リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 「ひだ」の危機感 | トップページ | キュアロゼッタ、或いはフレッシュプリキュア的なグリーン車のマークとでも言うか »

2015年5月 8日 (金)

【ハイレゾ音源再生】はいれぞの危機感

Tw1

e-onkyoのトップ。

Tw2

moraのトップ。

あのさぁ。

現下確かにハイレゾ主たる購買層はおっさんなわけで、訴求力高いの分かるけどさ。

・クラシック/ジャズ/フュージョン←生楽器でありハイレゾ上等
・レコード時代の名盤・著名作のハイレゾ化←音質保全という意味で意義あり
・アニソン←質がいいとなれば食いつくので商品価値あり

しか、ないんだよね。保守本流、王道たるポップスがない。アイドルなんか逆にハイレゾでガチンコ勝負しに来いっての。「良けりゃ買ってやる」てのがハイレゾクラスタだから。相手にされなきゃまたおいでってもんさ。

で、このことはおっさんたちが旧譜の保全を終えたら購買終了、になるってこと。メディアの変更じゃなくて生データだから、移し替えで保持できるしね。その先考えてますか?

新しい購買層の発掘考えてますか?

ってこと。

・おっさん→流行りのポップスに興味ない
・ポップスの主たるリスナー→ハイレゾ何それ状態

まぁ歌手自身がハイレゾ知らんのだけどね。

Tw3

(画像クリックでDLページ)

こういうことしてるんだけどサ。彼女ふつーに聞けるんだけどさ。「ホテルカリフォルニア」聞いてるおっさんがポチると思う?

メーカーもメーカーでソニーなんかハイレゾのキラーコンテンツがマイケルジャクソン…すなわち「レコード時代の名盤・著名作のハイレゾ化」だぜ?音質で行ったらマイクの直後でデジタル化する最近の手法の方が遥かに良い。なのにMJはねーべよ。そして音出すまでの手続きがややこしいのは書いてる通り。

そう、つまりはハード、ソフト、聞く側全て「既存の延長線上」でしか見てないわけ。一方でクレカ紐付けDL販売だから、コピーで損して

Tw4

こういう組織も不要になるしね。

「簡単に良い音を」

もう少し工夫しないとダメよ。現下ハイレゾの入手ルートはPCかスマホ。で、例えばソネットが光契約者にDAコンバータ配るとか、ブルーレイはDLNA標準装備にして、パソからネット経由で抜き出せるようにするとか、スマホもドック式のコンポかブルートゥースのスピーカーを付属するとかね。

ソフトも握手券商法なんか最悪最たるもの。ちゃんとした歌唱力の歌手を育てて質で勝負しなさいって(握手券ブーストするならハイレゾ購入者全プレくらいやったらどうじゃ)。ちなみにポップスで言うと、ハナエちゃんなんかアニメとタイアップ多いし、ハイレゾにしてもイイと思うんだけどね。どーすかユニバーサルさん。

聞く側もね。前も書いたけどいつまでマイルスデイビスにカラヤンなんだよって話。たった今演奏してる人たちがそれを乗り越えるように応援しないと、いつまでもそこから進まないじゃん。死んだ人褒め称えて、で?って。あ、あと音質ギャーギャー言うなら生聞きに行けよって。生と比較して語るもんだろう音質って。生を聞いて、良ければその人のハイレゾを買ってやる。で、感想を返す。ミニマルPDCA(!!)で演奏も音質も上がって行く。そしてガンガン広げる。本当に良ければ自然に広がるさ。

おっさん一通り行き渡って終わり。ネット時代、ゆんゆんのエレクトロニクスあったればこその折角の高品位フォーマットがそれでいいのけ?

« 「ひだ」の危機感 | トップページ | キュアロゼッタ、或いはフレッシュプリキュア的なグリーン車のマークとでも言うか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ハイレゾ音源再生】はいれぞの危機感:

« 「ひだ」の危機感 | トップページ | キュアロゼッタ、或いはフレッシュプリキュア的なグリーン車のマークとでも言うか »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック