リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« そうぞうのあうふへーべん | トップページ | 沖縄トラフという「未知」 »

2016年5月11日 (水)

妥当で適正な寿命

乱暴にくくると「自動車まで」の消費財は10年持てば多くの人が納得するのではないか。もちろん、「十年一昔」の言葉の通り、そこまで使うと陳腐化して野暮ったくなっている、というのもある。

Cik3i9fu4aajrjn

真逆の代表例がこの人、アップル純正のケーブルである。1年2ヶ月という実に微妙なタイミングで裂け目を発した。その時点で悪名は既に広がっていて、後釜は迷わずサードパーティ製を選んだ。そして今日、

Cik4yl1uuaapoqx

後釜が裂けた。長持ちしたように思ったがそれでも2年である。似たような存在にウォークマンのケーブルあるが、これは1度も「買い換え」はしていない。2010年のヒモが現役である。

スマホ本体は大体2~3年である。但し壊れるのは大体以下の連中

・電池
・物理ボタン
・画面ガラス
・バックライト

「iPhone5」が2年半で電池ふくれて「6」にしたが、電池を替えて単なるミニタブレットとして現役である。但し、電源ボタン(画面ロックボタン)は死んでいる。

液晶と電子回路は健在。

会社で「耐久性どうでもいいからとにかく安く作ったら幾らになるか?」という試みがあった。シンプルな回路で、安い部品を自動機で貼り付ける。

「で?寿命どのくらい?」
「10年は持つかと」
「過剰だろう。そこ削れよ」

仰せご尤も。なのだが、「プリント基板に部品を貼り付けて」回路を作る、という構成を取った時点で、そこは10年分の耐久性を持ってしまうのだ。「部品」自体は電気を流す部分と、そこへアクセスする接続部材とで構成されるが、小さくて密封されているので機械的ストレスは掛かりにくく、腐食性ガスにも触れにくい。しかも電気を流す部分の殆どはシリコン…すなわち「石」と来ている。

逆に言うと「寿命」を持つ部品は

・電解コンデンサ(化学反応で動くが、その物質が徐々に揮発する)
・光素子(自分の光で化学反応)
・摩擦摺動部を持つもの(少しずつ削れて行く)

となる。スマホは電池以外は何年も持つと書いたが、同じ事で、電子回路で製品を構成した以上、それだけでそれなりの耐久性を備えてしまうのである。

「はんだ塗布量をケチるとか」
「そこ狙って実装する方が難しくて高く付きます」
「電解コンデンサ安物にするとか」
「すると火を噴くレベルになっちゃうんですよ。危険回避、としただけで、性能自体は充分モノになります」

そして逆に、樹脂と金属編み物の構造部材であり、抜き差しや丸めて伸ばすなど「摩擦摺動」の環境で使うケーブルは、安物で作るとそれなりの耐久性しか備えていないのである。

まっとうに作ると充分すぎる代物になり、或いは逆に「安かろう悪かろう」になったり。性能と耐久性のバランスを「狙って」整えるのは難しいのである。

« そうぞうのあうふへーべん | トップページ | 沖縄トラフという「未知」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/63614417

この記事へのトラックバック一覧です: 妥当で適正な寿命:

« そうぞうのあうふへーべん | トップページ | 沖縄トラフという「未知」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック