リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ももひきと耳当てと電子カイロの運用開始 | トップページ | 花に嵐の喩えもあるが »

2015年12月10日 (木)

ヘッドホン沼

Cly6qirvaaajtm

「スタックス」をヘッドホンの範疇に入れていいのかはさておくとして、「の、様に見えるキカイとその親戚」現下こんなラインナップ。

・スタックス
・MDR-EX1000
・MDR-1A
・MDR-NW750

「全部耳に直接音を放り込むキカイとしては一緒なんだろ?なんでそんなにいるの?」

うん、実はそれどころの騒ぎじゃなくて、用途別に彷徨ってハイレゾ対応を図り、現下ここに収まったわけだが、それでもなお「別の音が聞きたい」という衝動が消えない。

スタックスは写真掲げたが、コンセントの電源を要するキカイで、その代わり音楽信号を劣化なく耳に放り込むことが出来る。但し振動板がむき出しなので遮音性は皆無である。

「1A」はその辺補填する要するに「普通のヘッドホン」で、冬場の耳当て代わりと、出張時には外へ持ち出される。EX1000は通勤用の常用イヤホン、NW750はノイズキャンセルで飛行機に乗ると出番。

Cwg4mhiu8aecksk

NW750を常用しないのは音質イマイチだから。出張に1A持ち出すのはEX1000ずっと挿してると耳が痛いのと、「ふくよかな音」が聞きたくなるから。

で、なお、まだ、別のに興味がある。

こういうのを「ヘッドホン沼」という。ハマったら抜け出せない。症状を持つ人は多く、「やっと固まった」と思っても、ネットで音質のウワサを聞くと日和る。

原因色々考えていたが、要は「ヘッドホンで音楽を聞く」というのは「味の濃いおかずを食う」のと一緒なのではないか、という結論に達した。すなわち、大好きでそこに戻ってくるのだが、毎日それだと飽きる、のである。

毎日必ず食う物の代表は米飯だが、味自体は殆ど無い。スピーカーは多く生活雑音と共にあり、ステレオフォニックの原則通りに鳴る。比してヘッドホンが作る音場は閉鎖的で不自然であると共に、「音楽だけを強制的に聞かせる」。

特徴があるからこそ、別の特徴を時折欲する…味の濃いおかずの特徴そのものである。

なれば、おかずのレパートリーを増やすのはまこと理に叶った情動と言って良い←待て

同好の士よ、どっぷりハマって暖まろうずw

Bnvru8yccaa6gby

« ももひきと耳当てと電子カイロの運用開始 | トップページ | 花に嵐の喩えもあるが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホン沼:

« ももひきと耳当てと電子カイロの運用開始 | トップページ | 花に嵐の喩えもあるが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック