リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 増税・可処分所得と道楽商品 | トップページ | よーしパパエクセルで »

2014年4月 2日 (水)

【臨時】チリ・イキケ沖の地震について

イキケ(Iquique)チリの町の名前。人口18万。

洗面器、タライでも良い。円形の容器に水を張り、中心からずれた位置に指を突っ込んでみてほしい。そこから波紋が広がり、中心を挟んだ対称位置に波紋が収束するはずである。これこそが「チリ沖地震で日本に津波」のメカニズムである。太平洋は地図で見ると2次元化の歪みで気づきにくいが、実際はほぼ円形をしている。

何らか警報・注意報を出すかどうかは午前3時頃までに決まるようだが、過去の例としては

1960年 5月23日  Mw9.5   太平洋沿岸で1mから4m程度(いわゆる「チリ地震津波」)
1985年 3月 4日  Mw7.9   18cm(八丈島)
1995年 7月30日  Mw8.0   29cm(八戸)
2001年 6月24日  Mw8.4   28cm(根室市花咲)
2007年 8月16日  Mw8.0   15cm(根室市花咲、八戸、宮古、石垣島石垣港)
2010年 2月27日  Mw8.8   1.2m(久慈港、須崎港)

(気象庁公式より)

こんな状況。マグニチュードからして2010年を超える規模にならないように思われるが、波がどっち向いて走り出したか、途中の島や太平洋沿岸各地でどう跳ね返るかによるので、予断は禁物。なお、「理科年表」を繰ると、1877年(明治10年)に同じイキケ沖で発生し、釜石で3mなど記録されている。時代ゆえ規模やメカニズムなど不明な点が多いが、Mw9.0程度と見積もられている。他には1730年パルパライソ沖などで被害がでているが、こちらもMは8.7以上と見られる。「ああ、じゃぁ大きな波にはならんな」そうではなく、実際逃げていただき、来たるべきその時の行動をその身に覚え込ませるなどどうぞ活用願いたい。「次」…三陸沖のアウターライズか南海トラフか、南海トラフの津波地震タイプかも知れないが、そう猶予はない。
(この記事は日本時間4月2日23時に投稿している。この時点で津波の有無は明確では無い。23:59。ハワイで20センチを観測)

« 増税・可処分所得と道楽商品 | トップページ | よーしパパエクセルで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【臨時】チリ・イキケ沖の地震について:

« 増税・可処分所得と道楽商品 | トップページ | よーしパパエクセルで »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック