リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 核爆弾~はだしのゲンに寄せて~ | トップページ | 仕事納め »

2012年12月27日 (木)

書け、と言われた気がした

ので書く。取引先と打ち合わせで、事前資料が飛んできた。事業所の所在地にハッ、とした。
.
名取市
.
住所と浸水地図を照らし合わせると、なんと、所在地のまさに敷地の壁で津波が止まったようではないか。
「津波直前で止まったんですね」
「ええ、よくご存じですね」
おれ名古屋人じゃねーもん。まず気にかけるのそこだろうよ。
同社サイトによれば事業所に被害なし、社員の方に人的被害なし。よかったよかった。
.
そして26日になるが、スマトラ沖超巨大地震、およびその津波被害から8年が経過した。しかし国力の差もあろう、未だ仮設で生活されている方も多々有るようである。22万。この膨大な数の人命が失われた破滅的災害を経て、残念ながら我々の対応はその犠牲を糧とする事が出来なかった。
.
1946年、南海地震が起きたのも12月16日であり、66年が経過した。戦後すぐの混乱した時期、しかも冬場の夜明け前に襲った地震・津波であり、人々の感じた恐怖と困難は想像するに余りある。間断無き余震の最中、暗闇の彼方から津波が来たのである。串本では10分後というから、逃げる猶予すら無かったのではないか。ちなみに、北海道南西沖地震(1993年7月12日・午後10時17分)では、地震後3~5分で奥尻島を津波が襲った。これらの事象は、海底震源の精査と、シミュレーションによる津波の算定、それを考慮した避難システムの構築が必要である事を意味する。また、それこそ名取市の事例は、「高いところ」を意図して作っておく必要性を示していよう。
.
「次」が東京直下なのか、房総半島沖なのか、三陸アウターライズなのか、南海トラフ三連動なのか、十勝沖なのか、それは判らない。が、今こうして書き並べたように、現時点でこれだけのリスクが列挙できる。
.
再度津波で犠牲が出るようなことがあってはならない。今を生きている我々の責務である。

« 核爆弾~はだしのゲンに寄せて~ | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書け、と言われた気がした:

« 核爆弾~はだしのゲンに寄せて~ | トップページ | 仕事納め »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック