リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 中年太りはダメなのか? | トップページ | ムダにエネルギを食った話 »

2013年12月 6日 (金)

市場開拓の考察

iPhone5sに新規性が無いと新聞がいい、スマホの次が必要だろうと偉そうに書きたてる。
 
これに対して、手に持つのがスマホなら⇒腕⇒常時装着(ウェアラブル)と流す気満々の業界だがそれは違うだろう。
電池食いすぎるし、昔のヒーローものの「腕無線機」「腕テレビ」が斬新だったのは「そんなものそれしかない」という特殊性の故だ。
考えてみたまえ(偉そう)、街中で誰も彼が腕無線機に向かってワイガヤ話していたら、その際相手の声はどこから出るのか。
周りがうるさくて仕方なかろう。音響指向性向上技術あるが(シーシェパード追い払うのに利用)、んな凝ったもの載せるくらいならスマホ耳にくっつけてモシモシで十分となる。腕に装着して便利なのは時計の延長線機能(カレンダー・スケジューラ)と、スマホへの何らか着信信号の伝達(腕バイブ)、メールヘッダ覗き見位だ。自動巻きやソーラによって電池交換という作業自体駆逐されようというのに、残量気にしつつ充電しながら使うガジェット腕に付けるとか愚の骨頂。
 
スマホそのものをどうにかするより、他の何かをスマートにする方が新しい道が開けるのではないか?
 
その昔オーディオと高品質テレビ映像がくっついて「オーディオビジュアル」を楽しむというヲタ分野が発生し、次はコンピュータがくっつくと言われた。しかしパソコンはパソコン、テレビはテレビで継続して存在している。これはテレビが基本「一方通行」メディアであるのに対し、パソコン+ネットは「探す・発信する」キカイであるために他ならない。テレビは自分で探すことができない一方、パソコンは待っているだけじゃ何も始まらない。受動一辺倒がテレビで、能動一辺倒がパソコンと考えればよい。従って「ディスプレイ」の供用はあるにせよ。一体にはならない。それぞれ完成形である。で、スマホはどっちかつーとパソコンのうちリアルタイムで欲しい機能を抜き出して持ち歩けるようにした形である。大きさと、通信という機能の親和性の関係で、電話とくっつくのが最適だったと。そういう点ではスマホはテレビパソコンと同じく、完成された一形態である。ひっくり返せば、こいつは今後「基幹デバイス」だ。
 
つまり「スマホでできること」を考えるのは一つの手である。この時「ホームオートメーション」という思想はスマホと親和性高いかも知れぬ。いや昔規格制定されたの知ってるが使われなかった。できることが限られるし、配線するなどわざわざいろいろ準備する必要があった。1980年代ではそんなもんだ。しかし今はブルートゥース載せてスマホ側にペアリングさせれば良いので、同等以上の機能を果たすのは恐らく難ではない。
「エアコンとかテレビとかいちいちスマホかよ」
笑いたければ結構、ただ目や耳の不自由な方を想定すればスマホ一台が万能機というのは極めて有用であることは意を汲んでほしい。え?目の不自由な人にスマホはかえって不便じゃないか?指の動きにあわせて、どのアイコン触っているかスマホが声で答えればいいではないか。ツイッターです、エアコンです、電話です。スマホにはGPSと加速度センサー付いてる。家の中や外でガイドやナビもできるだろう。異常な加速度のあと動きが止まれば転んでケガをしたのだ。応じた場所に緊急通報。
 
スマホはありものの寄せ集めで決して新しい何かではない。シナジーで新世界を生み出したガジェットである。じゃぁ、ってんで見回すとくっつきそうなものは既に皆くっついている。上記オーディオビジュアル然り、電動アシスト自転車、オーブンレンジ、鉄道ICカード。今さら何をくっつけるんだって状況な気もする。新しい何かガジェットしか道は無いのか。必要は発明の母、しかも個々人レベル、せめて世帯単位まで普及可能な何かはあるか?
 
人が使う。五感。見ると聞くはスマホが制した。触るために触感は占拠されるので消費対象にはできない。味わう、バーチャルでやる必要ない。匂う、クンカクンカ、ただの変態である。
人間全体として健康アシスト。万歩計、紫外線量計、スマホが幅を利かせそうである。新しいガジェットの出番ではない。
思考のアシスト。これもスマホでできそうなものである。妻が毎日悩む献立。過去履歴から栄養バランス考えてこいつはいかが?近隣店の安売りチラシを検索表示。
エネルギ。消費管理はスマホでできる。家電機器とペアリングして食ってる電力集積すれば良いのである。ブレーカ飛ぶぞと警告するとか、人の位置検出して電灯制御とか可能であろう。一方生み出す方は今は無い。せいぜい太陽光発電くらい。ただべらぼうに高い。高いのはパネルの効率が悪いのと、商用交流に戻すため精度の高いインバータ要するから。でも家庭内で還元するならそこまで要るか?
 
充電系のガジェット増えた現在、12V程度の直流を吸い吐きできる蓄電ステーションみたいなものあっても良かろう。ため込むので個々の創出される電力はしょっぱいもので構わない。家庭内トレーニング機器など、運動で消費したエネルギ電力に置換できればこれほど有用なことない。水道水で発電機回すとか、内外温度差やキッチンの排熱でペルチェ駆動とか、ミリワットのオーダでも集めればそれなり。12Vレベルへの置換なら損失もそう多くはない。溜まったらスマホ挿して充電、常夜灯でも良いかも知れぬ。非常電源の要もなす。
 
だめかい?あ、最後に一つ。家電各社よ、エアコン室外機のファンレスってそろそろ考えられんか?

« 中年太りはダメなのか? | トップページ | ムダにエネルギを食った話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/58709196

この記事へのトラックバック一覧です: 市場開拓の考察:

« 中年太りはダメなのか? | トップページ | ムダにエネルギを食った話 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック