リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 原点VS変化【4】 | トップページ | 食品における見本と現実 »

2011年1月15日 (土)

我々は150分待ったのだ

花粉症対策2011。
午前10時。とりあえず順番取りに寒中自転車キコキコ。
「今シーズン初めてです」
「こちらお持ちになって間に合うようにお越し下さい」
番号札89番。この時点で診察は10番台。
この病院ネットで受付状況をヲチ出来るので一旦帰って掃除機ブンブン。
午前の診療は12時までだが終わる気配なしどころかまだ受付70以前。
「まぁ、行くわ」
「帰り酒買ってきて」←料理用。念のため
自転車キコキコ。
到着すると…このがーがー寝てるおじさん10時の時も居たよな。
ネットも携帯も無いとなると病院でこんこんと待ち続けなければならない。このデジタルデバイド。
番号札89番の呼び出しは12時40分。
この病院は丁寧な応対を標榜していて。
「今年も来ました~」
すると。
「あーオレサマさんいらっしゃったということはそろそろ始まりましたかいや今年は多い多い言われてますから怖いですよね実は箱根駅伝やってた2日と3日少し飛んだらしいんですよ来ませんでしたか?そこで出た患者さん成人の日に見えたんですよまぁそろそろ始めておくにはいいタイミングですねとりあえず2月真ん中くらいまで去年と同じお薬出しておきますので様子を見てそれで症状きつくなるようでしたら強い薬を考えましょうハイ今日は結構ですよ」
(ほぼ原文ママ。テンポを重視し句読点抜き)
以上30秒。150分待ってそれ。どこかの外食チェーンのスローガン丸暗記じゃあるまいし。
まぁこの医師とは一昨年話し合って治療方針決めてあるし、こっちもそれなりにバックボーンの情報持ってるし、後30人から待合いるわけでこれでいいんだけどさ。
他の長く待ってる人に30秒診察すなや、あんた。
「目薬だけ最初から付けてもらえますか?」
「あーはい判りました」
向こう3ヶ月肝臓には負担を強いる。自分がのんべえだったらどうなっていたかとガクガクブルブル。

« 原点VS変化【4】 | トップページ | 食品における見本と現実 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我々は150分待ったのだ:

« 原点VS変化【4】 | トップページ | 食品における見本と現実 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック