リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【5】 | トップページ | Yes!iPhone5【導入編】 »

2012年9月20日 (木)

惜別の携帯電話

「iPhone5を発売日にお渡しできることになりましたので確認のお電話です」
N101→N206→N209→N505→W43H→あるばーのばろーね・・・1992年5月に始まるわが携帯電話歴である。見ての通り途中で茸から庭にMNPしている。
N101は前も書いたが、デジタル携帯電話の初号機で、端末価格11万円。
「はい?」
間違いではなく11万円で、新入社員じゃ手が出ないのでレンタル契約とした。連続待ち受け33時間なので予備の電池を常に持っていた。アルミのボディで真っ黒で、ずしりと重くハイテク機器のにおいがした。
206のころには一般普及が始まり、ちょうどPHSと顧客獲得競争、伴うハードの価格破壊が始まったところだった。既にプラスティックの軽薄な機械であった。そして209はiモードによるネット接続を可能とし、携帯電話が「ケータイ」として女子高生のおもちゃになったころ。505は初めて手にしたカラー端末だった。もうこのころにはすごい機械を持っているというありがたみは全く消えた。
庭に脱したのは主として茸の窓口対応のひどさとワンセグ目的。初au機W43Hは全部入りの端末で、「何でもできる電話」というより「電話付の携帯情報端末」と言った方が似合った。いじりまわして遊んだ。ソニエリは丁度ついったーを始めた時期と重なり、ネット接続がメインになった。電話がネットに手を出し、ネット側に飲み込まれる。20年の変化そのものの流れの中に居続けた。
比してiPhoneはネット端末側からのアプローチである。手のひら操作のネットPCが通話可能となったもの。これが出たとき不思議な話だが「目新しさ」は感じたが「斬新」とは思わなかった。タッチパネル式を手のひらサイズにした、それだけだからだ。ただ、手のひらサイズにしようと考えたところがアイディアだった。
機能面から見て、ソニエリをあいぽんに変えて新しい地平が開けることは何もない。なのに変えようとするのはネットガジェットとしての使い勝手を重視してのことだ。主客転倒・パラダイムシフトを図ろうというわけである。カチカチするよりスリスリした方が多分スムーズ(カチカチでスリスリするとスムーズではない)。
りんごかじるまであと1日。

« 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【5】 | トップページ | Yes!iPhone5【導入編】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜別の携帯電話:

« 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【5】 | トップページ | Yes!iPhone5【導入編】 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック