リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 超能力・考 | トップページ | 毒々しい話 »

2013年4月17日 (水)

モノ作り・考

「考」と付くが前記事とは脈絡を持たない。
.
「納期間に合いません」
「どうして」
「春節明けたら作業員がまるっと来ませんで」
「……」
「……」
大陸で製造している日系企業で良くあることらしい。大抵の日系企業では、技能工にはまず安全や品質に関する教育を行い、試験合格して初めてラインへ実戦投入、とする。その証として社内資格を付与する。
その社内資格の証書を「日系企業で取った資格だ」とドヤ顔で大陸現地企業に持ってって自分の売り込みを図るわけね。で、時給が高ければそのまま裏切る。或いは「日系企業で資格取ったらコレコレの時給で雇ってやるぞ」と唆す現地企業、手配師もあるらしい。
.
技術窃盗。その通り。
.
ただ、うん、気付いて欲しいのは、その人にそれ以上のスキルが身につくことは無い。
また、この結果日系企業は新たに人材を確保してイチから教育、となる。製造ラインは初心者ばかりで当然、ミスが多く歩留まりが上がらない。
.
日本の技能工のスキルは基本、自己研鑽の賜物である。もっと効率よく、もっと仕上がりを美しく、そしていい加減な作業をしないように。コレ読まれてる方の中にも工場の隅に集められてヤスリ掛けから始まった、というパターンあるのでは無かろうか。「誤差0にしておけば誤差0.5はクリアできるだろうが」それが受け継がれて今の日本の製造業がある。金のために仕事をしているというより、自信を持って世の中に送り出すことそのものに誇りと目的がある。そして磨かれ、開発された技や、手痛い失敗が作業マニュアル(指示書・手順書・チェックリスト)に盛り込まれ、ノウハウ資産として伝承されて行く。だから現役の技能職の方よ、そういうマニュアルは盲目的に従うのみならず、出来てきた背景をこっそり勉強しておくと良い。
そして……海外進出している(考えている)企業さんに気付いて欲しいが、「金さえ」と「よりよく」ではそもそも出発点が異なり、製造工程で必要となるマニュアルの内容と質も異なる。
「大丈夫です。まるっと日本の設備とノウハウを移植しますから」(ドヤ顔)
これだめ。マニュアルよく見てご覧なさい。
・目視にて歪み等無きこと
・外観上問題無きこと
こういう物言い通用しないの。なぜか?どっちも職工の主観にゆだねるでしょ?
「こんなの流しちゃだめじゃん」
「問題無いと考えたアル」
これで逃げられてしまう。で小一時間問い詰めると「ジソンシン」とやらが大きく傷付いて翌日出て来ない。ヘタするとデモ噛まされて火ぃ付けられる。
防止するためには結局数値で基準値を決めるしかなくて、応じた測定器が必要になってきて、それらの導入・維持コストがべらぼうになってしまう。で、なまじ品質が上がると前述に戻って「高品質で知られる日系工場で資格を……」とこうなる。逆に言うと日本企業も測定器と数値に依存した品質以上のものになれない。数値に落とし込めないものは作れない。昨今日本企業の家電品意匠デザインださいの多いが、これは形状や仕上げが複雑だと、そういう理由で大陸生産できないからに他ならない。で、結果安っぽく見えて誰も買わないんだから世話無い。目先の人件費に釣られて国内の就活生を多数路頭に迷わせた挙げ句、品質はイマイチ。そんなの「悪貨は良貨を駆逐する」「安物買いの銭失い」以外の何物でもないではないか。
消費者として、工場の片隅にケツ据えている者として、勘弁してくれの一言である。
.
え?ナニ?大陸は判ったが半島はどうなんだ?
半島で技能工は最底辺カーストにランクされるらしい。一流大学出てあの電子企業やあのクルマ会社に入るというのは、幹部になって命令飛ばしてコキ使うことを意味するのであって、その電子機器やクルマを作ることではない。百歩譲って営業、程度のようだ。畢竟、「他に働き口が無いから」技能工、というパターが多く、他に職が無いので大陸的裏切りはないものの、モチベーション低い。雑駁に書くと右から左へ流すだけ。文字通り雑駁である。間違いは知らんぷりしてマジェマジェしちゃえばワカラネエし手抜き上等。それでも形になったモノを集めて試験装置に通して合格すればいいだろ、だからである。むろん経年、熱ストレスで顕在化する不良も多く、追ってその辺文句付けると「合格したんだ。文句付けるイルボンがおかしい」……よく書く「葛藤」(半島的表現)に帰着する。
大陸は金のためとはいえ、低レベルとは言え、一定のスキルを身につけるまでは行く。品質もそのレベルは確保できる。比して半島はどうしようもねぇ。
消費者として、工場の片隅にケツ据えている者として、
.
逝ってよし。

« 超能力・考 | トップページ | 毒々しい話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノ作り・考:

« 超能力・考 | トップページ | 毒々しい話 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック