リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国 | トップページ | ビフォーアフタープチ »

2016年6月25日 (土)

トミックスモータの短絡故障について2

ざっくりした理屈を含む「1」はこっち

メーカとやりとりしてサンプルとして戻すことにしたのでその前にデータ取り。ウチの線路や車両たちが一般性を有しているかの確認。

Photo

測定系の回路図こう。電流検出方法の関係でアナログで大電流を出せる方が良いので「システムパワーユニット」を送り出しとし、1Ωのセメント抵抗を噛ましてテスターで電位差を検出。1Ωなので表示される電圧値が列車の消費電流値。線路電圧は線路から別途電線を引き出してダイオードブリッジを噛まして電圧計(可動鉄片型)。線路の生電圧なので抵抗による電圧降下を計算しなくて良い。その代わりダイオードブリッジの電圧降下入るが、まぁ、無視。

Clzs5xvvyaejz_o_2

機関車。ショート故障のEH800は症状が悪化してまともに取れなかった。ちなみに5V与えると1.2A食う。明らかにおかしい。他はこの通りでおしなべてトミックスは消費電流が小さく、KATOはギア比が高い。

Clztdvgugaesoul

電車。トミックスは485系12連で、1ユニットを旧モータとFW付きと交換して確認。機関車と同じ傾向。485系同士で比べた場合、同じ速度でFW付きの方が電流が小さく(=負荷トルクが低い)、従って決してFW付きに過大な負荷をかけているわけではない。

大論文つけて発送予定。しかしこれオイラ理論の通りだとしたら、対策どうするんじゃろねぇ。

« グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国 | トップページ | ビフォーアフタープチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190535/63829724

この記事へのトラックバック一覧です: トミックスモータの短絡故障について2:

« グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国 | トップページ | ビフォーアフタープチ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック