ。

« 秋を愛する人は… | トップページ | 不惑・ヲタクの身だしなみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員の対応:

« 秋を愛する人は… | トップページ | 不惑・ヲタクの身だしなみ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック