リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 最速の裏シンデレラ | トップページ | 若者にはカネがない。そしておっさんには »

2016年7月 5日 (火)

夜明けに熱中症になった話

起きて頭がガンガン痛い。

どころか身体が熱く、だるい。汗びっしょり。

熱 中 症 である。

「すいません午前休暇で」
「了解」

家の中ギャン冷えにして水がぶ飲みしてようやく復旧する。炎天下でなく寝ておってナンでそうなったか。エアコンはつけていた。27℃。なれば水分不足であるが、「寝る前のいっぱい」(酒ではない)はいつもやっている。それでコレまでナンの問題も無かった。

では何が起こったのか。

Tw1

これはここ30日の名古屋の最高/最低気温の変化である。7月に入ってガン上がっていることが読み取れる。しかし、身体はこの「ガン上げ」に対応(暑熱順化)できなかった。これが答え。では何故今年だけ?簡単だ。オレが劣化したのだ。要は「歳」である。

「いやいや暑けりゃ喉が渇くだろう」
「水分を欲しいと思わない。だから問題ないのだ」

熱中症問題でよくこの手の若い意見、じじいの小理屈。見かける。だが「そのあるべき反応が出てこない」これこそが年齢に起因する機能劣化である。アナタがアラフィフの良い歳で、この記事を読めてる、ということであれば、気象情報のネットアクセス容易だろう。身体の反応を待つのではなく、予想に合わせてあらかじめ仕込むを忘れずに。それこそ「予防」である。

ナニ?今日暑くなかったって?

20160705140000

関東以北は25℃にすら届いてないもんね。こういう場合は出張で動く人、在京ビジネスパーソン(またコレ使うとは思わなかっただろwオレもだw)、ご注意。カラダ先回りしていたわってやんなし。身体は正直じゃないぞ。

« 最速の裏シンデレラ | トップページ | 若者にはカネがない。そしておっさんには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けに熱中症になった話:

« 最速の裏シンデレラ | トップページ | 若者にはカネがない。そしておっさんには »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック