リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 原点VS変化【1】 | トップページ | 原点VS変化【3】 »

2011年1月12日 (水)

原点VS変化【2】

「満腹」と「食傷」の違いはどこにあるのか。
自分の反応を代表的に書くのもおこがましいが、コンテンツの「提供側」「受領側」双方に要因があるように思う。

その「接点」を誤解を恐れず書くならば、受領側の胃袋のでかさと提供側の美味しさのバランスと言える。いくらでも食えるファーストフードはあるし、絶賛された高級食材でも駄目なモノはダメなのである。ただ真実と言えるのは、本当に美味しいモノは冷めても美味しいく、またマズイものはその味に慣れて新しさを感じなくなるとひたすらマズさしか感じない。

冷めても美味い……偉大なるマンネリ
慣れたらマズい……胃が痛くなるマンネリ

オヤジギャグで韻を踏むのは大概にして。
冷めても美味いについて少し考える。例えばカレー、典型ですね。他には焼き芋、タイ焼きとか大判焼きの類も挙げておくか。
・カレー……食欲をそそるように出来上がっている。結構沢山の味が絡んで複雑
・焼き芋……甘み主体の単純。但し太古より食ってきたはずだしデンプンと繊維質は生きる糧
・タイ焼き系……超甘い
それぞれ高度・必要不可欠・単純……こうなるか。
これをその少女マンガに当てはめると次のようになる。基本恋愛感情の揺れ動きなので心理的には複雑で高度である。女の子が主人公なので男の側には必要不可欠である。甘い世界は言わずもがな。要するに「冷めても美味い」要素を全部持っているわけだ。味わい尽くしてデカイ胃袋がいっぱいいっぱいに膨らむ。そういう経過を辿ったと推察される。

慣れたらマズイの方はどうだろう。
・ファーストフード……味が濃すぎる
・スナック菓子……味が単純すぎる(何の栄養にもならない)
ああもう一個出てこない。が、飽きる理由を説明するに足る要素はこれだけで充分ではあるまいか。素材の味を感じさせないほど味付けが濃く、しかも栄養にもならないもの。最初のウチは味の濃さゆえに強い反応を示すが、それだけなので慣れると差を感じなくなって、しかもそれ以上のモノがないのでもうイラネ。
 
(つづく)

« 原点VS変化【1】 | トップページ | 原点VS変化【3】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原点VS変化【2】:

« 原点VS変化【1】 | トップページ | 原点VS変化【3】 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック