リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 星の名を追って(4) | トップページ | 星の名を追って(6・終) »

2013年6月 1日 (土)

星の名を追って(5)

●シェダル(Schedar)
カシオペア座α星。距離228光年。固有名はアラビア語で「胸」。なるほど星座絵では王妃(カシオペアはアンドロメダ姫の母ちゃん)の胸の位置に当たる。
.
●カフ(Caph)
カシオペア座β星。距離55光年。固有名はアラビア語で「腕」。但しギリシャ神話とは関係なく、太古このあたりに設定されていた「プレアデス座」の腕と言われる。
.
●ツィー(Tsih)
カシオペア座γ星。距離610光年。固有名は中国語で「鞭」とか。2等星だが変光し、1.6~3.0まで変化した記録がある。
.
●エルタニン(Etamin)
りゅう座γ星。距離155光年。太陽の50倍半径を持つ超巨星。150万年後に太陽系からから28光年先を通過し、シリウスより明るくなると言われる。固有名はアラビア語で「竜の頭」すなわち星座と結びつきが深い。これはメソポタミア時代の北極星がりゅう座にあったことによる。ちなみαβのバイエル符号は明るい順番に付けられるのが普通だが、そうした経緯により、りゅう座α星は太古北極星の4等星「トゥバン」(Thuban)が持っている。意味はアラビア語で「竜」そのままである。なおβ星はラスタバン(Rastaban)といい、やはりアラビア語で「竜の頭」とされている(ラスタバンは英語でhead of the serpentとされているので、海竜の頭とでもした方がより近いかも知れぬ)、β星とγ星は時代ごとに入れ替わり呼ばれたようだ。
.
●ポラリス(Polaris)
こぐま座α星。距離430光年。現在の北極星。三重連星で主星は太陽半径の30倍に達する超巨星。固有名はラテン語で「極の星」の意。これは日本語で「北極星」と言うのと同じような使われ方だったのが、近代天文学の勃興と共にそのままこの星の固有名そのものとして定着した形である。当然、数千年後には北極星としての役目を終える(次はケフェウス座のエライ)が、そのときに備えた名前は今のところ決まっていない。
.
●コカブ(Kochab)
こぐま座β星。距離130光年。一世代前の北極星。太陽半径の40倍に達する巨星。固有名はアラビア語で「北の星」の意。
.
(次回・最終回)

« 星の名を追って(4) | トップページ | 星の名を追って(6・終) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星の名を追って(5):

« 星の名を追って(4) | トップページ | 星の名を追って(6・終) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック