リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« テレビがこの先生きのこるには | トップページ | オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ2015 »

2015年2月14日 (土)

いずれどちらか動くのだろうが~2月6日徳島県南部の地震について~

Tw1

「そういやおんどれこいつ扱ってないな」

いろいろ理由があって。

・南海地震の前兆か?→1946年を始め、南海地震に「前震」の例は無い
・中央構造線が動く?→この地震だけってことはないだろ

Tw2

メカニズム解が「横ずれ」なので、中央構造線の運動方向とは親和性があるのよ。

一方、南海地震に絡むのであれば、

Tw3

こういったような上下方向の動きが捉えられるはずで。ここらはGPS使ってリアルタイムで追っているので、捉えておればギャーギャー大騒ぎになっているはずで。

「何かの前兆」と結びつけるのは早計であろうと。

中央構造線は7000万年ほど前に成立した、今はもうマントル下に沈んだ「イザナギプレート」の活動に伴って出来た断層で、現行似たような潜り込み運動中のフィリピン海プレートは3000万年前くらいから接触が始まっている。従って中央構造線自体がフィリピン海プレートの運動で動くことはない。ただそこは古傷なのでひずみを受けると動きやすい(活断層)側面はある。深溝と一緒である。あまりこいつを震源と捉えると恐らく真実を見逃す。

Tw4

時々起きてる。なお、1955年震源の近傍では、1789年M7.0(寛政元年の地震)も起きている。

Tw6

Tw5

しょっちゅう起きてて時々デカい。

これひょっとして単純に「グーテンベルク=リヒター則」に乗ってるだけちゃう。

あまりビクビクしないこと。

« テレビがこの先生きのこるには | トップページ | オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ2015 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« テレビがこの先生きのこるには | トップページ | オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ2015 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック