リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 密集地の火事 | トップページ | 名古屋走り×女歩き »

2016年4月13日 (水)

はじめてのC

…カテゴリ「旅行」が正確なのかどうかはさておき。

Tw2

「光速の20%」すなわち「0.2C」まで加速するそうな。一般に衛星を多機能にし、遠くへ飛ばそうとすると、衛星もデカく、ロケットも大きくなる。現在までに人類が飛ばした最高速の物体は先に冥王星を探査した「ニューホライズンズ」で、対太陽速度37.5km/sに達した。以後、太陽引力による減速を受けたが、それでも23km/sを保持している。ただ、光速は300000km/sであって、4.3光年先のケンタウルス座αまで飛ぶには56000年かかる。

対してこの計画はどういうものかというと。

Tw3

・超小型(数g)を機能別に多数用意
・推進装置はソーラーセール(光圧推進)

実はこれ画期的でも何でもない。「電子回路が小型化すれば、観測器を小型軽量に出来る」というアイディアは大昔からあり、「ドラえもん」にも出て来るくらい。ちなみに「ニューホライズンズ」の質量は450kg程で、こいつを光速の0.008%の加速するのに、米国最強のロケットを必要とした。

一方、ソーラーセールは1930年代には提唱されていて、

Mori_title

日本が衛星推進装置として実用化し、もう飛んでるw

後は大出力のレーザ光源だけ。まぁなんとかなるでしょ。

「宇宙戦艦ヤマト」の巡航速度が光速の99%(0.99C)
スターウォーズに出て来るハン・ソロの船「ミレニアム・ファルコン」が光速の1.5倍(1.5C。本当に出せたら時間が逆行する)

比して数グラムではあるが「0.2C」。60000km/s。

人類ははじめて、略号Cで表記出来る物体を生み出せるのか。

空想だった出来事を、技術的に真剣に検討出来る時代が来た。

« 密集地の火事 | トップページ | 名古屋走り×女歩き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのC:

« 密集地の火事 | トップページ | 名古屋走り×女歩き »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック