リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« オレのケツを熱せ2014 | トップページ | 今年の風邪は »

2014年1月21日 (火)

任天堂、どうする

Tw3

3期連続の赤字とか。
まぁゲーム機大きく携帯型と据え置き型に分けられるが、携帯型はスマホで代替され、据え置きはPCで出来るとなれば、ね。
携帯型はスマホを使えない(使わせてもらえない)子供達という需要があるが、据え置きは微妙だ。もちろん携帯型と同じく子供メインなのに変わりないが、「オトナがやるやらないの決定権を握る」という意味でも、PCでゲームにたどり着く複雑さを逆にありがたがる向きは多いのではないか。
そうすると据え置きは「PC未満のお子様向け」か「PC以上のゴリゴリ」かどっちかになるが、ゴリゴリは「プレイステーション」がほぼ持ってった。すると残るのは。
「それじゃ複雑なゲームが作れん。商売にならん」
まぁそうだろう。ただ、「互換性のないハード」で需要を喚起して・・・というビジネスモデルはそもそも限界が来ていた気がする。ハード起こすには前より性能上げる必要があって、応じたソフトも必要になって、そこへ要する費用と時間はどんどん増大して行く。一方買う側も毎度買い換えるかというと。
キラーコンテンツ都度マリオ?何回やるの。
 
かかる事態に思うに、
 
上記子供向けなど、「で、なければならない」ところのハードで戦うと共に、
ソフトはオールジャンルで展開するしかあるまい。
 
それでもハードにこだわるなら、他の機能を備えるか、コラボレーションするしかなかろう。ちょくちょく書いてるブルートゥースで繋がった家電制御ステーションなどその例だと考える。配信かオンゲにしてしまえば流通コストもかからんめぇ。
 
据え置きゲームに専用ソフトをというスタイルは昭和50年代の産物。同じスタイルであったオーディオはエンスーが配信とゴリハードに、ライト層が低質定額か粗末なタダかに移行している。
 
今は2013年である。応じた変化があって当然。むしろ、さもないと、知らんよ。

« オレのケツを熱せ2014 | トップページ | 今年の風邪は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂、どうする:

« オレのケツを熱せ2014 | トップページ | 今年の風邪は »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック