リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« しばれるねぇ | トップページ | 血迷うを生暖かく見守る »

2015年1月29日 (木)

事実は・・・と言いたくなる星スケールの話二題

●スーパーサターン

Supersaturn

(ネタ元はここ。但しタイミングによっては消えているかも)

星の名はJ1407b。ケンタウルス座の方向距離430光年という。大きさは木星の10~40倍。30本以上のリングを持ち、輪の径は土星のそれの200倍にもなるという。だから「スーパーサターン」とか。これはイメージ図。

おお?ってなもんだが、太陽系の惑星ども自体太陽のリングがそれぞれ星の形にまとまったようなもんなので、中間スタイルのこんなのがあるのは当然っちゃ当然。ちなみに太陽系を外から見るとこんな格好をしている。

P3_02

(JAXAより)

斜めの軌道は冥王星。「カイパーベルト」や「オールトの雲」は言わば「惑星になりたかった星たち」が漂っているところ。で、そこから時々太陽に向かって「落っこちて」くるのだが、その中に「汚れた雪だるま」とよく言われるが、塵とガスと氷がぐちゃぐちゃに固まったようなヤツがあって、

Tempel1res_deepimpact_f

太陽に近づくに従いこういう姿になる。

Hb305mcn

そう。彗星。言わば彼らは「太陽のリング」をなすもの。最も、彗星の存在で分かるように「スーパーサターン」氏も、我々の土星もだけど、輪の姿をしていられるのは(天文学的スケールでは)そう、長くはない。構成員(!)が均一等間隔でない以上いつかバラバラ。

(尾っぽなし彗星=核はテンペル第1彗星/nasa

●震源地:氷

「氷震」って知ってる?英語ではcryoseismって言うんだって、土の中の氷結部分に亀裂が生じる際のショックで発生する地震だと。氷河の大規模な滑りでも起こるとか。英語では他にice quake、frost quakeとも。まぁプレート内で岩が動いて地震になるので、氷が動いても地震になるわな。

Tw2

(まとめサイトから)

するってぇとあれだ、Enyaとかケルト系の楽曲で「大地」のイメージとして入ってる重低音や太鼓みたいなドーンはこのイメージか?寒いと吠えて動く大地。すげぇな。ちなみに日本では屈斜路湖の小規模なヤツの研究が知られる。

・・・どこかで慶長地震(1605年)の震源はメタンハイドレートが滑ったんじゃね?って説を見た気が。

« しばれるねぇ | トップページ | 血迷うを生暖かく見守る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事実は・・・と言いたくなる星スケールの話二題:

« しばれるねぇ | トップページ | 血迷うを生暖かく見守る »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック