リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« それは本当に身体にいいのか【3】 | トップページ | (´・ω・`) »

2011年10月16日 (日)

読み聞かせ~声は魔法なり~

ボノロン……悲しい涙が落ちたとき、大木の根元に現れる森の戦士である。
アリオ蘇我でうちやえゆかさんの読み聞かせイベントがあったので行ってきた。
 
娘さんが朗読能力今ひとつという背景も踏まえてのことだ。
Sn3n0144
このように大きな絵本(公式行くと判るが、この絵本は借り出せる)でお話しを一つ。後は「大きな栗の木の下で」をみんなで歌って踊って。それと、大きな紙でボノロン絵描き歌。
 
いやなんつーかさすがである。感情・雰囲気・抑揚……まぁ、読み聞かせイベントは、これのみならず、こなしてらっしゃる方なので、ある意味当たり前なのだが、会社の仕事でプレゼンやる身としても大いに参考になった。こういうの往々にして「練習・シナリオ通り」に喋ろうとするあまり、どうしても早口になりがちなのだが、一言一句正しく発音することによって(唇を動かすという動作も伴うためもあろう)抑制される。妻は「子ども達の反応に対する臨機応変の対応に驚いた」……いやそれもプレゼンでも求められる能力。エピソードや小ギャグは聴衆の興味を保つ。
 
さて終わって娘の曰く「オデ次はライブ行きたい」
 
ナヌ?

« それは本当に身体にいいのか【3】 | トップページ | (´・ω・`) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読み聞かせ~声は魔法なり~:

« それは本当に身体にいいのか【3】 | トップページ | (´・ω・`) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック