リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« みんなで伊吹山を悪者に | トップページ | 宝永地震を範として【2】 »

2014年3月 8日 (土)

人類の進歩と調和

タイトルは1970年大阪万博のキャッチコピーである。部品メーカと会議をしていて「光伝送系」部品がすっかり古い技術になってしまったとみんなで凹んだ。

で、ふと思ったのである。比して技術は進歩して、人類も進歩したのか?

万博で展示されていた未来技術はまぁ具現化されたであろうというのが2014年昨今である。

P9210440

こいつで

・動画
・静止画
・文字
・音声

全てがリアルタイムで記録・送受信・配信できる。更にあんどろいど端末ならテレビ受信や電子マネー機能も有する。まさに「アンドロイド」である。これらは膨大な情報との接触、そして自らも発信者になることをもたらした。

情報を集積して新たな知見を見い出す行為が創造だが、手のひらの膨大な情報は創造の活性化に寄与しているだろうか。「できないことをできるように」これが原始より現在に至る「創造」の源(必要は発明の母)であったが、「なんでもできる」は別次元の何かを生み出す熱き混沌たりえるのであろうか。

最新情報パクついてダラダラ流し見するのは確かにオモシロイ。でも、オモシロイだけで終わっていないか。

70年代の夢をシュリンクしただけで、「新しい何か」は出て来ていないのではないか。そう、未来へ向けて普遍性のある新たな価値観たりえるものは出て来ていない。

新たな価値を生み出す集合知こそが会議の本質だ(キリッ とか前に書いたが、ならばこれこの状態手のひらサイズ集合知ちゃうんか。

いろんな専門知識がある。そこブチ通して共通の何かを発見する。そこに新たな「知」と「値」がありそれは「智」となす。

とか書いてみる44歳初日パラリンピック開会式見ながら。

« みんなで伊吹山を悪者に | トップページ | 宝永地震を範として【2】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/59242609

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の進歩と調和:

« みんなで伊吹山を悪者に | トップページ | 宝永地震を範として【2】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック