リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ネコマンガ2015 | トップページ | 先進国の貧困 »

2015年11月25日 (水)

手間を惜しんでややこしきをする

名古屋から東京以遠に出張行となる場合、普通なら行程に沿って切符を決めて駅に買いに行く、であろう。往路・復路に乗車券を用意し、あとは必要な指定券類。

だが色々茶々が入る。まず会社はEX-ICカードで法人契約をしているから使えという。これはオンライン決済でポッケナイナイ防止も兼ねている。

Tw1

(法人契約)

最もこれはこれで特急券だけ切り離した「e特急券」という使い方が出来る。「のぞみ」はネットで他は駅で。変なの。なお、e特急券も最終的に紙の切符に起こすので、結局窓口か券売機になる。

「ややこしくて面倒くさい」当然そういう人出て来る。実際、東京まではEX-ICで、そこから先は行き当たりばったり買うという人もある。

自分の場合東日本のネットサービス「えきねっと」に加入しているという事情もある。そう、千葉にいた頃入ったのだが、そのまま解約せず名古屋に来ている。これの場合、やはり会員割引がある。

Tw3

(トクだ値)

ものにより一割とか三割とか。このことは、往復割引(片道601キロ以上)が適用されない範囲であれば、EXとえきねっとを使った方が安くなる上、予約変更もスマホでヒョイヒョイ、とこうなる。

結果自分のプランは次の通り。まずICカードで入構、新幹線をEX-ICで乗車、初日目的地までICカード。そこからICカードで東京へ戻り、クレカでえきねっと予約のチケット引き替えて新幹線でGO。宿泊。翌日はクルマで移動、最終的に新幹線&新幹線。またもやチケットとEXの組み合わせ。

事前に駅へ行くことなく全てを手のひらでコントロールし、後はカードで改札叩くか券売機で呼び出すだけ。

クールでスマート、なのだろうか。「好き放題やるには応じた根回しがいる」それはネット時代の価値観や可能性と違うと思うが。

« ネコマンガ2015 | トップページ | 先進国の貧困 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手間を惜しんでややこしきをする:

« ネコマンガ2015 | トップページ | 先進国の貧困 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック