リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 鉄道博物館 | トップページ | 職場防災隊に入りました »

2011年4月25日 (月)

サマータイムにいちゃもんを

電力節減の切り札にサマータイム導入とか言ってる筋があるようだが、まぁ企業の人間の物言い発想じゃないわな。
一般に言われる「メリット」を悉くネガティブに否定してみたい。
 
●始業が朝の涼しい時間帯なので空調が抑制できる
 
窓が開くビルならね。東京エリアは多く高層ビルで、完全密閉フル空調なら結局早く動かすだけ。それにそもそも熱帯夜の名の通り(現在時間の)7時から30℃越えなんてザラ。
 
●終業が早いので空調が落とせる時間も早い
 
でも「父親」という最大の動的熱源が帰宅することにより、多くの家庭ではエアコンの負荷が増えることになる。企業の利用が家庭にシフトするだけ。鉄道に至っては逆にまだ陽の高いウチに車輛空調のパワーアップを要求される。
 
●終業が早いので夜間就業の照明が不要
  
その代わり飲み屋を始めとする「夜のビジネス」のスタートが早まるので、そちらで使う照明と空調が早く起動する。陽光の届くところにそういう店は少ない=昼夜別なく照明を使う。結局そっちにシフトするだけ
 
そして。
 
この議論の不毛なところは、最も空調負荷が高まる「昼過ぎ・高校野球」の時間帯に何の減少効果も無いこと。この時間を乗り越えるために発電設備を用意しているのであって、それを越えそうだというのがこの問題の根本にあるのだ。サマータイムでは総量は減るかも知れないが、この時間に普通に社会が動いていたら当然何も変わらない。
 
……補助金で各家庭に5kWh(5000Wを1時間使える)UPSでも配備したらどうだ。昼1~2時間それで頑張って下さいと。電機メーカーも潤うし悪いことはないと思うが。

« 鉄道博物館 | トップページ | 職場防災隊に入りました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマータイムにいちゃもんを:

« 鉄道博物館 | トップページ | 職場防災隊に入りました »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック