リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 日本生命さんへの質問 | トップページ | はびたぶるぞーん »

2014年2月19日 (水)

死んだ後をシミュレーション

昨日ネタの続き。ぐちゃぐちゃ言い訳聞きたくないので「今オレが死んだとして保険金出るのか?どんな手続きすんの?」と説明してもらった。死んだ後のシミュレーションだ。

・死んだことの証明(診断書・死亡届)
・受取人であることの証明(妻なので妻の身分証明)
・契約書内容と死に方を照らし合わせて額を決定
 
だそうな。
 
「で?契約当時には無かった病気と薬があるわけだけど、減額されたりするの?」
「病気にかかりやすくなるリスクを含めての保険ですので、契約当時の内容で審査されます」
 
満額出るかどうかはさじ加減、なのだが、それって死んで残される妻子に理論武装させておく必要性を示唆してないか。そも契約書に書かれた通りのパターンで人間死ぬかって話さ。これ違いますこれ当てはまりません。なのでこれだけになります。言われるがまま?本当に正しい?
 
・・・薬の中には「病気を治すためのもの」と「病気にならないためのもの」がある。そこごっちゃにして一律投薬治療中だからってのは理にかなっていない。また、バブルより上の世代は成果主義導入、下の世代は非正規雇用増加と、どちらも「雇用者側のさじ加減」で地位を変えられる、不安定な状況に置かれている。昨今心療外科大賑わいの下地にはそういう現実がある。で、治療を受けてるからと一律に制限されるのは時代にそぐわない。
 
統計医学?笑わすな。「Aという原因があってBがある」という臨床的事実の集積(データ)に基づき、Aという状態にリスクがあると判断するのが統計学を用いた医学的判断であろうが。オレのは「Aではない」のだ。勝手にBのリスクにくくるな。そういうことされると、死を医学的にきちんと解釈してくれるか、という疑念が拭えない。ただそこほじくろうとしたら逆に自分の死に方無限のパターンに対し定義と解釈が必要になる、という方向へ向かう気はする。多変量解析なのだが、どういう算式で母集団ナニ突っ込んでますか?という質問に行き着くからだ。そこは絶対開示されないので、こっちの条件で式突っ込んでもらって答えを出すの繰り返しをするしか無い。それを全パターン網羅できるわけも無い。なので、死後保険会社が出してくる用語を正しく理解し、正しく使われているか確実に判断し、間違いがあれば指摘できる能力を妻に持ってもらう必要がある。
 
まぁとりあえず死んでもカネは出るようなので、自分に関してはこれで完結とする。ただそんなわけで皆さん、後腐れ無く死ねるように、自分の死後の演習を行い、バックアップ体制は整えて置いた方がいいですよ。

« 日本生命さんへの質問 | トップページ | はびたぶるぞーん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/59164943

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだ後をシミュレーション:

« 日本生命さんへの質問 | トップページ | はびたぶるぞーん »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック