リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 春が来たらしい | トップページ | 我が人生、節目節目に嵐あり »

2013年4月 4日 (木)

バブル時代の就職ってどんくらい楽だったの?

Doaho
4年になって所属教授が決まって、順次呼ばれてリストを出されて
「どれがいい?」
リストびっしり10ページ。上場企業よりどりみどり。工業系だから製造系。のみならず金融証券もチラホラ。
「んじゃここで」
「理由は?」
「作ってる製品が真面目」
「判った。ん~君の成績なら大丈夫だな。推薦状書いておく。面接の日とか決まったらまた連絡する」
面接GW明け。といっても「いつも誰かに狙われている気がする はい いいえ」みたいなそれ系のテストと普通に面接。何がしたい?研究内容は?
「最後当社になんか質問は?」
「どんな社員がいいんでしょうか」
「(あーだこーだ)」
「なれるものと自負しています!」
大見得切って6月10日。
「内定来たから」
.
トランキライザーのお世話になるのはそれから14年後のお話。
.
比してこれから社会を目指す若者よ。せめても大学を選ぶ段階で道筋(金融、営業、エンジニア)は決めておき、ウェブサイト等で会社を良く選び、業態や業務範囲で要求される言語やスキルを見抜き、応じた資格や点数を確保せよ。万端の準備をし、その一点突破に賭けた者こそ(両天秤に掛けるなってこと)、勝者となり得る。

« 春が来たらしい | トップページ | 我が人生、節目節目に嵐あり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バブル時代の就職ってどんくらい楽だったの?:

« 春が来たらしい | トップページ | 我が人生、節目節目に嵐あり »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック