リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ゆうこりんからの質問!リニューアルするとつい買ってしまうものは? | トップページ | 品質とは »

2011年1月 5日 (水)

かわいくないかわいい

制服世代の少女達のファッションに「ブーム」があるのは世代によらぬと思うのだが←じじむさい出だしだなヲイ
 
「かわいくねぇ」と思い始めたのはルーズソックスからだ。ガングロ、茶髪、眉毛抜き、盛り髪、ガキの化粧、プチ整形…総じて言えば。
Aho
ただのバケモノ。
 
「ひっど~い」
「サイテー」
うるさい黙れ。
 
根本的に日本の女性というのはそのままでかわいいのだ。しかも年取っても欧米みたいに「熟成」しないので、顔かたち・目鼻立ちのバランスが余り崩れず推移する。
 
だから何もしなくていいのに、余計なコトするもんだから純なかわいさが全部スポイルされる。しかも「個性」のつもりでみんな同じ事して、しかもそれが顔の造作より外見上目立つからバケモノの量産。あの目尻切るヤツなんか年食ったらどうすんだよ。シワの中で目玉だけギョロギョロしてることになんだぜ?
 
確かにオレがてぃーんえいじゃー(あったんだよこれでも)の頃から、制服の着こなし、改造はあったが、それでも制服の範疇から逸脱せず、しかも女の子達はそれぞれ「自分がかわいく見えるスタイル」を追求していた。その結果、制服という統一された服装であるにも関わらず、それぞれが素で持つかわいらしさがそのまま反映され、却って個々の魅力をひきだして「個性」を充分感じた。それはそう
Baka
巫女装束の系統そのもの。
Doaho
Ultrabaka
うるさい引っ込め。
 
その「後付けの粉飾」自体がかわいいのと「立ち姿の総和」がかわいいのとでは次元が違う。
確信を持って言うが、女性に関わる視覚的判断は男のそれが絶対で正しい。なぜならそれは本能の回答だからだ。その男が揃いも揃って「かわいくない」というのだから、こういうのは「かわいくない」のである。
 
立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花。大和撫子健在なりや?


« ゆうこりんからの質問!リニューアルするとつい買ってしまうものは? | トップページ | 品質とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわいくないかわいい:

« ゆうこりんからの質問!リニューアルするとつい買ってしまうものは? | トップページ | 品質とは »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック