リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 心意気は買う2013 | トップページ | ふるさとの訛りを知らぬ停車場は新幹線即折り返して行く »

2013年5月19日 (日)

東京をがっつり無視して

Bknbns_ciaaqdlt
とりわけ関東に在住の向きにおかれてはここを使うことはまず無い。
Bkndntwcmaeov9y
新幹線→新幹線の乗り換えをして北へ向かう。出張の前日入りという奴だ。日曜に仕事で動くなど憂鬱の至りだが、そんな気分も、旅乗りルンルン気分(死語)のどちらもない。何だろうこの一種厳粛とも言えるこの気持ち。
Bknbirscyaai6ct
福島を通り地上へ降りる。ああそうか、震度6以上のエリアに入るの初めてだからだ。
Bkncsk9cyaa86gd
福島市街を抜けるとただちに板谷峠の急勾配・急曲線区間に入る。
「こいつ新幹線て名前のくせに下に降りるんですね。しかも遅いし」
とは同行した社員氏の弁だが、彼は明治の苦労を知らぬ。急峻な峠道を非力な機関車で越えるために苦労して敷設され、以降も延々とここの峠越えに特化した専用の機関車が使用されてきた。比して275キロで疾駆できるE3系なる「新幹線直行特急」はその巨大なパワーを峠越えに活かせるわけだが、急曲線のゆえに制限されているのである。
Img_0610
~なう、とやりたいがここらは「圏外」。あいぽんの地図で位置追跡を試みるも途切れて動かず。
分水嶺を越え、ようやく田んぼの続く直線へ復帰、E3には流すと書くにも軽すぎる130キロで恬淡と走る。
Bkn0alicaaa0kno
仕事なのでどことは書かぬが大体どこかは判じよう。ちなみにこの手の霜降りはレアで食うのが当たり前で、ウェルダンにするとただひたすら硬い、みたいな場合があるが、こいつはそんなことはない。ウェルダンにしてもサクッと噛み切れるし、旨みが広がる。
しっかり焼いて美味しいなら妻にもOK。ということで自宅用の土産はコイツに決まり。フロントに申し込み、ついでに地震の時のことを聞く。千葉在住時にも書いたが、何せ報道は津波が中心で、以外の他県の被害は余り伝えられなかったからだ。
曰く「経験したこと無い揺れでしたね」震度は5強で東京並み。で、幸いにも停電エリアからは外れたとか。
そして、峠を越えて福島の方々が多く避難。
「リネン類のクリーニングなどが滞りましてね。それでもいいというのでお泊まり頂きました」
生活が営める。それを考えればクリーニングの有無など些末な話だろう。明治に難行の隘路が世紀を超えて命を繋ぐ道になったのだ。
「南海トラフとか、富士山とか言われてますね」
「ええ、次は我々です」
だから、オレはこの地でお金を使う。

« 心意気は買う2013 | トップページ | ふるさとの訛りを知らぬ停車場は新幹線即折り返して行く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京をがっつり無視して:

« 心意気は買う2013 | トップページ | ふるさとの訛りを知らぬ停車場は新幹線即折り返して行く »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック