リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(1) | トップページ | 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(3) »

2016年9月30日 (金)

【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(2)

●ホモサピエンスの文化史

まず我々現生人類、ホモサピエンスの歩みを概観してみよう。ホモサピエンス最古の化石は20万年ほど前のようだ。アフリカに生き、ネアンデルタール人と共生し、一部混血し、その後アフリカを出て地球全体に広がった。途中「トバ・カタストロフ」など、自然災害まで1万人/全地球レベルまで減少するものの、最終氷河期が1万年前に終わると、急激な人口増加と「文明」の獲得に至った。

それは多く「農耕・牧畜」の発見着手を端緒と定義される。植物繁茂や降水期の周期性発見と、周期到来の予知(天文現象や動物の活動)により、能動的に動植物の育成に参加するようになった。また、これらを可能にする「道具」の所持と、道具の加工に欠かせない「火」のコントロール獲得を外すことはできない。実は「栽培」はアリでも行い、道具は他の霊長類や鳥でも扱うものがある。ただ「火」だけは未だに人類だけしか扱った形跡がない。「火」の痕跡は確かなものでは原人類が70万年頃アフリカで、というものがある。

戻って、ホモサピエンスが「自然任せ」のサイクルに能動的に関わろうとした理由は何だろう。尋ねた人の数だけ意見があろうが、ここは素直かつ単純に「より多く、より安定的に」食い物を入手したかったから、としておきたい。化石が語るに人類はその長い時代の殆どを飢餓と共に生き、短い生涯の間で次世代に繁栄を託して命をつないできた。「今日の食い物今日取りに行く」からの決別は切実な課題だった。氷河期終わって四季のサイクルが安定した、これは絶妙なタイミングだったと言えるであろう。

そして安定して食えるサイクルを獲得した人類は、他の生きる上での困難を克服すべく、石や金属といった「固い無機物」を加工して利用することを覚えて行く。農機具、住居、そして、武器。人類は鉱物や金属器を道具に加工し、自然の生業に左右される暮らしから次第次第に脱却して行く。現代社会に直接つながるのはこれと書いて良いだろう。

« 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(1) | トップページ | 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(2):

« 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(1) | トップページ | 【オカルト】地球生命の文明は我々だけか(3) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック