リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 理不尽 | トップページ | 直下型は確率的に起こる~阪神淡路大震災に寄せて~ »

2016年1月16日 (土)

花粉症対策2016

大体12月に少し飛んで、最も寒い時期を雌伏し、2月から本格的に飛ばす…というのが基本パターンだが。

今年暖冬だったせいか12月の少し飛ばしがそのまま続いてる。

へっくし!てなわけで投薬開始である。とはいえ40歳越して症状が少し改善し(=免疫の反応が低下し)、最近は以下の布陣。

・サイザル
・セレスタミン
・エリザス
・アイビナール

サイザルは抗H1ブロッカーで、ヒスタミンが細胞のH1受容体に結合するのを防止する。「細胞のH1受容体」というのは星の数ほどあるのでシーズン前から飲み始めて順次塞いで行く、そういう使い方をする。

セレスタミンは副腎皮質ホルモン剤で、抗アレルギー作用は最も強い。なので常用薬ではなく、本当に症状が酷い場合のみ頓服的に服用すべき、という医者もいる。ちなみにこいつの最も大きな副作用は「眠気」で、かかりつけは「寝る時苦しいの困るでしょう」という理由で処方。ちなみに使うかどうかはオレの裁量に任されている。

エリザスは噴霧吸引薬。鼻にプシュッとやる。対症療法用ステロイド剤。

アイビナールは目薬。ヒスタミンが放出されるのを防止する。これも対症療法用。

まぁ見ての通り副腎皮質ホルモンにステロイド、このほかに入眠剤も使っているわけで、もう薬廃人である。ただ、これで効いてるだけまだマシ。本当に酷い人は密閉空間から出られない状況に陥る。

根本的な治療法は…毎年話題になり探す。減感作療法あるにはあるが、3年間毎日注射なら、この時期の薬廃人の方がマシ。

そういや舌下滴下方式どうなった。

Tw11

3~5年とはまた豪快な個人差で。ちなみにスギ花粉ピンポイントで、ダニやアトピーは眼中にない。お値段は2週間分700円くらいらしい。ただ、医師の診断と処方をその都度受けなければならない。3~5年。

根治は根気。あ、もう少し知りたい方や相談先を知りたい方はこちらへ。オレは春先薬廃人でバランス取れてるからやらんよ。

« 理不尽 | トップページ | 直下型は確率的に起こる~阪神淡路大震災に寄せて~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症対策2016:

« 理不尽 | トップページ | 直下型は確率的に起こる~阪神淡路大震災に寄せて~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック